横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

渋谷にプラネタリウム(大人600円)があるの知ってますか

f:id:ohtanoblog:20190114213056p:plain

お正月休みのある日、旦那くんと渋谷でおデェトをしてきました。

それぞれの実家から渋谷に集合し、夜には共通の友人たちと飲み会の予定だったのですが…

まだちょっと時間がある。

お茶をするにもどこも混んでいるし、さてどうするかというときに、思い出したのです。

渋谷にプラネタリウムがあることを…!

 

コスモプラネタリウム渋谷

 

ということで、渋谷にプラネタリウムがあるのです。

あんまり知られていないところがよいのですが、

あんまり知られていないのももったいないのでご紹介。

 

公式サイトはこちら↓です。

コスモプラネタリウム渋谷 « 渋谷区文化総合センター大和田

 

ツイッターもあります。

twitter.com

 

公式さんをご紹介したので、

もはやこの記事の役目はここで終わりと言っても過言ではないです。

が、もうちょっと書きますので、以下お暇ならお付き合いください。

(すべて2019年1月時点のおはなしです。)

 

渋谷区文化総合センター大和田」という建物の一部なので、

区の建物?なんか古くて地味そう~!と思うかもしれませんが

そんなことはありません。

 

いや、地味ではあるかもしれません。

ビルの入り口にアミューズメント感はありません。

でも建物は新しげで、トイレも超綺麗です!

(おおたにとって、トイレの綺麗度は非常に重要)

1Fにはレストランがあり、お食事やお茶にも便利です。

 

と言っても、そんなの見かけたことないな~と思うでしょう。

おおたも調べるまで知りませんでした。

渋谷と言っても、ハチ公とか、公園通りとか、道玄坂とか宮益坂とか、そういうちゃらちゃらした方面にはないのです。

おおたと旦那くんにとってはウィンザー(大学生のとき行ったお店)のある方、なのですが、

それを共通言語としない人に説明するとすれば、

東急プラザ(建て替え中だけど)側、246側です。

 

旦那くんとは当初モヤイを待ち合わせ場所に設定しましたが、

横が喫煙所になっていてとても息ができなかったので、

急遽モヤイ横のロクシタンの中で待ち合わせにしました。いいにおい。

 

迷わなければ、駅から徒歩10分以内で着くはずです。

近づけばビルの合間から、てっぺんが半球状になっている建物がチラリズムしますので、それを目指して歩きましょう。

入り口にプラネタリウム感はまったくなく、あくまでたまたま上のフロアがプラネタリウムなだけ、という体なので

「渋谷区文化総合センター」という看板をスルーしないように注意です。

 

さて最上階に行くと、ようやくアミューズメント感が!

ところどころ手作り感のある可愛い装飾が好きです。

時期ごとに特別イベントも。

 

その日の投影スケジュール。(平日は午後からのみ営業。)

 

入れ替えを含めて、だいたい一時間ごとにスケジュールされてます。

実際のプログラムは40分間だそうで。

 

おおたが行った回は、伝説のプラネタリアン・村松さんが解説してくれました。

優しくて上品な声のおじさまだった…さすが伝説のプラネタリアン…!

 

そしてタイトルにも書いた通り、料金は大人600円。

安くないですか…!?

プラネタリウムの相場観を存じ上げないまま言っているのであれですが、

渋谷でプラネタリウム40分間、生解説付きで、大人ひとり600円…!!

(小中学生は300円、小学生未満の子が大人のお膝の上で鑑賞するなら無料です。)

 

今どきっぽいカップルソファシートとか、そういう付加価値はないけど、

プラネタリウムのプログラムにはたいへん満足できるので

コスパ最強だと思います。

おおたも「お正月から、なんだか文化的なデートをしたなあ!」って浸れたし。

 

そしてコスモを感じました。

渋谷の星空から始まって、世界のいろんなところから見える星空を眺め、

最後は地球からどんどん遠ざかっていく演出だったんですけど、

(もちろんプログラムによりけりです。)

宇宙空間で地球からどんどん離れていくあの感じ、

ああ…もう…死ぬ…(船外に投げ出された宇宙飛行士の気分)って感じでした。

 

コスモ…偉大なる宇宙…

無数の星の中のひとつにすぎない地球…

無数の生命…ちっぽけな人間たち、その傲り…

宇宙とはいったい…わたしとはいったい…?

 

という気分に、40分600円払えば浸れます。渋谷で。

 

ちなみに、座席は120席。

イスは人の重みで背もたれを倒す仕組みです。

隣が空席だと「自分は寝てるのに隣の座席は通常の角度のまま」になってしまうので、

ちょっとだけ見づらかった。

全体に支障はないけど、ちょーっとだけ視界に入って、気になると言えば気になる。

満席なら関係ないですけどね。

 

座席は全席自由で、予約はできません。

(今度の2/14と3/14だけ、限定発売のカップルシートを予約できるイベントがあるらしい。いいなあ。)

 

券売機で時間指定のチケットを買ったら、あとは並んだ先着順で好きな座席を確保。

前の時間の上映が始まったら、入り口に並べるようになります。

 

どこの座席が見やすくてねらい目!みたいな情報は分かりません。

プラネタリウム初心者なもんで…。

 

予約できないということで余裕を持って訪れることになると思いますが、

フロアには先ほどの黒板のような可愛い装飾やイベント情報、

星空関係の展示品がちょこっとあるので、多少の暇つぶしはできます。

 

おおたも、地球になって記念撮影をし、時間まで暇を潰しました。

(豆情報:おおたはおひつじ座)

ほかに火星や土星のパネルもありましたが、この展示がいつまであるかは知りませんので、

惑星になりたいみなさんはお急ぎください。

 

 

 

ではね |ω°)ノ