横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

奥様は、取り扱い注意 初回感想(2017年10月ドラマ)

f:id:ohtanoblog:20171006215337p:plain

番組名ちゃんと見ながらタイトル書いて「あ、ここで区切るんだ…」と気づいたおおたです。

毎度恒例、ドラマ感想文です。

気になったものだけ見て、気が向いたものについてだけ好き勝手に書いています。

 

初回だし今のところただの勧善懲悪方式のようですからネタバレというほどではないと思うのですが、

なんでも書くので未視聴者さんは一応注意。

 

こちらはただの感想文なので、きちんと詳細を知りたい方は公式へ。

 

 

 

主要キャストやらスタッフ

 

主演は綾瀬はるかたん。

見るたびに「綾瀬はるかって、可愛いかなあ?…あー、可愛いか」と思う。

ドラマ冒頭で変な髪型にされてたときは怪しかったけど、大丈夫だった。

おっぱいあるし。

 

綾瀬たんの夫役は西島秀俊。

西島さんがカギを出して「さ、(家に)入ろっか!」というシーンがあったんだけど、

近頃はカギがどうこう言っている車のCMでお見かけしていたので「カギ、小っさ!」と思ってしまった。

西島さんがふつうのカギを持っていて安心した。

 

綾瀬家の両隣の奥様が、広末涼子と本田翼。

あら珍しく広末さんがバラエティに、と思ったらこれの番宣だった。

広末さんはセレブ妻の雰囲気あるけど、翼たんは吉祥寺ひとり暮らしって感じがする。

(翼たんのドラマ内ファッションも、ラフおしゃな感じなんだもん…)

 

そして原案・脚本は金城一紀。

見たことある名前だな?と思ったら、まだおおたの記憶に新しい「CRISIS」の人だった。

 

(過去記事)

人は見た目が100%・架空OL日記・CRISIS 初回感想(2017年4月ドラマ)

人は見た目が100%・架空OL日記・CRISIS 最終回感想(2017年4月ドラマ)

 

SPとかBORDERの人でもある。おおたは見てませんけど。

CRISISは最終回ポカンだったから、これはちゃんとまとまって終わるといいなー。

 

お話の中身と感想

 

どうやら「元スパイだか秘密諜報員だかの綾瀬たんが、もうこの仕事やめたいわーって死んだふりして戸籍偽って別人になりすまして主婦になって、

スパイ時代の腕っぷしでご近所の問題を解決していくお話」のようです。

 

お茶会テーブルで綾瀬たんがにんまりしているスポットCMしか予備知識がない状態だったので、まさかこんな話だったとは。

 

すげー設定だなと思う反面、もうなんでもありかな?という気持ちになって細かいところは気にならない。

 

ただ一つ気になったことを言えば、あるシーンの効果音?の使い方だけ。

今回はDVに悩むご近所の奥様(ゲスト女優・倉科カナ)を救う!という筋だったのだけど、

おおたが気になったのは

「かたくなにDVされているのを認めなかった奥様がついに助けを求めてくれた…自ら服を脱いで見せてくれたのは、想像以上の痣、痣、痣…」

というシリアスで痛ましいシーン。

 

なんと効果音は、

 

痣だらけバストアップ「ぱーん!」

痣だらけ右腕「だーん!」

痣だらけ左腕「…どーん!」

 

んんん…。

ちょっと違う…。

(服脱ぎ出すからサービスシーンかと思いきや、なんか変なインナーだったのも気になるし…いや余計なところに目がいっちゃうとアレだからそれはいいけども…。)

 

ぱーん!だーん!…どーん!は、あれです、なんか、

探偵モノで「真犯人は…」ってタメてるときに関係者ひとりひとりがアップになるような、そんな音です。

さいご「…どーん!」ってちょっとタメたのもなんかムカつく。

 

あそこはむしろ、無音ぐらいの方が悲痛さが伝わったのではなかろうか。

ときには引き算の演出をよろしく頼む。(偉そう)

 

あと、途中まではけっこう奥様仲間3人で行動してて、

広末たんが「DVに詳しい知り合いがいないか当たってみる」と言ったときには

たしかに、こんなセレブ妻コミュニティなら弁護士の知り合いぐらい居るよなぁなんて思ってたけど

最終的には綾瀬たんが腕っぷしで解決する方向だった。

みんなで知恵やコネを活かして戦う方式かと思ったら…「わたしが助けてあげる。みんなには内緒ねっ」とまさかの単独行動!!

 

ま、いいんですけどね!

勧善懲悪スタイルで、毎回ぶっつぶしてくれるならそれはそれで!

もうちょっとスパイ的というか、腕っぷしだけじゃないエピソードも増えたら楽しいな?と思うけど!それはそれで!

 

あ、グレープフルーツ超怖かったです。

DV界では常識なんでしょうか…悪賢すぎる…。

気になった方は是非本編を…こわいよぉ…。

倉科さん、たまたま元気な役ばっかり見てきたけど

今回すごくよかったです。ただの可愛い枠じゃなくて、演技派女優さんだったんだなあ。

何より倉科さんを見直した回だった。

そして倉科マダムの服のテイストどれも好みだった。

 

そういえば西島さんは今回、

ただいまー!って帰ってきて

ごはん済ませてきちゃった!って言って

おやすみ!って寝るばっかりでしたけど

たぶんタダ者じゃないんだろうなあ…綾瀬たんの過去を知る同業者かな?

…とさんざん思わせておいて、ほんとにただの夫だったら一番面白いけど。

 

お隣さんにお料理教室誘われたんだーって言う綾瀬たんに

「いいんじゃない?引っ越してまだ友達ができてないみたいだから、実は心配してたんだ」って返すシーンまじいい旦那さんでした。

帰ってきて寝るだけじゃなくて、のん気を装いつつ必要な時にいい塩梅でアドバイスしてくれる西島氏すてき。

やはりタダ者ではない。

 

綾瀬たんの「わたしが助けてあげようか?」は、もしかして決め台詞になるんだろうか。

あそこで音楽盛り上がる感じはわくわくできた。

(なんか文字にすると偉そうなフレーズなんだけど、

自分が元秘密諜報員のスーパーウーマンであることを前提にした「任せてくれるなら100パー解決しまっせ」という頼もしすぎる台詞。冷静な言い方もGOOD。)

決め台詞きたか!?とわくわくしたのに次回からあっさり言わなくなったら寂しいから、安直でも毎回言ってほしい。

(でも今回は、DV夫にも「僕が助けてあげようか?」って言わせてたからなあ…その対比だけって可能性もあるなあ…)

 

 

なんでもあり設定だから細かいことは気にならない!と言っておきながら

わりと細かいところまで言いました。

たぶんもっと細かいことも言えるけど、

個人的にどうしてもつっこみたいところ(ぱーん!だーん!…どーん!)と、

つっこまなくてもいいかなぁと思うところ(まずは一時避難で家に泊めてやれとか、DV夫を警察に突き出すべきとか)があるよね~。

 

とりあえずおおたは気に入りました。

どこが?と言われるとうまく言えないのですが、ひとまず視聴継続です。

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

(そのほかとっちらかったドラマ感想はこちら)

あれこれの感想文-ドラマ カテゴリーの記事一覧