はましゅふにっき

横浜女が滋賀で主婦する日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

【スポンサーリンク】

北海道旅行◇札幌市内「ワイルドムスタングス」でお馬に乗ったよ!

いぇええええーい!!

北海道で、お馬に乗ったよーーーー!(大興奮)

 

「ねこちゃんとお馬は、神が創りし最も美しい生きもの」というのが、弊ブログの合言葉です。

 

※2019年8月に訪れた情報です!

 

旅行ついでにお馬に乗った話は、出雲旅行記でも書きました。

 

全国の自然を売りとする観光地には、「外乗」とか「トレッキング」と呼ばれるような、

お馬に乗ってお散歩できるレジャーがよくあるのです。

 

今回は北海道編!

他の旅程とも調整しやすい、札幌市内というのがイイネ!

 

(この旅行中の他記事は「北海道」タグから見られるよ。)

 

 

WILDMUSTANG'S(ワイルドムスタングス)

 

今回お世話になったのは、札幌市南区にあるワイルドムスタングス

 

(公式さんはこちら)

wildmustangs.jp

 

ウエスタンスタイルの乗馬クラブ。

総合的な観光牧場ではなく、シンプルに馬(に乗る人)の為の施設です。

(馬場の横に一頭ヤギはいたけど。あ、あと猫も歩いてた。)

 

 

果樹園と同じ駐車場だったから、季節によっては両方楽しめるのかも。

(果樹園の看板の方が大きくて、ほんとにここに停めていいの?って感じだったけど心配無用でした。駐車無料!)

 

わたしたちは同じく札幌市内の郊外から、車(祖父所有)で行きました。

やはり自由度が高いので車がおすすめではありますが、

公共交通機関だけでも札幌中心部からのアクセスは良いと思います。

 

最寄りのバス停から、(繁忙期をのぞいて)送迎もしてくれるらしいです。

詳しくは公式さんを確認してね。

 

位置関係はこんな感じ。 

 

メニューは引き馬から、おおたの目的とした「ある程度自分で操作しお散歩をさせてくれる」コースまで。

夏季限定でカヌーとセットのコースもありました。

 

レジャー予約の総合サイトに載っているのも見つけましたが、

選べるメニューは公式サイトの方が多いので、おおたは公式さんがおすすめです。

 

おおたと旦那くんは、公式サイトだけに載っていたスペシャルメニュー、

「乗馬80分+提携ホテルのランチビュッフェ&温泉」プランにしました!

 

お値段、一人14,800円。

 

いや、安くない。夫婦合わせて、安くはない出費ですよ。

でも、乗馬の相場はこんなもんかなと思いますし、

提携ホテル(定山渓温泉ホテルミリオーネ。車で10分くらい。)の日帰り温泉価格も個別で調べたうえ、

十分お得なセットだと判断しました。

 

旅先でお馬と過ごす時間、プライスレス!!

 

WILD RIDE(ワイルドライド)80分

 

続いて、ワイルドライド80分の流れ&感想を記します。

(決してわたしが杉ちゃんにインスパイアされたわけではなく…公式サイトにワイルドライドって書いてあるんだもん…)

 

まずは受付…なのですが、体験時間よりだいぶ前に着いてしまった我々、

ちょうどスタッフさんたちは前の時間の体験者さん(小学生ファミリー)の対応中。

 

そのへんに繋がれていた休憩中のお馬さんとフライング記念撮影したり、

飾られた芸能人の写真とサインを見たりして、のんびり待っておりました。

一番感動したのは、若かりしタッキーの写真があったこと。美少年。

 

 

さて、ようやく時間になりまして、クラブハウスで受付とお支払い(現金のみです!)。

 

(『身体を使うレジャー、しかも動物相手だからさ、こちらもできる限りやるけど、そのへんよろしくね~』という内容の書面にサインも要。)

 

受付が済んだら、お好みのウエスタンっぽいお帽子やブーツ、なんの変哲もない乗馬用グローブを借りて、馬場へ。

(レンタルに関して別料金はかかりませんでした。)

 

動きやすい靴を履いてきてください、という事前の指示に従っていたので、

まあブーツは借りなくていいかな?と思ったのですが、

「いいんですか?雰囲気出ますよ!」と勧められたので履きました。

 

乗馬用メットじゃなくてただの帽子なのには驚いた。

これも「ウエスタン」だからなのか?

