読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

京都三条木屋町「プレミアム听(ポンド)」で鉄板焼きディナー

あれこれの感想文 あれこれの感想文-旅行・グルメ あれこれの感想文-旅行・グルメ-京都

f:id:ohtanoblog:20170415094410p:plain

先月お誕生日だったので、旦那さんが鉄板焼きディナーに連れて行ってくれました!

 

とっても美味しかったので、お店をご紹介します。

おおたが訪れたのは京都のお店ですが、系列店が全国にあるようなので

お肉気分の方は是非ご参考にしてください。

 

(すべて2017年3月に訪れた情報です。コースメニューは季節で変更があるかもしれません)

 

(いただいた名刺)

f:id:ohtanoblog:20170415095830j:plain

 

(詳細情報はこちら)

r.gnavi.co.jp

 

 

落ち着いた雰囲気が大人のデート向き

 

特別な日に行くような鉄板焼きのお店が、そうごちゃごちゃしていることもないと思いますが

プレミアムポンド、とっても落ち着いた大人のお店でした!

 

なんせ「プレミアム」ですからね!(鼻息あらく)

ただの「ステーキハウスポンド」はいくつも店舗がありますが、

プレミアムは三条木屋町店と、神谷町店しかないみたいですよ。

 

入り口は京都の雰囲気にとけこむ和風な外観なのですが、

中に入るとクラシカルかつモダンな雰囲気!

 

おおた達がディナータイムの一番乗りだったようで、はじめ店内には誰もおらず、

落ち着いているを通り越してとっても静か…。

おしゃれさに感動しつつ、ちょっとビビりました!

 

大人のおじさんたちが接待で来るお店とかじゃないかな!?だいじょうぶかな!?って。

(そのあとカップルやご夫婦のお客さんが増えて、ざわざわした気持ちは無事やわらぎました。)

 

お客さんが増えて…といっても、店内はそんなに広くないです。

秘密の接待個室でもあれば話は別ですが、ぱっと見渡せるコの字型のカウンターは

20席ぐらいかな?

 

デートでばしっと決めたいときは、予約した方がよさそうですね。

 

神戸ビーフがいただけます!

 

京都で神戸!

もし観光で京都を訪れている方は「なんで京都行って神戸牛食べるんだよ」と避けたくなるかもしれませんが

美味しいお肉は、どこでいただいても美味しいですから!

いいんじゃないでしょうか!

 

ブラジルから来たっていう外国人観光客のご夫婦も、召し上がっていましたし!

(お店の方との談笑「うぇあゆふろむ?」「ふろむぶらずぃーる!」だけ聞き取れた)

 

旦那さんが予約してくれたので詳細は分かりませんが、コース料理をいただきました。

 

お肉が美味しいのはもちろんのこと、前菜としてボウルいっぱいのサラダが提供され

そこに乗っていた牛(にんじん)がたいへん可愛かったです。

 

f:id:ohtanoblog:20170415101649j:plain

 

 

お店で食べ物の写真を撮ることはいろんな意味で得意ではないのですが、

この牛さんだけはわたしが撮っておかなくては…!という使命感にかられて撮影しました。

お肉の写真についは、ぐるなびサイトなどをご覧ください。

 

ちなみにサラダのドレッシングは、3種類から選べます。

写真はおおたが選んだ、キャロットドレッシングでございます。(プチ情報)

 

あ、あと写真は撮ってないんですけど

コースの途中ででてきた牛タンのミニ土鍋グラタンがすっごく美味しかったです…!

これはグラタンとして一品メニューにしても注文殺到するだろってぐらい、優しく丁寧な味のホワイトソース…!

もはや牛関係ないですね。ホワイトソースの感想ですね。

 

まぁ鉄板焼きのお店で、しかも神戸牛で、お肉が美味たるのは必然ですから

ノーマークのお肉以外も美味しいよ!という口コミ情報が、

場合によっては重要になるであろうと考えて発信しているのです。

考えて発信してるんですよ…!

