読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

さっそく月曜を前に憂鬱(新人あるあるとトモダチ作戦)

f:id:ohtanoblog:20170514152831p:plain

ごきげんよう、みなさま。

働き始めてまだ数日!おおたです。

 

(就職までの経緯はこちら)

連休明けに待ってましたとばかりに面接を受け、翌日には働きだしたおおた。

はじめての土日がハッピーすぎて、明日からまた仕事だなんて悪い冗談のようです。

 

 

今んとこ、辛い

 

3月に前任者が退職して以来空いていたポジションで、「ずっと待ってた!」とのこと。

 

「本当は最初に、大学全体の話をしたり、キャンパスのいろんな建物を歩いてまわったりするんだけど…。

今はそれどころじゃないから、いきなり実務を覚えてもらうね!」と熱烈歓迎を受けました。

 

まぁそれはいいとして。

仕事量、多くねぇ?

 

「事務補助職」という募集だったんだけど、まったく「補助」じゃない。

けっこうがっつり「おおた担当」の業務があって、ほんまかいな!と。(思わず関西弁)

 

そもそも前職の銀行窓口は、決まった自分の仕事があるというより

チームでフォローしあいながら全体を進めていく感じでやってきたので

 

「そうか…わたしが忘れたり間違えたりしても、いくところまでいってしまうわけだな…」と不安がいっぱいです。

 

パートでも個人分担でがっつり任されるんですね…とお昼休憩につぶやいたら

同じ職種の女性が

「でもおおたさんの仕事、前は契約社員さんがやってたよ。しかも、それよりちょっと増えてる気がする。そもそも無理がある量だから、しんどくならないようにね」と言ってくれました。

 

経費削減の波…!

 

おおたが数日でリサーチした感じだと、今いる事務室は

パート、契約社員、正職員という三種類の存在で成り立っているようです。

 

パートはみなさんなんとなくご想像の通り、時給制で、働く時間がちょっと短くて残業もない。

契約社員はボーナスが出ることが、一番の違いかな。

 

こんなお賃金じゃぁ、やってられんぞ!(早すぎるやさぐれ)

 

ほかのパートさんたちも、時給が安い!とぶーぶーおっしゃっていましたが

そもそもね、滋賀県の最低賃金が安すぎる。

 

試しに同じ派遣会社に募集が出ていた母校(都内のキャンパス)の時給を調べたら、

あと400円は高かった…。

悔しい。物価が特別安いかといったらそうでもないのに、この格差は何故なのか。

いつか向こうに戻ったとき、ここでの仕事を履歴書にドヤ記載して

母校に雇ってもらおうと思います。

それまでの辛抱…。

 

新人あるある

 

先述した通り、それなりに仕事量は多そうです。

ただ、一つ一つがとてつもなく難しいかと言えばそうではないので

慣れれば少しは楽になる…という期待を(今のところ)しています。

 

で、前任者が辞めてからその仕事を何人かで分担していたようで

〇〇の仕事は誰から教わり、△△の仕事は誰から教わり、というのがバラバラ。

新入社員のように、ばっちり教育担当がいるわけでもない。

まぁ、いろんな人に質問できる環境はありがたいけれども。

 

「おおたさん空いた?じゃぁ次、こっちでこれ一緒にやろう」と次々呼ばれ

トイレに行く暇もありゃしない。

 

いや、行けばいいんだけど。

今ちょうど教材になりそうな仕事が来たわよ!と手を引かれると、

それよりもトイレに!と言い出せない小心者。

 

で、そんなこんなであっちに引っ張られこっちに引っ張られしているうちに夕方になり

また別の方に「あれ、あの仕事まだ出来てないの?」とか言われる始末。

 

「いやー、頭の隅にはあったんだけどね。『あの仕事』やっといた方がいいだろうなって。

でもさっき××さんに仕事教えるよって誘われて。人気者は困っちゃうね、みんなわたしの順番待ち。

で、××さんの教えてくれる仕事ってのが案外長くかかって、離してくれなかったのよ。

ちなみに『あの仕事』ってのは、もうわたし一人に任されちゃってるってことでいいのかな?ん?

必要な業務を一通り習うことと、初めに教えられた作業から順に独り立ちすること、どっちの優先が職場の理想か、みんなで相談しといてくれないかな?

