横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

わがやの家計のはなし(さっくり)

f:id:ohtanoblog:20170413120917p:plain

家計簿公開!なんてきちんとしたエントリーではありません。

おおたがまじめに家計簿つけてると思います?ふふ。

 

現状把握の意味も込めて、わがやのやり方をさっくり書きます。

ほかの若いご夫婦の参考になるかもしれないし、うちより下がいると安心できるかもしれないし、ただへぇと思うだけかもしれませんがどうぞ。

 

 

旦那さんがいくらもらってるのか知らない

 

このあいだのと、その前のエントリーと今回を合わせて、おそらく後世の方が「おおたのぷー主婦三部作」と呼ぶことになると思うのですが

それらに書いた通り、現在のおおた家の生活費は旦那さんのお給料でまかなわれています。

 

(これとこれ) 


ところがどっこい「旦那さんがいくらもらっているのか正確に知らない」という事実。

これでいいのかだめなのか…いや、だいたいは知ってるけどね?

給与明細見せて!とか、毎月口座をチェック!とかしてない。

とりあえず今はいいかなと思っている…。

 

ちなみに旦那さんも、おおたと同い年の20代半ば。

院卒ということもあって、まだ若手と言われる社員歴です。

客観的に見れば、専業主婦を養うにはけっこうキツイ給料のはず…!

 

FP保有者として、おおた家まじやばいと思う…。へへ…行き当たりばったり…。

 

「おこづかい制」ではない

 

元銀行員のぷー主婦。

財布はがっつりおおたが握ってるの?と友人に聞かれますが、答えはNOです。

いわゆる「お小遣い制」にすることも可能ですが、そうはしませんでした。

 

これは成り行きとか、やりそびれたというわけではなく、

「うちではそういうのやめよう」と思っていた。

 

寂しいサラリーマンになってほしくないし、わたしがぷーしてる間に

彼が一生懸命稼いでくれたお金だし。

(もしもこの先、子どもができたら見直す可能性もあるけれど)

 

要因には「うちの人なら放っておいても大丈夫だろう」という安心感もあります。

よくわからない専門資格のために、高いテキストを買ったりはしてるけど…まぁ投資だし、無駄遣いじゃないよね。

ほかにお金のかかる趣味もないし、会社の飲み会も少ないし。

 

家庭のためのあらゆる費用を差し引いて、残った分はあなたのお金ですというシステム。

 

(旦那さんの資格大好きエピソードはこれ)

 

じゃぁ生活費はどのくらい?

 

これまたちゃんと把握してないんですけど(!)

 

たぶん、家賃が8.5万円でー

光熱費が合わせて2万円くらいでー

通信費が1万円ちょっとでしょー

食費と雑費で3万円…

 

ベースが14.5~15万円くらいかな?

 

家賃などは旦那さんの口座から引かれて

食費雑費の3万円は、月初めに現金でわたしに手渡されます。

 

家賃

2LDKに住んでます。

造りは、隣人から生活音がうるさいという呪いの手紙が投げ込まれるレベルの小型マンションなのですが。

 

うちが特別うるさいわけじゃなくて、造りがペラいんだと思う。

玄関のドアの音で隣の人帰ってきたんだなーってわかるし

あぁ掃除機かけてるなーとか、洗濯機まわしてるなーとか、聞こえる。

お互い様と思って、平和にやっていきたいですけどね!!

 

(隣人トラブルに怒り狂った記事はこちら) 

 

見た目はきれいで、築浅で、この広さ。

都内や横浜で借りようとしたら10万以上絶対かかるなぁと思う。

 

田舎は物価安いんじゃない?と聞かれても毎回否定してるけど、

家賃はやっぱり安い。

うちは車ないけど、駐車場代も安いみたい。

 

光熱費

電気・ガス・水道合わせての値段。

うちはプロパンガスなので、とにかくガス代が高いです。

プロパンの賃貸物件はその分家賃が安くなってるっていうけど、今後引っ越すときには都市ガスの家に住みたい。

食器洗うのにもお湯を出してたけど、これからは水でできるだろうから…

1万円台に収まるとうれしいなあ。

 

通信費

うちは二人とも、実家のころからドコモです。

お義父様が代表のファミリーにおおたが加わって、家族割になってます。

夫婦二人分で1万円くらい。

 

それプラス、おうちでwifi使うのにソフトバンク光が入ってる。

なんでドコモ族なのにソフトバンクにしたのか謎だけど、旦那さんにぜーんぶ任せたから分からない。

安かった、と言ってたからまぁいいや。

3000円くらい。だったかな?

