横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

金ロー「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シリーズ1)」感想

f:id:ohtanoblog:20171218212112p:plain

先日、金ローで「ファンタビ1」をようやく見ました。

ここはわたしのブログですので、脱線しまくりながら、好きなように感想をたれ流します。

(結論だけ言うと、おおたは本作について、とても好意的です。)

 

考察とか高尚な内容は一切ないです。

あらすじ等の丁寧な説明も省いて文章をすすめます。

が、ネタバレは有ります。

本作だけでなく、過去のハリー・ポッターシリーズについても、

とばっちり的にネタバレが飛び出す可能性があるのでご了承いただける方のみ。

(脱線しまくって、けっこうハリポタの話が出てきます)

 

 

 

わたしのハリポタレベル

 

まずおおたのハリポタ知識レベルですが。

初級テストは十分クリアできると思います。

基本的な世界観は知ってるし、

アロホモラぐらいの呪文なら「分かる分かる~」って感じ。

 

深くは知りませんが基礎はあるので、特にひっかかりもなくファンタビを見ることができました。

なので、ゼロ知識で見た人がどう思うかはちょっと分からない。

 

ちょうど児童書として流行りだしたころ小学校高学年で、

4作目までは本もちゃんと読んでたんです。

 

映画も、金ローでちょこちょこ見たり見なかったり。

一作目だけは、実家にDVDもあるのでしっかり見てます。

 

つまりハリポタは、はじめの方が好きなんですよね。

だんだんいろんな人が死んでいくので、

なんだか嫌になってシリーズを追うのをやめちゃいました。

特に4作目の最後、超いい人の先輩(シリーズ全体で見ればモブみたいなもんなんだけど)が死んじゃったのが、たまらなく悔しくて許せなかった。

初見時のあの気持ちは、どうしても消えない。

 

今回のファンタスティックビーストは、

(少なくとも一作目について)あまり人が死ななそうだったので観ました。

ちなみにファンタビの本は読んでいません

 

本編の感想、徒然

 

要点はしぼらず、思いつくままに本編の感想を。

 

とりあえず、ニュート・スキャマンダー最高ですね?

というか、エディ・レッドメインが!

 

ミーハーでもなんでもいいんですけど、

もう彼が最高すぎて。

イケメン!ハンサム!男前!!!

美しすぎませんか?何をしてても絵になりませんか?

顔だけじゃなくてもう全部が良すぎませんか神様?!

人類全体を見た場合、彼の美しさはもはや設計ミスなのでは?

可愛いし格好いいし、美しい。

もちろんあんな人が目の前にいたとしたら、恥ずかしくて目も合わせられないけどね。

画面越しに拝見する美形、最高!

 

そして吹き替えは宮野真守さん。

下調べなしで見てたので、一言目を聞いて「ずいぶんいい声だな!?」とびっくりしました。

最高ですね。

ちなみに金ローはバイリンガル放送だったので、オリジナル音声でも楽しめます。

いつもわたしの文化レベルをお手軽に高めてくれてありがとう、金ロー。

欲を言えば、英語字幕もつけてくださると嬉しいです。

(もはやDVDを買え、という声が聞こえる。)

 

あと吹き替えで言うと、レギュラーメンツの中に遠藤綾さんがいるのね。

ちょっと前までは、彼女の声を聴くと「シェリルだ~」と思っていたんだけど、

今回は先に「トト子ちゃんだ!」と思ってしまった。

べつにどっちでもいいんですけど。

あと新ミニーちゃんも遠藤さんだと最近知った。

 

あ~、ニュート最高ですね。あらゆる表情が最高ですね。まじつらい。

(おおたは録画を流しながら本記事を書いています。

たまに目に入ったシーンに言及せずにいられなくなります。)

 

ハリー・ポッターシリーズでは、魔法の使えない一般人は「マグル」と呼ばれてました。

でも今回は、「ノー・マジック(略してノーマジ)」って呼ぶのね。

最初にティナから「ノーマジ」というワードが出てきたときは、

ニュートの「僕たちはマグルって言うよ」って台詞が続くし、

この女性の所属機関の業界用語なのかな?って流したんですけど、

これ違うのね。

途中でようやく気が付いたんだけど。

イギリス(ニュート)とアメリカ(ティナたち)のちょっとした文化の違いが、

魔法使いたちにもあるよってことなのね!