 

京都自慢のデザート/お誕生日祝いのデザート

 

コースにはデザートも含まれています。

 

辻利とコラボした、和をとりいれた何種かのデザートがお重?に詰められています。

ガトーショコラとか、プリンみたいのだったかな。

 

だったかな、っておい。と思うかもしれませんが。

おおた、それ食べてないんですよ。

 

おおたが「わー!おいしそう!何これ抹茶味?それはプリンかな?」と思ってながめたお重が旦那さんの前に置かれ

わたしの分は?わたしの分はまだ?とわくわくしていると

 

おねえさんが、こーんなお皿を持ってきた!

 

f:id:ohtanoblog:20170415104719j:plain

 

わー!

わたしは辻利のデザートセット食べられないの!?と思ったのは内緒)

 

チョコケーキ?と思ったけれど、これも辻利のほうじ茶クリームのケーキでした!

ほろ苦さもある、大人の味です。

お花も食べられるよ!

 

目の前のケーキを美味しいよー美味しいよーって食べてたら

旦那さんのデザートを分けてもらうのを忘れました。写真もない。

彼も美味しかったって、言ってました…!(精一杯のレポ)

 

鉄板焼き屋さんでの会話は難しい

 

こういうお店って、お酒を注いだりデザートを運んでくれるおねえさんや、

「わたしが担当しますよ!」って感じの鉄板の向こうのコックさんが、

話しかけてくれることがあるじゃないですか。

(呼び方はコックさん、でいいのかな…?)

 

お肉をいただいているときも、お店の方が「いかがですか?」と聞いてくれて

「美味しいです!」と本心からお返事したものの

それ以上会話が続きません…!

 

いかがですか?ニコニコ

美味しいです!ニコニコ

 

数秒間ニコニコ見つめ合った後「ごゆっくりお楽しみくださいね」とお店の方が離れてゆき

ちょっとほっとするという…。

 

こんな場に慣れたアダルトな方たちは、美味しいです!以外にも

あれこれ教養の光るお返事で会話を弾ませることができるのでしょうか…。

でも隣にいたご夫婦も同じようなもんだった…。

見本動画とかないですかね…。

 

ちなみに我々のコースには、はじめの一杯にスパークリングワインが出て

(もちろん、アルコール大丈夫?スパークリングワインでいい?という確認はあります)

その後は好きなドリンクを注文したのですが

旦那さんは日本酒を飲んでいました。

(おおたはお酒の名前を見てもよくわからないしお肉に合うといわれる赤ワインが苦手なので、はじめのスパークリングのおかわりを要求)

 

するとコックのおじさまが

「日本酒がお好きなんですか?」と

なごやかながら渋めの声で質問し会話がスタート。

 

先ほどメニューを見ながら「ここで日本酒飲んでもいいのかな?変じゃない…?」と心配していた旦那さん、

(おおたは「メニューにあるんだから、頼んでもおかしくないよ」と背中を押した)

「ええ、はい。好きなんです」とぎこちなくお返事。

 

おじさまは「お若いのに、いいですねえ。学生さんでしょう?」と衝撃の一言。

 

学生カップルが!

こんないい店来てたら!

生意気すぎてぶん殴るわーーーー!!!

 

旦那さんはびっくりしながら「いえ!社会人です…!」と答えていました。

「おやっ、それは失礼!いやいやそうでしたか…」とおじさま。

 

会話はそれで終わりました。

(おじさまはなめらかな動きで、隣のご夫婦のお料理へとスライド)

 

鉄板焼きは大好きだけれど、ときに緊張の連続です。

緊張と緩和。緊張と緩和。

若く見られるのも嬉しいけれど、そういった場にふさわしいアダルト感も身に着けたい。

そんな春の夕べ。

 

あ、あとトイレがとても清潔で、いいにおいでした。

トイレ情報は重要です。

芳香剤くさいのではなく、ふわっといいにおいがするので、安心してお使いください…!

 

おちゃめなおじさまと優しいおねえさんがいる、トイレもきれいなプレミアムポンド京都三条木屋町店。

ぜひどうぞ。

 

鴨川の近く、京都市役所前駅や三条駅からすぐですよ。

 

お肉の話ぜんぜんしてないけど、もちろん美味しいよ!当然じゃないか!

  

r.gnavi.co.jp

 

ではね |ω°)ノ