はましゅふにっき

横浜女が滋賀で主婦する日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

【スポンサーリンク】

Eテレ「おもてなしの基礎英語(シーズン1)」が終わっちゃってかなしい

f:id:ohtanoblog:20190331122321p:plain

3月、テレビはいわゆるクールの境目。

おおたはアラサーになった今でもけっこう「Eテレっ子」なのですが、

お気に入りだった番組が終わってしまいました…。

これまで楽しんできた気持ちと、終わってしまったかなしさを綴ります…。

 

おもてなしの基礎英語

 

その番組が、タイトルにも書いた「おもてなしの基礎英語」。 

毎回1つのキーフレーズを学んでいく、10分番組です。

 

(公式サイトはこちら)

https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/motekiso/

 

スタジオキャストは、

ネイティブのニュアンスや発音を伝える橋渡し役のハリー杉山

天然発言で場をわかせる学び役の三田寛子

お笑いっぽいことは全然しない学び役のパンサー向井

そして文法などのプチ解説をしてくれるリアル大学教授の井上逸兵先生

 

浅草にあるゲストハウスのオーナー・早苗ちゃん(宮崎花蓮)の日常英語ドラマを挟み、

ドラマの内容についてスタジオであーだこーだ言いながらお勉強するのです。

 

毎回の構成

①まずはその回のキーフレーズをクイズで提示。

(Q:ある返事の期限を「二週間でどう?」と言いたい時、英語でなんという?)

 

②スタジオで試行錯誤と正解発表。

三田さんとパンサー向井が、ハリーにヒントをもらいながら単語を模索、文章を組み立てる。

→井上先生が正解フレーズを発表。

(A:How does two weeks sound?)

 

③キーフレーズを含んだ数分の英語ドラマ(字幕なし)

 

④「あの場面の意味は分かった?」等スタジオコメント。

ハリーの導きのもと、字幕ありでドラマのポイント部分をちょっとずつ振り返る。

英語に関係なく、ドラマの内容についてもみんなでけっこうあーだこーだ言う。

(早苗ちゃんのあの仕草が可愛い、等)

 

⑤井上先生の解説。

キーフレーズを文法的に説明したり、

もっとカジュアルな場なら/堅い表現ならこんな言い方もできるね、と別の言いまわしを紹介をしたり。

 

⑥ハリーの発音タイム。

注意すべき発音ポイントや、ふさわしい表情まで教えてくれる。

耳をすませたポーズでTVの前の我々に発声を促す時間が必ずあり、

その空白タイムが終わると「Lovely!」などと褒めてくれる。

 

⑦実践コント/WEEKLY REVIEW

三田さんとパンサー向井が、学んだキーフレーズを応用した小芝居をさせられる。

週末の放送では、一週間のキーフレーズの復習タイムになる。

 

放送時間

放 送:月~木曜日 午後10:50~11:00
再放送:火~金曜日 午前10:15~10:25
再放送:火曜日(月曜深夜) 午前1:00~1:40(4回分)

 

さすがNHKの隙間番組、再放送だけでなく、再々放送までしています。

番組名で自動録画にしておくと、ちゃんと3回分録画されちゃうので、

反復による記憶定着を信じるおおたは3回同じものを見てました。

(2回目3回目は、早見モードにしたり、ながら見することもあったけど。)

 

なんか好きだったんですよ

 

今までこういう語学番組とかスルーしてたんですけど、

この番組はなんか好きだったんですよね。

 

「よし見よう!」「さぁ勉強しよう!」と見ていたわけではないんです。

テレビつけたらたまたま遭遇するのが何回か続きまして。

(何しろ最後に合わせたチャンネルがEテレであることが多くてね、それでまたEテレ見ちゃうんだよね)

 

で、大まかには週ごとにドラマの区切りがあるのですが、

(たいていはゲストハウスに泊まりに来た外国人客が入れ替わって区切りになる)

軸はずーっと早苗ちゃんのゲストハウスの日常。

たまに「〇〇が再び日本にやってきた!」とかで、

〇〇って誰!?ずっと見てこなかったのが悔やまれる!と思うことがあって。

 

続けて見てるとね、けっこう面白かったんですよ。

単発の「外国人のおもてなし」だけでなく、

早苗ちゃんを中心とする軸があって、恋や親子関係などの人間模様ありで。

ドラマを作ってる人の名前を教えてほしいくらい。

(クレジットには一部の演者とナレーションの名前しか出てこない。なんで?他に携わってる人いるでしょう??)