このあとの「イギリス人は苦手、訛りがあるでしょ?」って台詞とか、

あーもーすげーむかつくーーーーー!!

訛ってんのは!!!おめぇらだからーーーーーーーー!!!

ホグワーシュじゃねーしー!

マックはマックだし、セブンはセブンですうー!

わたしはずっとそう呼んでたんですう~。

(すみません、映画とは無関係の、マグル界のマクドナルドとセブンイレブンの話をしてしまいました。

なんか興奮しちゃったけども、イギリス人とアメリカ人の気持ちは知らないですまったく。)

 

で、今回はそのマグル、いや彼はアメリカ人なので、それにならってノーマジと言いましょうかね、

ノーマジの主要人物・ジェイコブがいるんですけどね。

美形担当はニュートに全振りしてるから、小太りのおちゃめなおじさんって感じの役どころなんですが。

彼がほんとにいいやつで。

巻き込まれ系のいいやつ担当。

クイニーにメロメロになって、彼女に合わせて肘をつくシーン大好き。

(見てる人にしか分からない細かいこと言ってすいません。)

 

とはいえ、彼はノーマジでして。

なんか、魔法界の法律で決まってるらしいんですよ。

ノーマジに魔法の存在がばれちゃだめだって。

魔法を見られた時、気づかれた時は、それにまつわる記憶を消しておかなくちゃいけないって。

その記憶消去のための魔法が「オブリビエイト」なんですけど。

序盤から何度もこのワードが出てくるんです。

「この人はどうせオブリビエイトするんだから、深入りしちゃだめよ」とか。

 

シリーズ二作目の予告ですでに、ジェイコブがまたニュートたちと一緒にいるのが分かっちゃってるので

あれこれ言うのもちょっと馬鹿馬鹿しいんですけど。

シリーズではなく、一本の映画としてだけ見たときに、

今回のジェイコブに関する終わり方がすごくすごーく好みなんです。

 

一応、本作の終わりにジェイコブの記憶は無くなります。

どったんばったん大騒ぎして、せっかく友達になれたのに、とっても切ないお別れです。

 

でもその後に「完全に無くなったわけじゃないよ!」って示されるシーンがあるんです。

いろいろあって、ジェイコブはパン屋さんを開業するんですけど。

(開業資金調達のシーン、最高!)

そこで売っているパンのかたちが独創的で。

ぜんぶ、ノーマジが見たことないはずの、魔法動物たちをかたどってるんです。

忘れてない!

いや忘れてるのかもしれないけれど、あの時間のあの経験は確かに在った!無かったことにはなってないんだ!っていう。

さらに、お別れを言ったはずだけどやっぱり我慢できずにお店を訪ねてきてくれたクイニー!さすがクイニー!

目が合って、微笑んで、ニュートの魔法動物に噛まれた首筋の跡にそっと触れるところ。

あ~~~~!忘れてるけど忘れてない~!っていう!

そういうラストが好きなんですよ~~~。

 

まあもう一度言いますが、2でニュートたちとまた一緒に冒険してるの、予告でバレバレなんですけどね~!

ジェイコブはもう、マグルの世界だけで生きる人間じゃないんだぜ~!

