読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

東京で滋賀出身の人に会った話と、滋賀に嫁ぐハマっ子がほかにいるらしい話

f:id:ohtanoblog:20170111091700p:plain

れんこんさーん!れんこんさん、見てますー!?

 

東京で滋賀出身の人と出会った

 

昨年秋、用事で実家へ帰ったときのことです。

 

滋賀に来てから、近所づきあいもない会社勤めもない趣味サークルなども参加しない。

友達?東京にいるぜ!という状況だけで生きているおおた。

(自分で選んだ状況だよね。苦になってないからいいと思ってる)

 

実際に地元の方と話す機会って、全然ないんですよね。

お店なんかでちょこっと話すことがあっても、

それが滋賀の人か、京都の人か、大阪の人かなんて分からないし。

 

 

いきさつ

昼から友人と二人で会っていて、夕方に。

このあとは予定あるの?お茶だけして帰る?なんて言ってたら

 

これから初めて会う男を呼ぼうと思うが、一緒にいてくれないか?との提案。

 

その子はしょっちゅうペアーズとかいうアプリで新しい男性と出会ったり、

クラブでゆきずりの男となんたらしたり、

いろいろ聞いているので驚きはしないのですが。

(これでもおおたが中高だけ通った女子校に、小学校から大学まで通ったセレブお嬢様)

同席を求められるのは初めてでしたね。

 

きちんと伴侶を選んだ人妻目線で、男の良し悪しを見てほしい!

というのと

その人は滋賀出身らしいから、なんか聞けるかもよ!

という友人の話を聞いて、

主に後者で「男が今いる場所に来てくれるなら」と承諾。

千葉にお住まいらしいけど、渋谷に呼びつけました。

 

話した

早い段階で、なんとなーく隣の友人が「オトモダチどまりだな」と判断したのが分かったので

適当におしゃべり。

 

しかしまあ、思わず突っ込んでしまいましたよ。

「バリッバリ関西弁ですね」

 

驚いた。驚いたよ。

滋賀の人って、こんなバリバリでゴリゴリの関西弁話すんだ…?って。

お店なんかだと、アクセントはともかく、標準語に近い言葉遣いをする人が多かったから。丁寧語だからそうなるのかな?

とにかくこの男性とおしゃべりしていたら、

よよよ、吉本芸人かよ?と思いました。

渋谷のおしゃれなイタリアンでよ。

社会人になってから9年東京にいるらしいが、このゴリゴリさ。

いや別に悪いとは言ってない。悪いとは言ってないよそこ大事。

ただやっぱり、関西圏の人と普段かかわってないとちょっとびっくりするなあと。

まぁ初めて会う年下の女の子二人相手に、トークを頑張ってくれていたのかもしれません。

 

滋賀に住んでるんすよ

と、友人が飽きだしているので、ジモトークを切り出す。

「えー!?ほんま?どのへん?おれ〇〇市!」

とか話していたら…

ジャストおおたの最寄り駅育ちの方だった\(^^)/

 

駅の出口どっち?ロータリー側?××の方?とか細かい話も出てきたので

たぶんほんとに住んでたと思う。

 

「横浜出身であそこに引っ越しかー!なんもないよな!かわいそうやなー!」

ってケラケラされました。

 

地元民だから自虐もあるとは思うけど、

ほんとただの住宅街。家しかない。

(日本全国で見れば、家があるだけマシか)

滋賀民から見ても、おおたの住んでいるところは何もない認定されましたよ。

 

(過去記事もあるよ) 

www.hamashuhu.com

 

関西の人から見て、東京から来た人ってどうすか?

という話も聞いてみた。

「一言話すだけで、よそものだってバレるじゃないですか」

たとえば落ち着いたら仕事もするかもしれないし…と聞いてみる。

 

あー……。女の子は大丈夫やと思うで!」

 

個人の感想とは言え。

その間はなんなんすか!