 

食費・雑費

食費と雑費3万、と書きましたが

「わたしが買い物する分を3万円におさめる」というイメージ。

 

食費というのは「自炊用の食材」のこと。

雑費というのは「トイレットペーパーや洗剤など」のこと。

 

まぁ二人暮らしで生活費3万、ちょっと節約めだけど普通じゃない?と思われるかもしれませんが

ちょっとズルしてます。

 

まず、旦那さんのお昼ご飯。

会社に届けてくれる仕出し弁当を独身時代から注文していたそうなので、それを続けてもらってます。

お安くて量があって野菜も入ってるなら…それでいいじゃん!

たまに偉いおじさんとラーメンを食べに行くイベントもあるらしいし、愛妻弁当ない方が気楽でしょ?と提案。

仕出し弁当の代金は給料天引きで、「食費3万」には含んでません。

 

それから外食は、今までのデートのように旦那さんが自分のお財布から出してくれます。

これも「食費3万」の計算には入れず。

 

ね。ズルいでしょ。

これで「おこづかい制」にしたら、可哀想でしょ。

 

貯蓄分

 

生活費として支出する分に加えて、

同棲カップルや新婚夫婦によくある「共同口座」に入金している分もあります。

 

結婚〇周年の旅行を目指してとか、車を買おうとか、

マイホーム建てようとか、いやいつか迎える子供のためにとか、

それぞれ目的があると思いますが

おおた家の共同口座の資金使途は、いまのところ未定です。

 

これぐらいの金額は最低、手を付けずにおこうね!

いつか何かに使おうね!という、さっくりしたスタートです。

 

ちなみに金額は、旦那さんのお給料から2万。

働いても働かずとも、わたしからも1万。

 

月3万…!

12か月貯めても、36万…!(すくなっ)

 

すくなっ!て思うでしょ。

 

じゃぁせめて、ボーナス月は増額か、まるっと貯金しちゃえば?なんて思うじゃん?

旦那さんの会社、ボーナスないよ…!ないよ…!ないよ…!(エコー)

 

いやなんかほんと、改めて見るといろいろ大丈夫?って感じですけど。

 

なんとかやってます☆!

 

あと、独身時代からの各々の貯金がわりとある。

二人とも地味目な生活してましたからね。わたしはずっと実家にいたし。

驚かれるほど多い!というわけじゃないだろうけど、まわりにはびっくりするくらい貯金がない友人もいるから

わたしって真面目に貯めた方だなと思う。

 

結婚式の費用や、新居の家具家電も、親が喜んで出してくれて

ほぼ貯金を減らさずにスタートがきれたのも助かりました。

 

そして「生活費と共同貯蓄を引いて余った分は、各々好きにしていい」というルールのもと

結局は自分たちの口座にお金が貯まってるからいいやと思ってる。

 

旦那さんの基本給があがったり、ボーナスが出るようになったりしたら

共同貯蓄分を増額したいですけどねー!

 

ぷー主婦の話に戻る

 

ぷー主婦だけど、なんとなく共同貯蓄には参加してます。

あとNHK代はおおたが出してます。

(見る人だけ払えばいいじゃん、というわたしの思想を家庭内にも反映させた結果)

 

不定期派遣バイターですが、とりあえず毎月1万3千円くらいは稼がなければ

(おおた個人として)赤字です。

横浜へ帰る新幹線代も必要です。

預金残高があっても、赤字は赤字です…!

 

あるとき旦那さんに「ねえ、おおたにお小遣いってあげた方がいいの?」と言われました。

逆…!

なんか奥さんがお小遣いをもらうってイメージと逆だけど、

働いてる人間が働いてない人間にお小遣いを出すという流れはたしかに正しい…!

 

新婚生活も半年過ぎて、むしろわたしが単発で働き始めたころだったので

たいへん驚きました。

「え!なんで!?いらないよ!」とお返事。

 

むしろそんなに余裕があるの?貯蓄分増額してもいいの?と聞いたら

いやそれはちがう、と言われた。

 

新幹線代とNHK代は、わたしが自分でなんとかするぜぇ。

(バイトだけどね…!)

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

*おおたのぷー主婦三部作、のこりはこちら*