とりあえず『あの仕事』、できてなくてごめんね?」

 

…と脳内をありのまま伝えるわけにはいかないので、

「まだ終わってないです。すみません」とだけ言いました。

 

くやC。

 

おおたのミスが発覚して「ちょっと来てー」と呼ばれたとき、

「これ覚えてる?おおたさんがやったやつ」と言われても

もはやいつやったか覚えてないくらい詰め込まれててパンク。

 

「もう何が何だか分かんないままやっててすっかり忘れてるけど、

少なくとも今指摘をしているあなたと一緒にした仕事であることは覚えてます。

先輩として、あなたのチェックも甘かったのでは?」

 

…と脳内をありのまま伝えるわけにはいかないので

「はい、わたしです。すみません」とだけ言いました。

 

くやC。

 

ほかの人が教えてくれた業務でミスしたときは

(お察しの通り、小さなやらかしはすでに何個かしている)

「ごめん、わたしが見てあげてなかったね。次から一緒に気を付けよう」と言ってくれて心にしみた。

 

わたしだって、前職で新入社員を教育していたときには

「新人のミスは、おおたのミスと同じだからね」と上司に念を押されたものだ。

 

まぁ先輩の立場からすれば「新人があまりにアクロバティックなミスをするもんで制御できない」なんてこともあるけどさ。

 

でもそう、新人ってのはミスをするもんだ。

昨日まで知らなかったことをいきなりやらせて、完璧にできたら気持ち悪いわ。

 

言い訳しないで反省しろって?

いやそりゃね、こうしなきゃだめだなって学びも反省もあるけども。

ちょっとぐらい人のせいにしたり、しょうがない!って開き直ったりしないとやってられんよ。

それこそ月曜からバッくれちゃう。

もはや「待望の新人」を「潰しにかかっている」のかな?とさえ感じる。

人手不足のあまり、とんだ矛盾をはらんだ職場であった。

 

金曜はもう限界で、仕事終わったらトイレにこもって泣いた。

(尿意も限界だけど、なんかもういろいろ限界をむかえてた)

 

で、はてなの言及通知に気づいて読んで、また泣いた。

道楽嫁さんすみません、こんなに嬉しい記事なのに、わたしトイレの便器に座って読んでました…。

 

応援とっても嬉しいです。

嫌なら辞める逃げるの選択肢もあるけれど、

ひとまず自分のリズムが生み出せるまで頑張ってみようと思います。

 

(言及していただいた、道楽嫁さんの記事。旦那の都合で遠隔地引っ越し仲間!)

douraku-yome.hateblo.jp

 

故郷を離れて東京で働き始めた朝ドラヒロインに共感して泣くくらいの不安定さは、きっと女性周期のせいもある。

おかあさんのごはんがたべたいよう。

あと甘いものたくさん食べたいよう。

 

肝心のトモダチ作戦は

 

そう、社会参加でも収入でもない、おおたが就職した真の目的「トモダチ作り」がどうなったか

ブログで報告しないわけにはまいりません。

 

ブコメで、らーめん人間Zさん(id:garage-kid)に「オペレーショントモダチ」ということばを使ってもらったので、

ここでもトモダチ作戦と記していきたいと思います。

 

ぷー主婦、働くってよ - 横浜女が滋賀で主婦する

2: なるほどこれがオペレーショントモダチというわけか。/ガンバってね。

2017/05/10 10:57

b.hatena.ne.jp

 

もちろんこの言葉の元の意味とはまったく関係ありません。

 

(そういえば職場で、関東出身の人が「震災のときさー」と世間話を始めようとしたら

関西育ちの人が「どっちの?」とすかさず聞いていて、地域ギャップを感じた。

「あぁ、東日本のときの話ね。ごめんごめん、やっぱこっちだと震災と言えば阪神淡路なのよー」と。

そりゃそうだよなあ。熊本で聞けば、あの4月の意味になるだろし。)

 

結論から申し上げて、初出勤から金曜までで、

何の成果もあげておりません。

 

ふぇーい。働きに出た意味ないやろがーい。

 

先日のエントリ最後に書いた通り、狙っているおねえさんたち、デスクめっちゃ遠いし。

大きく見て同じ部署とはいえ、所属チームが異なるという大誤算。

 

しかも、おねえさんたちはマイカー通勤。

彼女たちは、仕事が終われば駐車場へ直行。

おおたはと言えば、キャンパス内のバス停へ。(駐車場と反対方向)

 

終業後、駅まで一緒に歩く道すがら「あ、ここのカフェ美味しいんだよ!ちょっと寄らない?」なんてことになりようがないこの環境。

 

もちろん業務中はほとんど私語なんてできないし。

(デスクが遠いだけでなく、とにかくおおたに余裕がない)

 

でもなんとか!なんとかしたい!!

ここへ来た意味がほんとにない!!

 

ということで、来週の目標は

「おねえさんをお食事に誘うorラインを聞く」です。

 

どちらかを言い出すことができれば、自然ともう一方も遂行されるとふんでいます。

ちなみにお食事については、具体的約束にいたらずとも、

こちらの意思表示をして(社交辞令でも)合意を得ることができれば合格ラインとします。

 

いやほんと、好きな子に近づこうと奮闘する男子学生のような心境です。

がんばります。

 

でも、方法は考えてません!(PDCAなぞ通用するか)

 

 

 

ではね |ω°)ノ