横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

結婚して初めての「母の日」

f:id:ohtanoblog:20170513134757p:plain

あしたの日曜日は母の日ですね。

どこのお店に行っても母の日コーナー、ネットを見ても母の日広告、あっちでもこっちでも巨大戦線がしかれております。

 

おおたとしては、結婚後初の「母の日」となりました。

 

 

やらなきゃダメよね…?

 

結婚したんだから、お義母さんにもなにかしなくちゃダメなのよね…!?ということで、

ちょっと早めからどうしようかなあと考えておりました。

 

「結婚してから初」とはいうものの、昨年もすでに婚約中。

前回はGWに滋賀から帰省していた彼とデート中にプレゼントを購入し

「お義母さんに渡してね…!」と託しました。

 

(正確にはデートというより、結婚式の衣装選びとかで連れまわしていた。

そういうのはこれからサブブログに書きたいけど一か月放置している情けない現状。)

 

そのときに買ったのは、ロクシタンのプチギフトセット。

 

 

 

ロクシタンのハンドクリームは実用的だし…!

消えものだからお邪魔になることもないし…!

香りが好みじゃなければ(一応彼に聞きながら買ったけどあてにならない)妹ちゃんにでもゆずってくれるだろうと…!

 

まだ正式には嫁じゃないから、大げさじゃないものがいいなぁと考えていたので

お値段的にもGOODでした。

 

それにしてもこういうのって、難しいです。

あまり凝りすぎても「あの女、私に取り入ろうとして頑張っちゃって」と思われるかもしれないし

かといって何もしないと「気の利かない嫁だわ」と失望させそうだし。

 

(今までの印象では、わりとラフなお義母さんだし、旦那さんとは親離れも子離れもできた関係で、

こういうことをおっしゃるタイプには見えないけどね)

 

わたしたちの場合「ふだん会えないから、こういうイベントくらいはちゃんとやっておこう」というのもありますね。

 

で、今年は?

 

GWに実家へ行ってきたので、そこでプレゼントを渡してきました。

ちょっと早いけど、当月中に訪れるなら顔を見て贈る方がいいかなぁと。

 

で「少なくとも大ハズレにはならない」ということで、お花にしようと計画。

 

東京駅で新幹線を降りてから、埼玉の実家へ行く途中の乗り換え駅でお花屋さん探し。

アレンジメントがいいなぁとイメージしてました。

 

駅前すぐにもお店はあったのだけど、

「母の日アレンジメント」として並んでいたのが、なんだかイメージ通りではなく…。

お花が高いというのは分かっていたけれど、どうも値段の割にしょぼい気がして。

カーネーションの鉢植えは安いしボリュームもあったけど、

鉢植えは嫌だったし…。

(その後も場所をとるから、自分だったら嫌だなぁという基準)

 

で、そんならいっそ買いたくない!と決断。

 

「お菓子にしようか?」と旦那さんに告げて、デパートをうろうろ。

どこも「おかあさんいつもありがとう」やら「THANKS MOTHER'S DAY」やらのカードをつけたラッピングをしてくれるようだけど

どれもピンとこず…。

 

そもそも、手土産に八ツ橋(滋賀のお菓子ではない)買ってきちゃったし。

ダブルお菓子になっちゃうじゃん。なにそれ芸がなさすぎない?

コーヒーやお紅茶、お酒なんかも見たし、旦那さんは「なんでも喜ぶと思うよ~」と言うけれど

 

だめだ!やはり今回は花でなければ!!と再決断。

 

これまた駅からすぐ、別のショッピングビルにお花屋さんが入っていることを調べて急行。

(こういうとき、都会は選択肢がたくさんあって素敵

 

そちらには、思っていた予算より少し高くなったけど

「そうそう、こんな感じ!」と求めていたアレンジメントの見本がありました。

 

母の日用ですと告げて、さっそく作っていただくことに。

別売りの造花プードルちゃんもつけてもらったよ!

お義母さんがこういう可愛いの好きなの、知ってるんだなふふふ。

 

見本はカラフルにしてますけど、何色系かご指定ありますか?と聞かれたので

とりあえずピンク系で作ってもらった。

 

その間、旦那くんから「おおたのお母さんの分はいいの?」と質問が。

(この日は埼玉でランチをご一緒して、夕方には自分だけ横浜の実家に帰るというスケジュールにしていた。)

 

毎年お姉ちゃんと共同で何かしていたからまたそうすると思っていたけれど、

たしかに、わたしが彼の母親になにかしなければ!と思うのと同じで

うちの親にも、旦那くんとおおたからだよんと渡せるプレゼントがあった方がいいのか…!と気づかされた。

 

まったくうっかりである。

お店のおねえさんに、あわてて追加注文。

 

お義母さんにはピンク系を、うちの母にはイエロー系を中心に。

お金は旦那さんと半分ずつ出しました。

 

納得の仕上がりで、非常に満足。

駅前の花屋の、足元を見た価格に屈しないで本当によかった。

 

「ああよかった~!よかったね~!」と(わたしだけ)言いながら、乗り換えのため、また駅へ。

私鉄の改札入ったところにも、けっこう賑やかな花屋があった。

 

うそだろ…。

花だの菓子だの迷いに迷って、けっこうウロウロしてたのに…。

都会は選択肢がたくさんあっていいよね…。

 

悔しいから値段とかあんまり見ないようにして通り過ぎた。

いや、満足は満足よ。

ショッピングビルのポイントも貯まったしさ…。

 

(うちに持って帰った方。プードルちゃんは+420円の別売りだったけど、好評だったのでよし!)

f:id:ohtanoblog:20170513150650j:plain

  

喜んでもらえました

  

だいぶフライングだったし、母の日にお花というのもベタすぎですが、

喜んでいただけたようです…!

 

わたしが帰ってから「花の写真撮って妹(海外にいる)に送ってたよ」と旦那さんが教えてくれたので

たしかに喜んでくれたはず…!

 

内容が「見て!嫁が張り切って花持ってきた!ベタすぎわろたww」でないことを祈ります。

(いやほんと、そんなお義母さんには見えないよ!見えないけど、一応最悪の場合の想定もね。)

 

あと、びっくりするくらい喜んでくれたのがうちの母。

 

「お花だ!かわいい!!」

「そうだよ~。むこうのお義母さんにはピンクで、お母さんには黄色にしたの~」

「きいろ!!」

 

ここ最近はお姉ちゃんと3人で映画+食事にお出かけ、なんてのが続いていたから、

改めて「プレゼント」という形式が響いたのかな?と思ったら

 

「わたし、黄色が一番好きなのよ!知ってたの!?」と予想外の答え。

 

正直知らんかった…! 

 

 

ではね |ω°)ノ