 

異世界ものとか。夢オチとか。

いろいろあると思うんですけど。

不思議の国のアリス(ディズニーの。)はただの夢オチだけど、

千と千尋は、元いた世界に戻ったあとも、銭婆とつくった髪ゴムがきらっと光るから「忘れてるけどあの世界で過ごした時間が確かに在ったもの」と分かるのが嬉しい!みたいな。

「一度あったことは忘れないもんさ。思い出せないだけで。」という台詞がしみる!みたいな。

(もちろんアリスも好きです。終わり方の、オチのつけ方の話です。)

 

あー、わたしもニュートにキャッチされたい。

そして手を繋いで逃げたい。

他の人と合流したら、正気に戻ったようにそっと手を離したい。

(おおたは録画を流しながら本記事を書いています。)

 

ということで、おおたがファンタビ1を好ましいと思った大きな理由は

・ニュートの美しさ最高!

・ジェイコブの記憶の扱われ方最高!

の二点です。

 

だいじな主要人物であるティナについてあんまり触れてませんね…。

ある種の様式美といいますか、

自由で純度の高い男性と、それに影響されて変わっていく真面目な女性って感じかな?と。

今ドラマでやってる高橋一生と榮倉奈々ちゃんと似てるなあって思いながら見てました。

(あれも動物学者の話だし…。)

 

そんでもってジェイコブの話を先にしちゃったけどね、

ニュートとティナのラストシーンもね、最高ですよ。

イギリスに帰る彼を、ティナが見送るシーン。

ここねえ、もう、ニュート・スキャマンダー29歳英国人、最高すぎませんか?

 

お別れにそんな、頬?髪?をちょっと撫ぜるだけなんて…

なんでこんなに可愛いのかよ…。

このへんになると、ティナがすっかり恋してる顔になってるのも可愛いよ。

「本が完成したら送るね」からの、一回船に乗りかけてからの、

「やっぱり直接渡しに来てもいいかな?」って…!

何ですかあれ!最高だよ!!

和む。もう…。ゼイリブドハピリーエバーアフター…。

 

ニューティナ(カップリング名として。)は裏切らないってツイッタァで見かけたので、

二作目以降も彼らを見守ってゆきたい。

 

話は変わりますが、破壊された街を魔法でひゅひゅひゅーっと修復するシーンがけっこう出てくるんですけど

「まじ簡単だな…」と思わずつぶやいてしまいました。

ずるい。

ハリポタの最後でぼろぼろになったホグワーツも、

あのあと先生たちの手でこんな風に修復されたんだろうか。

 

昔、ハリーポッターの話になったとき友人が

「もし一つだけ呪文が使えるなら?ってよくあるけどさー。

そんなことより、ダンブルドアが自分の部屋で

『ああ、ちょっと待って片付けるわあ』って呪文もなしにちょろちょろ~ってやる感じの、あの魔法を一番使いたい」

って言ってたの、今でもときどき思い出すんですよね。

 

今作は大人の高度な魔法使いばかりなのもあって、そういうのが多い気がする。

ニュート、ホグワーツでは問題児だった感じだけど、

実はすごく魔法レベル高いよね…?

 

二作目以降に思うこと

 

位置付け的には「ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ」のようですが、

ファンタスティック・ビーストもすでにシリーズ5作は決定しているらしく。

長くなりそうなんだよな~。

 

いや、長くなるのが良いとか悪いとかじゃないんです。

おおたが心配してるのは、またすげぇ暗くなるんじゃないかってこと。

 

ハリポタもねぇ。賢者の石とか、超楽しかったんだよねえ。

新しい世界に出会うわくわくと言うか。

 

でも気づいたら、闇の魔法!世界の危機!ヴォルデモートとの宿命!そして死!!!みたいな、くら~い話になってきて…

いやこれも、良い悪いじゃないんです。

好みかどうかの問題です。

 

ファンタビも、闇の中心となるヤバイやつがいて。

おそらくこいつとの対決を軸にシリーズが進むんだろうなぁと想像するのですが。

ニュート・スキャマンダーが送る、愉しい魔法動物とのどたばた日常劇☆とはいかないんでしょうね。

(おおたはそういうのが好きなんですよ。おじゃる丸の小鬼トリオの日常回を、永遠に見ていたいんですよ。)

 

