はましゅふにっき

横浜女が滋賀で主婦する日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

【スポンサーリンク】

新職場、コロナでさっそく出勤停止

f:id:ohtanoblog:20170205114622j:plain

さて、昨日の記事で書いた退職が3月末の出来事。

間を開けず、4月からの新職場は決まっておりました。

 

またパート事務員です。

収入は少ないけど、のんびり働くのが性に合ってる。

今度もあらかじめ契約期間(MAX5年)が決まっているので、

人によっては「そんなんでいいのか?」と思うのかもしれませんが

おおたとしてはたいへん満足な就職先です。

 

この業界のパートや契約社員は、数年の契約期間が終わったら、

同業種の間をぐるぐる渡り歩く人が多いようで。

(一定の期間をあければ再就職も可なので、二か所をひたすら行ったり来たりするのもアリ。)

いつも誰かは満期退職するわけだから、シーズンになれば必ず募集が出るし。

 

おおたも、3月までの職場にいた契約社員さんに

「わたしが前に働いてたとこでパート募集出てるよ~。おおたさん、満期になるんだから考えてみたら?」と勧められて今のところを選んだ。

 

(2月に面接を受けていた)

 

(ちびまる子ちゃん展は最高でした。最後の写真がスーツ姿なのは、面接帰りだったから。)

 

そして4/1、ぶじ初出勤を果たした。

 

 

↑2個目のツイは、お気づきだろうか、魔女宅の台詞。

出発の準備をするキキとお母さんのシーン。

 

「キキ、そんなに形にこだわらないの。大切なのは心よ。」

「分かってるわ。心の方は任せといて。お見せできなくて残念だわ。」

「そしていつも笑顔を忘れずにね。」

「ハーイ。」

 

このあとっ…このあとキキがっ…

両親や地元の人たちみんなに愛されて、自信と希望で胸いっぱいのキキがっ…

見知らぬ土地で他人の冷たさにさらされ、

これまでいかに自分が守られていたかを思い知り、

パトカーのサイレンにおびえることになるんですよ…!!

(詳しくは魔女の宅急便をご覧ください。ここのキキ、「ハーイ」の適当な返事感が最高。

 

そんなこんな、三未知を前に魔女宅脳になって現実逃避しましたが

なんとか無難に数日を過ごしました。

 

ぱっと見で「こいつヤベェな」と分かる人もいなかったし、

(部署としての機能はだいぶ違う配属だけど)同業種間の転職となればそりゃぁおおたも多少はこなれる。

コロナで通常業務に穴ができたせいもあろうが、前職の初期より負荷は軽め。

むしろ上々なすべりだしと言えた。

(ただ、部署内に同い年くらいの人がおらず、それだけは残念…。)

 

先ほど書いた通り、渡り歩きの契約社員さんがおり、

「〇〇から来たのー?わたしも去年までいたよ、XXさんって怖い人知ってる~?」

と話しかけられ、さっそく一体感が生まれることもあった。

 

しかしそこへきて、政府の緊急事態宣言である…!

正確に言えば対象の都府県ではないのだけども、

大阪兵庫から人の往来は避けられないし、

何より緊急事態宣言という字面から「まじでほんとにヤバイ感」は出ている。

 

すでに新職場でも、前からコロナのおかげで変更と中止とイレギュラーでお祭り状態、

おおたも負荷軽めといったはものの、それにともなう雑務を与えられていた。

お偉いさんが明日にはなんと言い出すか分からないよね、とみんなで頭を抱えていたが、

まさか…と言おうか、予想はしていたと言うべきか、パートは出勤停止となった。

 

契約社員と正職員は、在宅と出勤組に分かれてシフトを組むらしい。

こんなときだからこそ電話は鳴るし、雑用係がいなけりゃみなさん困るだろうなぁと思うんだけど、

電話取りもその他雑用も、リモートワークじゃできないからな。

接触2割を達成するなら、パートの出勤停止は妥当だね。

今のところは、GW明けまでお休みだそうです。

 

こないだ見たテレビの

専門家「感染症を広げないようにするのは実は簡単なんです。」

合いの手をうつ人「え?!どうすればいいんですか?」

専門家「感染した人に接触しなければいいんです。家から出なければいい。」

っていう会話を思い出す。

そうだよな…そう言われるとすげぇ単純じゃんってハッとした。

もちろん社会全体の運営と個々の事情で、小難しくなっちゃうんだけど…

ほんとはただそれだけなんだよね。

 

で、気になるおおたのお賃金ですが、本来の6割支給!やったね!

そりゃただでさえ少ない収入がさらに減るけど、

元々家計はわたしの給与に頼ってないし、

2ヶ月は試用期間と言われてた新人パートが家でごろごろしてても6割支給ですよ?

喜んでいいと思うんだよねこれは。

無給で休まされんのかな…と疑ってたからね。

ありがたいことだよ。

 

ちなみに、旦那くんの会社でもリモートワークが認められ

特に公共交通機関を使わなくてはならない人はそうするようお達しがでてるそうですが

職場に行かないと何もできない。

だそうで。うん、だろうな、とは思った。

まぁいつも徒歩通勤だし、

不特定多数の人を相手にするような職種ではないので、そこまで心配はしてない。

 

彼は社会人やりながら、博士課程に通っていて、

たまに新幹線に乗って大学にも行っていたんだけど

それについてはもうしばらく行ってない。

どうせ学会も軒並み中止だし、研究進まなくてものんびりしているようである。

(いつものんびりしてるから、あんまり見分けつかないけど。)

 

ということで、外には出られない、旦那くんは出勤、子どももいない、

昼間とっても暇なので、これからは平日せっせとブログ書こうかなと思ってる。

お賃金出るし、働いてるつもりになってPCに向かおうかと。

続くかな?

 

 

 

ではね |ω°)ノ