読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

結婚後の本籍地とパスポートのこと~滋賀とわたし~

f:id:ohtanoblog:20170502223535p:plain

大学の卒業旅行で使ったのを最後に、まったく出番のないまま期限が切れたパスポート。

もとから遠出を好まないインドア派だし、物騒なこのご時世。

旦那さんも海外慣れしてないタイプで、新婚旅行は国内でした。

 

よもや今後取得することはないかもなーなんて思っていたら

「海外赴任になった友人に会いにいこうツアー」の計画が持ち上がり…。

あわてて申請してきました。

 

まったくの無駄話ですが、パスポートのことは脳内で「パサポルテ」と呼んでいます。

(学生時代、第二外国語として習ったスペイン語読み。ひびきが可愛くて記憶に残った。文法など詳細はすっかり忘れた。)

 

 

滋賀とわたし

 

説明はあとにして、まぁ見てくれ。

 

f:id:ohtanoblog:20170502224335j:plain

 

 

気がついたかな?

 

 

f:id:ohtanoblog:20170502224404j:plain

 

 

「SHIGA」

 

 

ちゅらい…ちゅらいよママ…。

 

滋賀出身の方、現在滋賀で楽しくお住まいの方、たくさんご覧になっているとは思うのですが

 

いやあ…この気持ちはなんともしがたい…。

免許証を書き換えたときにも思ったけれど。パスポートの方が破壊力がある。

 

滋賀が悪いわけじゃないのよ、うん、でもなんていうか、うん。

 

「KANAGAWA」が懐かしいの。望郷。

 

それか、KYOTOなら格好良かったのになぁとは思った。

京都駅から家まで30分なんだから、ここはもう京都じゃなかろうか?

ということは、新横浜駅から3時間以内で家に着けるとしたら、ここはもう神奈川なんじゃなかろうか?

 

んなわけねーーよ!

 

おおたは以前、ある友人に「〇〇ちゃん覚えてる?あの子、今NYにいるんだって!」と言われて

 

「はー?わたしなんて今、SGだけどね」と返したことがあります。

 

ShiGaだよ!!

 

姉が結婚相談所に入会する際、こんなの提出するんだよ~と申込書を見せてくれました。

家族情報について記入欄があり、

「おおた/妹/〇歳/大卒/既婚/主婦/滋賀県」と書いていた姉。

 

滋賀か…という思いにはふたをして「へー。家族の最終学歴や職業まで書くんだねえ」とコメントしていると

「滋賀県、なんて初めて書いた笑」と言われました。

 

縁もゆかりもねぇよなあ!!

 

先日、お呼ばれした結婚式二次会で元カレに会いました。

いま、滋賀で働いてるって言ってた。

そっかそっか~、じゃぁもし万が一この人とうまくいってても、わたしは滋賀に住んでたわけね。

 

前世の因縁か何かか!!!

 

そもそも本籍地を決めるとき

 

あんまり深くは考えてなかったけどさ。

とりあえず必要なときすぐ役所で書類がもらえるほうがいいし、滋賀に住むなら滋賀に籍を置こう、ということになったわけ。

(もしかしたらこのまま滋賀で死ぬのかもしれないし。やだ帰りたい。)

 

引っ越しをしたら、またその先の住所に籍をうつすことになるのかな。

元銀行員としては、相続の時に子や孫が面倒くさいだろうなと思ったけど、まぁそれはまだ先の話だから見ないふりしよう。

 

(生まれてから死ぬまで、籍があった全部の役所の戸籍謄本を持ってくるようお願いすることがある。

金額が大きかったり、投資商品を持ってたり、貸金庫を契約してたりする場合。

びんぼうならそこまでの書類は必要ないことが多い。)

 

まぁなんにしろ、「本籍地」って、アイデンティティを感じる響きじゃない。

ふだん「本籍地はどちら?」なんて会話に出ることはないし、要は書類上だけのことではあるけれど、アイデンティティだと思うのよ。

 

でね、婚姻届けに、これからの本籍地をどーします?って記入欄があるわけ。

 

新居に合わせたり、どちらかの実家にしたり、いろいろね。

 

いろいろというのはつまり、まったく関係のない土地でもいいってこと。

大好きなディズニーランドにするとか

絶対変わらないからと皇居にしたりとか

そういうカップルもいるらしいわよ。

 

で、婚姻届けを書く前に、考えたわけ。

 

KANAGAWAから離れたくない…。

 

新居に合わせたらSHIGAに。 

旦那の実家に合わせたらSAITAMAになってしまう…どっちもやだ…。

かといって、婿入りでもないのに嫁の実家に本籍をおこうなんて、わたしにはとても提案できない。

 

そうだ!(ピコーン!)

 

二人の出会った場所として、大学キャンパスの住所にすればいいのでは!?

 

新婚にふさわしい、思い出の地という平等な選抜理由!

わたしたちが死ぬまではキャンパスがあり続けるだろうという永続性!

おおたの実家と同じ町だから(学年が上がってキャンパスが変わるまで、徒歩通学してたんだぜ)、書類が欲しいときには親に頼める利便性!

何より住所がKANAGAWAだ!!!

 

完璧!完璧だよ先生!!

 

ということで、当時うきうきで旦那さんに提案。

 

まぁさんざん書いている事実の通り「住むところに合わせるのが、一番いいじゃん」と言われあえなく却下。

 

真面目かよ。

 

 

 

ではね |ω°)ノ