ハリポタ好きの友人がすでにファンタビ2を見ていて、

「若かりしダンブルドアもたくさん出てくるよ!」と楽しそうに報告してくれたのですが

 

ダンブルドアな~~~~。

あのじじいも、結局よく分からんのだよな~~~~。

シリーズ後半は断片的にしか把握してない人間が言ってることなので、

ハリポタ好きの人には怒られちゃうかもしれないんですけど。

(一応、シリーズ最終作はこないだ金ローで見たばかりです。)

ダンブルドア、最初は「絶対最強の味方!超頼りになる校長!」と思ってたんですけどね。

なんかこう「こいつ結局何考えてんの…?」みたいな、気持ち悪さが勝っちゃって。

あとスネイプ可哀想すぎじゃない?っていう。

ダンブルドアレベルまでいくと、そのへんの魔法使いは(スネイプもハリーも)駒にすぎなかったのかしら?と思ってしまう。

 

ダンブルドアのことを考えていたら突如思い出しましたが、

何作目だったか、たまたま家族が見ていた金ロー(おおた家の文化は金ロー頼み)をちょろっと見たんだけど。

なにかを手に入れるために、ハリーが魔法の水(超まずくて苦しいらしい)をダンブルドアの口に流し込み続けなきゃいけないっていうミッションがあって。

事前に「このあと自分がどんなに嫌がっても、絶対に水を飲ませ続けろ!」ってダンブルドアが言うんですけどね。

そのシーンがもう、老人虐待にしか見えないわけですよ。

ハリーも泣く泣くやってるんだけど。

あれは見ていてつらかったな…。まじでおそろしい映画だと思ったよ。

しかもさらにひどいのが、そんだけ嫌な思いして頑張ったのに、何一つ手に入らなかったことね。

(水の底にある何かを手に入れるために、そこにある水をぜんぶ飲まなくちゃいけなかったんだけど、結果思ってたのと違った~的展開。)

おそろしかった。今でも突然、無関係の時にこのシーンを思い出して悲しくなってしまう。(重症)

 

あとハリポタは、

「ハリー・ポッター様とヴォルデモートの宿命」がしつこすぎたのも読まなくなった原因ですね…。

たしか作中でも「自分は特別ってうじうじしてんじゃねぇよ!」ってロンあたりに言われて喧嘩になるシーンがあったような無かったような…。

主人公だから当然なんですけど。

なんですけど、ね。

悪いのは全部ヴォルデモートだし、ハリーは巨悪を倒すための光の象徴なんだけど。

とは言え、「もはやハリーさえ居なければ、この人は死なずに済んだのでは?」みたいなことを思ってしまうというか。

そんなにハリーじゃなきゃだめ…?みたいな。

すごい酷いこと言ってますね。悪いのはぜんぶヴォルデモートです、知ってます。

あーハリポタファンに怒られる。

 

後半暗いし悲しいし怖いと思うけど、あの魔法世界はやっぱり好きですよ。

ジェイコブの台詞を借りれば、まさに「俺のおつむじゃこんなの思いつかない」ことばかりで楽しい。

本で読んで、どんなのかな~?って想像してたものが、映画で見られるのも興奮したし。

CGのある時代に生まれてよかった~!って思う。

そして賢者の石は大好きです。(また言う)

炎のゴブレットで感じたショック同様、賢者の石を読んだ・観た当時のわくわくもまた消えないです。

 

ニュートのトランクから繋がっていた飼育施設は、そのわくわくにとても近い。

 

ところで2の予告(金ローの終わりにやってた特別映像)に出てきた新キャラの、

ニュートの助手的なあの女なんですか?

(水生生物の様子を見るなら)「シャツを脱いだら?」って、

まじ何言ってんの!!?

ニュートの脱ぐとこをあんたがみたいだけでしょう!?

わたしだって見たいけど、そうはいかないわよ!!!

ティナお願い、早くこの女を追い払って!

クビ!雇い主を性的な目で見る助手はクビです!!

ティナ早く来て!!!

 

 

 

ではね |ω°)ノ