「男はナヨナヨして見えたりするかなあ」とのこと。

 

でも「女の子は平気!」と即答もしないあたり、

いろいろ押し込んでくれたローカルな感情があるのではと勘繰る。

 

まあわたしだって、関西弁聞いて芸人かよ!と思ったわけですし。

口には出さなかったけど。

(話が特別面白い意味での芸人かよ!ではない)

そういうステレオタイプってあるよね。

 

まぁ関西弁に限らず方言って、東京ではいい意味で重宝されることありますよね。

お仕事によっては直されることもあるらしいけど。

お国自慢になるというか。

なんでわたしは「ヨソモノだとばれてしまう…」なんてびくびくしてるんだろう。

まぁいいか。どうせ旦那さん以外としゃべらないし。

 

滋賀に嫁ぐハマっ子がほかにいるらしい

 

このブログには、コメント欄を置いてません。

ネガコメや、頭の悪いコメントに精神ゲージを削られるくらいなら、

応援コメやブログ主同士の交流の機会を逸してでもコメ欄を捨てよう!とウルトラな方向へすすんでいるわけです。

 

ただ一応、お問合せフォームだけはおいていて。

 

先日そこに、ご結婚相手の都合で春に滋賀に来るという横浜出身の方からメッセージが届きました。

「同じ境遇の人がいて心強い」と。

 

わたしもです(´;ω;`)

 

東横・田都ユーザーで、週末には都内へ繰り出していらっしゃったとか。

関西出身のあの人ならば「かわいそうやなあ!」と言うと思います。

(あの人とはその後まったくお会いしてないし、これからも会わないだろう)

 

滋賀といってもいろいろなので、一概には言えませんが。

南の方なら京都に繰り出しやすいから、ちょっとは楽しみになるかもしれません。

観光だけじゃなくて、ショッピングも行けますし。

どのあたりを検討されているのかな~。

 

ちなみにおおたはさんざん、

旦那以外と会わないとか知り合い増えないとか言ってますが

自分で選んでいるので!

働くとか、趣味サークルを探すとか、アクティブな性格の方ならいくらでもやりようはあります。

 

でも、おうち探しの段階ですでにブルーということなので

しばらくはブルーを受け入れましょう。

なんの解決にもなりませんが、横浜市歌を口ずさむといいかもしれません。

 

(横浜市歌についてはこちら) 

www.hamashuhu.com

 

 

実はお問合せフォームからメッセージいただいたの、初めてだったんですよね。

滅多なことがなければ誰も触らないだろうとチェックを怠り

メッセージに気が付くのが遅くてごめんなさい。

 

基本的に個別の返事はしないよ~と書いてあるのですが

思わず記事内でふれてしまいました。

 

ちなみにイタズラが怖いから、フォームに一応メアド欄を作ってるんですけど

捨てアドじゃなくてちゃんとしたアドレスを書いてくださっていたので

そこに急に返信が来るのもこわいかな?とチキリました。

 

代わりに記事内で、大きく手を振ってみます。

れんこんさん!見てるー!?

同じだよ~。

車が運転できたらいいけど、できないなら自転車はあった方がいいよ~。

 

(自転車の話はこちら) 

www.hamashuhu.com

 

どうしても滋賀で孤独になったら、生身で励ましにいくよ~。

(オフ会しましょ☆とかおしゃれなこと言えない性格)

そのときは滋賀が好きになれるよう、いっしょに彦根城にひこにゃんでも見に行きましょう。

ひこにゃんは可愛い。

わたしまだ行ったことないので、案内はできませんけどね。

奮発して近江牛を食らう会、というのもいいです。

わたしまだ食べたことないので、いいお店は知りませんけどね。

 

ネットという大海に、あてもなくメッセージボトルを投げているわたしですが

こういうのはちょっと嬉しいです。

どこかで誰かが、自分の書いたものにちょっとでも励まされているのであれば。

転んでもただでは起きないという気持ちでブログやってよかったなあ。

(滋賀の人いつもごめんなさい)

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

 

今日は珍しく多更新。

もうひとつ更新した記事はこちら。 

www.hamashuhu.com