 

(乗馬には「ブリティッシュ」と「ウエスタン」2つのスタイルがある。

おおたがこれまで馴染んでいたのは「ブリティッシュ」。)

 

あ、クラブハウスのトイレは綺麗です!いえーい!

 

 

さぁ、カタチから入って気合十分、トイレもちゃんと済ませたら、いよいよ乗馬です。

 

たまたま同じ開始時間、同じ所要時間の方がもう1組いらっしゃって、

総勢4人のグループライドとなりました。

 

それぞれスタッフさんが見立ててくれたお馬にライド。

 

おおたのこの日の相棒は、「さくらちゃん」になりました!

きゃー!さくらちゃーん!可愛いーーーー!

 

 

道産子(とハフリンガーだったかな?)の血が流れていると聞いてテンションあがりました。

なるほど、道理で小柄なのねー!

(※道産子・・・北海道和種とも呼ばれる、日本在来馬のひとつ。)

可愛い可愛い、さくらちゃんって名前も可愛い~!

とっても乗りやすくって、よい子でした♡

 

旦那くんの相棒はシンディ。

可愛い!格好いい!こういう毛色大好き!眠そう!!

 

 

さくらちゃんよりは体大きめ。シンディの種類は忘れちゃった。

ただ、さくらちゃんしかりシンディしかり、「いかにもサラブレッドォ!!」という感じの子はいなかった気がする。

大山乗馬センターでは「競走馬を引退して乗馬にきたんだよ~」と紹介をされたお馬がいたけど、

ここの子たちはそういうルートじゃないのかもしれない。(聞いたわけではないのでただの推測。)

 

そして馬場へ出る前に、雰囲気を出すため、今日限りのイングリッシュネームを考えます。

これもウエスタンスタイルだから…!?(たぶん違う)

「なんて呼ばれたいですか~?」と突然聞かれるので、もし行かれる方がいたら事前に考えていくのがよいでしょう。

 

旦那くんは、スタッフのお姉さんの「この間は、ジョンとポールもいましたね~」という例を受け、

 

じゃあ、ジョンで。

 

って言ってました。なんだよ、「じゃあ」って!!

(おおたは「エイミー」にしてもらいました。ご一緒したご夫婦は「ポール」と「キャサリン」に。)

 

さあ、呼び名が決まったところで、まず馬場へ。

こちらで手綱の持ち方、姿勢から、基本操作を練習します。

 

馬場では、先頭で馬に乗りながらお手本を見せてくれるスタッフさん一人と、

馬には乗らずサブで見てくれるスタッフさん1~2人がついてくれてました。

 

先ほどちらりと書いた通り、おおたが以前習っていたのは「ブリティッシュ」様式。

こちらの「ウエスタン」は一体何が違うのかしら…?と予約時はどきどきしてたのですが、

片方をちょっと齧った程度の人間が、これまたちょっとの時間もう片方を体験させていただく分には、な~んの問題もありませんでした。

基本は全部同じのようです。

 

短い体験の中で、唯一違うなあと思ったのは、馬が小走りしてるときに人間が立ったり座ったりする「軽速歩(けいはやあし)」を

「ポスティング」と呼んでいたことぐらいかな…?

