横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

シンガポール旅行◇セントーサ島「LeBar」のアフタヌーンティーでよい気分

f:id:ohtanoblog:20171001151921p:plain

平和なネタで記事を書きたくなったので。

不定期更新、シンガポールの思い出編。

 

SG旅行(6月)の話、まだ終わってなかったのかよ!と突っ込まれても仕方のない時差なんだけど、

いやなんか、おおたはばばーっと文字を書くのが好きだから、

記事にするならやっぱり写真載せたいなあとか、旅行シリーズの過去リンクをちゃんと貼らないととか思うと、筆が遠のいてしまうのです…。

でも楽しい旅行だったから、遅れても記録は残しておきたい。

 

(これまでのシンガポール旅行記はこちら)

近況報告と、旅行にいってきます宣言

シンガポール航空のCAさんコスプレをした

ボタニック・ガーデン(シンガポール植物園)に行ったよ

マリーナベイサンズ最上階Spagoでディナー

生まれて初めてカジノに行った

 

 

セントーサ島

 

シンガポールの南の方にある島です。

ショッピングできる場所があったり、USS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)があったり、ビーチがあったり、カジノもあるし、とにかくリゾート感満載の愉快な島という認識です。

 

(前回の旅行時はUSSにも行きました。とても楽しかったです!!)

 

島ですが、船じゃなくても行けます。

おおたたちはタクシーで移動しました。

(日本でも、このくらい気軽にタクシーに乗りたい)

 

ちなみに、現地に暮らす友人があふれるおもてなし精神でお店を探し予約を済ませ、

タクシー運転手に行先を告げるところまでぜーんぶしてくれたので

おおたはどこに行くかよく分からないままついて行ってただけ☆

 

もちろん(~お店の名前~)というところに行くよ!と会話の中で教えてはくれたんだけど、今日まではっきり覚えているはずもなく…。

 

ただそれではブログとして適当すぎるので、わたしの曖昧な記憶と巧みな検索力によって、それっぽいお店をつきとめました。

もし間違ってたらごめん、でも特徴的なアフタヌーンティーだったからたぶん合ってる。

 

「LeBar」のアフタヌーンティー

 

で、それが「LeBar」。

www.sofitel-singapore-sentosa.com

 

Sofitelというホテルの中に入ってます。

上の公式サイトでもご覧いただけますが、こーんな感じの雰囲気。

 

f:id:ohtanoblog:20171001155747j:plain

 

おしゃれかつ、なんだか可愛いかんじがたまりません。

全面お庭と接する開放的な空間で、お天気だとそよそよやわらかい風が吹いてきましたよ。

ここでお昼寝ができたら最高!

(※実際には寝てません)

 

そしてお庭で放し飼いにされているクジャクもホテルの売りの一つ。

建物の中を歩くこともあるらしく、お茶会に来てはくれないかとわくわくしていた。

が、あいにく彼らの参加はかなわず。

でも少し離れたところに、一羽だけ見つけました。

 

でそんなこんなしつつ、メニューのお紅茶を選んで待機。

TWGのものから選べます。

紅茶の銘柄と解説が書いてありましたがもちろんおおたはろくに英語を読めないので

「なんか甘そうだから好きな味だろう!」と雑に選んだNapoleonをいただきました。

 

なんて書いてあったのか思い出せないのでTWGの公式サイトを見に行ったところ、そうそうこんなん書いてあったわ!という紹介文が。

 

This tea of destiny combines a high quality black tea with a sophisticated TWG Tea blend of sweet French spices with a hint of vanilla, giving a most extraordinary and fully developed aroma. A tea of sensual warmth and sweetness.

 

sweetだのvanillaだのが書いてあり、締めにもう一度sweetnessとあるところに「絶対甘いに違いない!」という安心感があります。

(思えば受験時代の長文読解も、だいたいこんな調子でやっていた気がする。)

 

(引用したTWG公式サイトはこちら)

twgtea.com

 

おおたの想像通り、Napoleon Teaは甘くておいしかったです♡

そして雰囲気込みもありましょうが、丁寧で上質な味(に感じる)。

 

でもポット夫人じゃなくて、鉄瓶で運ばれてきたときは驚いた。

 

(これ!)

f:id:ohtanoblog:20171001163648j:plain

ギャップはありますが、中身はちゃんとお紅茶でした。

 

そしてアフタヌーンティーの楽しみと言えば、紅茶そのものはもちろんのこと、

おしゃれで美味しいお菓子たち!

 

わくわくしながら待っていると、さっき鉄瓶を運んでくれたおねえさんが、今度は黒い箱を抱えてやってきた。

そしてそっとわたしたちの席のサイドテーブルへ箱を置き…

 

(ぱっかーん!)

f:id:ohtanoblog:20171001163835j:plain

しゅ、しゅごーい!!

 

アフタヌーンティーといえば、あの段々のお皿?がイメージしやすいですが、まさかこんな風に出てくるなんて。

怪しげなブラックBOXから夢のようなお菓子がでてきただけで驚きなのに、

なんと箱内部のエッフェル塔のかざりはオルゴール。

箱を開けると塔がくるくる回りながら「エリーゼのために」を響かせるという仕掛けまで。

なんという…!なんというお愉しみBOX…!!

気分は少女です。アフタヌーンティーを嗜む上流階級の少女です。(とにかくよい気分、ということ)

 

2人で1BOX(われわれは4人で訪れたので2BOX)をいただきましたよ。

 

べつに旅行ブログでもなければグルメ番組でもないので非常に月並みな事を言いますが、

全部おいしかったです。

 

そしておおたは意地もあり、半分こで自分に与えられた分はすべていただいたのですが

けっこう苦しいです。

ひとつひとつは可愛らしいサイズなのですが、トータルするとけっこうな量。

もしも行く予定の方がいらっしゃれば、ただのおやつでしょ?とナメてかからず、ぜひ空腹でのぞみましょう。

 

お店の方の感じもよくて、とても幸せな時間でした。

飛行機に乗らずに済むならまた行きたい。

 

ではね |ω°)ノ

 

(そのほかシンガポール旅行についてはこちら)

あれこれの感想文-シンガポール カテゴリーの記事一覧