はましゅふにっき

横浜女が滋賀で主婦する日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

【スポンサーリンク】

スコ個展にお邪魔しました

10/19(土)、スコ個展にお邪魔しました。

 

前回、スコ個展にたどり着くまでを書きました。

今回ついに本編です。

 

いつもながら筆が遅くて、宣伝にはならずごめんなさい。

(※スコ個展は10/20に最終日を迎えられました。)

 

すでに続々とレポートが

 

さすが普段からブログを書いている人間の集まりだけあって、

すでにこの日の出来事は、居合わせたみなさまが続々とレポートを書いておられます。

 

・個展主であるスコちゃん

www.mayuchandesu.com

 

・「ぐわぐわタイム」としてコラボしたまけもけさん

www.gw2.biz

 

・しいたけさんこと、wattoさん

www.watto.nagoya

 

・ドスパラのプチプラ♡、keroyonさん

www.zaihamizunogotoshi.com

 

スコちゃんの記事では、

わたしが包装紙にがりがりお手紙を書いた例のお菓子

(文字にするとなんかもうアウト)

の写真も載せてくださってます。恐縮です。

 

というわけで、レポートとしては新鮮味が薄れつつありますが、

自分の感情の記録として。

 

ついにスコ個展へ足を踏み入れる

 

紆余曲折の貢ぎ物準備や、おさまらない尿意を経て、

(詳しくは前回の記事で)

ついにスコ個展会場を見つけたおおた。

 

 

着いた時間は、告知されていた「ぐわぐわタイム」の14時 on time!

 

中にいらしたのは三人。

スコちゃんがどなたかはすぐに分かりました。

だってだって、赤いベレー帽をしてたから!!(感激)

 

(漫画家スコ シリーズでは、赤いベレー帽をかぶったスコちゃんが登場するのにゃ。)

www.mayuchandesu.com

 

ファンサービス!?イメージ戦略!?

特別な日のおしゃれ!?それとも素!?

 

とにもかくにも、あまりの感激にさっそく

おおたです!前足をにぎにぎしに来ました!

とファンらしく突撃。

 

「ほんとに赤いベレー帽なんですね!」という

あほみたいな感想も口に出してしまいました。

かわよい。非常によい。

 

それにしても、わたしの知っているマスコット「スコちゃん」が、

「にんげんのじょせい」として目の前にいるという不思議な状況。

 

オフ会とかしたことないから、なるほど、

みなさんこういう感じを愉しんでおられるのかしら、と。

  

そんなこんな考えながら、貢ぎ物を献上し、

まけもけさんとkeroyonさんにもご挨拶。

 

wattoさんもご到着され、みんなで座を囲みました。

 

「ぐわぐわタイム」ということで、

スコちゃんとまけもけさんが目の前で次々と絵を描いてくれるのですが

早い早い。すごいすごい。

お二方とも、キャラクターとして単純な絵柄であるのは分かっていたつもりですが、

こんなにさらさら描けるんだなぁと。

その場ではあえて申し上げなかったのですが、

スコちゃんの描き順を知ってたいへん驚いていました。そうだったのか…!

描ける人の制作過程を見るの、大好きです。

おしゃべりしながらも、しっかり拝見させていただきました。

 

おおたも、お土産にミニ色紙を頂戴しましたよ。

しかも、(訪問予定をお伝えしていたので、)

到着時にはすっかりしっかり完成品をご用意くださっていたという至れり尽くせりぶり。

リクエストもないのに、おおたがアイコンに使っている猫ちゃんを、

ちゃぁんと描き入れてくださっていたのが嬉しくて。

サプラ~イズ!

ちゃんと画像を見ながら描いてくださったんだろうなぁという描き込みぶりです!!(大感動)

 

色紙にほこほこしながら、

みなさまとおしゃべりに興じ、いろいろ衝撃の事実をおうかがいした後、

展示もじっくり拝見しました。

 

おおたの大好きな「泡のスコちゃん」「自分を嫌いになる方法」も展示されていましたよ。

 

付き添いの旦那くんにも、

泡のスコちゃんだ!これ好きなの…

 

スコちゃんはね、たまにこういう良いことを言うのよ…

www.mayuchandesu.com

 

やらと解説をしてあげました。

 

シリーズものでタイトルの後ろに「1」「2」と番号のつく漫画があったのですが

展示順が1,2,3,4...のように素直には並んでおらず

なんと自由…何物にも縛られない、さすがスコちゃん…!

と感動しました。

 

原画もたいへん面白かったです。

スコ漫画は、真っ白な紙に自由に描かれたものがもとになっていて

4コマ漫画の枠の中に描かれたものではないのです。

まさに「枠にはまらない」、スコちゃんの生き方そのものなのですねえ。

アナログの筆と、デジタルの編集技術の融合で出来ているのです。

 

(なんと、スコちゃんのyoutubeちゃんねるもあるのにゃ!)

www.youtube.com

 

面白かったです…たいへん、面白かったです…。

 

イカ?とスコマーメイドのお写真、おおたはたいへん魅せられました。

画面で見るより、写真として額に飾られていると、また雰囲気が。

(展示の様子の写真は、是非スコちゃんのブログで。)

 

(元はこの記事の中のお写真。)

www.mayuchandesu.com

 

スコちゃんを真似して、わたしも写真を載せるタイプの記事には

アイコンの猫ちゃんを描き入れたりしてみようかな~と思ったりもしたのですが

今のところ、思っただけです。(ずぼら)

 

数えきれないスコちゃん(絵)に囲まれて、

スコちゃん(実物)のやさしさに包まれて、

夢のような時間を過ごすことができました。

 

インドア壁打ちマンだけど、お出かけしてよかった。

お相手してくださったみなさま、ありがとうございました。

 

ハルカス展望台へ

 

お譲りいただいたチケットがあったので、

再び天王寺駅に戻り、あべのハルカス展望台へ。

 

ちょうどインベーダーゲームの企画中で、ゲームで遊んだり、

あのへんがスコ個展だねぇ~などと窓の外を見たり盛り上がりました。

 

景色を楽しみながら、レモンスカッシュと、

スコちゃんお手製クッキーで休憩。

 

食べるのもったいないねぇ…

などと言っていたのですが、

でも、手作り無添加だから!早くいただかないとね!

と大義名分をふりかざし実食。(忍耐力のない女)

 

これがめちゃめちゃ美味しくてですね!!

旦那くんとわたしの分で一枚ずつ、と控えめにいただいてきたのですが

こっそり5、6枚持って帰っちゃえばよかった!!と大後悔。

美味しい…スコちゃんの手作りクッキー美味しい…。

ステラおばさんの後継者はスコちゃんにすべきでは…?

 

五感のすべてで愉しんだスコ個展でありました。

 

 

ではね |ω°)ノ