おおたの通っていた乗馬クラブでは言わなかったなあ。

 

ということで、馬場の練習は「ポスティング」までです。

「姿勢がいいですね!」等言われつつ内緒にしていたけど、

このへんまでくるとおおた、いや、わたくしエイミーが、乗馬経験者であることはさすがに隠しようがなくなる。

お姉さんからズバリ、「エイミーは、乗馬習ってました?」と聞かれたので観念してハイと答えた。

(ちゃんとやっていたのはもう何年も前なのに、体が覚えていたことに自分では感動。)

 

お馬がガッサガッサ動いている上で立ったり座ったりするのですから、それなりに難しいんですよ。

(お尻がぼよんぼよん跳ねる衝撃が減るので、出来た方が馬も人も楽。)

 

旦那くん、あ、ジョンは出来てなかったけど、

「力が抜けてていいですよ~。難しかったら座ったままでいいので、そんな感じで馬に身を任せてあげてくださいね~!上手です~!」と脱力具合を褒められていました。

 

愉しいね…♡(自分の趣味に夫を付き合わせている妻の感想)

 

さあ、ポスティングまで練習したら、ついに馬場を飛び出します!

 

一番前と一番後ろに、スタッフさんが一人ずつ付いて出発!

(スタッフさんたちもお馬に乗って、6頭一列で行進!)

 

八剣山のふもと、近所のワイナリーのぶどう畑脇をお散歩します。

(あれがワイナリーさんでーす!と指させるほどの位置に建物も。お好きな方はハシゴしてみてね。)

 

わたしたちの体験日は、これまでの写真の通り曇り~ちょい雨だったのですが、

スタッフさんが「暑いと馬たちもしんどいけど、今日は元気ですよー!」と言ってくれました。

先ほどの写真で着ていた上着は、ただのウエスタンコスプレではなく、レインコートとして貸してくれたものです。

「皮は雨を通しませんから!」と着せてくれました。(確かに防水性ばっちり!)

 

お散歩から帰ったら、体験は終了。

80分コースにしたこともあって、馬場での練習も外のお散歩も、たっぷりで大満足♡!

 

ライド後、ご褒美のにんじんタイムで名残をおしむ。

 

(にんじんタイムに乗じて、お馬のお鼻のふよふよした部分を触っているところ。

知っていますか、お馬のお鼻は、ふよふよしていて気持ちよいのです!好き!

 

帰りの駐車場では、ご一緒したご夫婦と車から手を振りあってお別れしました。

なごやか。お馬は平和をもたらした。

 

お馬はとっても愉しいよ

 

旅行の写真を見せた友人には「え!?前で引いてくれる人いないの!?自分で乗るの!?」と驚かれましたが、

イケるよ!大丈夫!!

というか、いい大人が引き馬で満足できるわけないだろう!?

 

一部については「けっこう難しいんやで!ま、わたしは過去練習したから出来るけどな!」等書いてますが、

基本的な動作は初心者でもちゃんと出来ます。

実際、おおたの選んだプランも小学生以上なら初心者おっけーって書いてありますし。

 

(これ言っちゃうと醍醐味も半減ですが)お馬たちは慣れているしとっても賢いので、

空気を読んで前の馬について行ってくれるしね…!

 

でもでも、それでも、「あ、ちゃんとわたしの合図もきいてくれたな」ってときがあったり、

「お、お耳がこっち向いてるぞ、聞こうとしてくれてるな」って分かったり、

一緒にえっほえっほと風を切って進むと愉しいのです。

 

(えっほえっほと表現した通り、乗ってるだけなように見えて、乗馬はけっこう体力を使う。いい運動!

 

みなさまも是非、お馬に乗る機会をつくってみてください。

ワイルドムスタングスさん、よいところでしたよ…!

 

おおたも、また習えたらいいのにねえ。

本当はね、軽速歩(小走り)の次の、「駆け足」まで習得できたら格好いいんですよ…。

パカパカ…じゃなくて、パカラッパカラッ…だね。

 

ああ~~~お馬は格好いいねえ~~~!

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

(セットのホテルランチビュッフェと温泉については、また別記事で書けたらいいな)