 

先日の192回が最終回でしたが、100回すぎぐらいからちゃんと録画して見るようになりました。

(初回からちゃんと見たかった…再放送してほしい…)

 

もちろんドラマだけでなく、記憶の彼方にある受験英語では学べなかった、

なるほど、こういう言い回しが自然なのね~という「へぇ」快感も多数。

(へ~と思ってすぐ忘れちゃうんだけど、それはそれ。)

 

同時期、旦那くんが英会話を習い始めていたという影響もある。

すぐ仕事で必要!とかじゃないけど、そのうち英語で学会発表もあるし…先々も役立つだろうし…と言っていた。

元来資格や自己研鑽大好き人間というのもあろう。(旦那くん偉い!まじめ!ずぼらなわたしにもったいない夫!!)

英会話教室でイメージする『陽気さ』とは遠いイメージの人なので、

もしかして「英語で話すと性格変わるタイプ」だったりするのかな?とわくわくしてるけど真相は知らない。

(そもそも英会話教室=陽気という偏見のかたまり。)

 

ちなみに英会話番組を見たところで、おおたに実践の場はほぼ無いのですが、

日本語がしゃべれない人にもびびらなくなった、程度の効果はあるように思います。

 

職場柄、専門職じゃないとは言え留学生とお話することもありますし、

京都なんかに出ると外国の旅行者がわんさかいますし。

 

どうでもいい話ですが、最近は職場で『検尿容器』という単語を覚えました。

Urine containerとか言うらしい。(もちろん別の言い方もあると思う。)

健康診断の季節なもんで。

 

男子留学生が「検尿容器はどこでもらえるんだ?」と聞きに来たけど、

肝心のUrineがなんのことか分からず「え?」「ん?」って聞き返しまくり、

どうしたどうしたと周りの職員も集まりだして、

うら若い女性職員数人に囲まれながら尿!尿!と何度も言わせてしまって本当に可哀想だったとあとから反省した。

(その後、Medical Examinationという単語を出してくれてやっと推測できた。)

 

ちなみに留学生が窓口に来たときは、こちらが「こんにちは」と迎えて

「こんにちは」と返してくるか「Hello」と返してくるかで、瞬間に心の準備をしている。

 

シーズン2をやるらしいんだけど

 

終わっちゃった、最終回、と書いていますが、

実は4月からシーズン2があるらしいのです。

番組内では全然予告されなかったのですが、どうやらネットには情報が出ているようで。

 

放送時間もちょっと変わるらしい。

月~木の23:20~23:30。

まぁおおたはいつも録画で見てるから、放送時間が変わるくらいは別にいいんだけど。

 

キャストですよ。キャスト変更!!

 

ハリーと井上先生が続投はいいんですけど!いいんですけど!!

(井上先生好き。落ち着いてて好き。)

 

生徒役がしょこたんになるそうです。

 

しょこたんか…しょこたん…

うーん、嫌いなわけじゃないんだけど…しょこたんか~~~。

 

今までの、

珍回答連発の和ませ役かと思いきや、たまにズバッと正解を出してクイズタイムの尺を速攻で終わらせちゃう三田さんの爽快プレーとか

受験英語の下地を活かした答えをしつつ(明大卒なんだって)、お笑いっぽさなしで場を読んで立ち回るパンサー向井の聡明なかんじとか

そういうの見れなくなっちゃうの…悲しいんですよね…

(普段あんまりお笑い見ないから、向井さんの株はめっちゃ上がった。)

 

しょこたんか…しょこたん、頑張りすぎちゃうんだよな…

まあ見てみないと分からない…

 

あと英語ドラマの方も、早苗ちゃんは卒業らしい…

浅草のゲストハウスから、長崎にある大旅館のオーナーとしてスカウトされて旅立つ、という最終回だったので、

シーズン2は長崎大旅館編なのでは!?と少し期待してたんだけど…。

 

公式サイトが明日からだというのにいっこうにシーズン2仕様にならないからあれなんだけど、

どうもドラマの方の主演は時任勇気さんになるのかな?

時任三郎さんのご子息だそうで。

出身地がニュージーランドって書いてあるから、英語ドラマもいけるんだろう。

 

ということで、ここまで変わると、

もはや「蘇っても、ここはシシ神様の森じゃない。シシ神様は死んでしまった。」状態なわけなんですよ。

 

まぁシーズン2も、見てみますけどね。

案外すんなりハマるかもしれないしさ。

 

とにかく「おもてなしの基礎英語(シーズン1)」たいへん愉しく拝見しました!!

第一回から再放送して!!

 

 

 

ではね |ω°)ノ