横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

わがやの家事分担のはなし

f:id:ohtanoblog:20170412143447p:plain

主婦ブログではよくあるネタですが、今回は家事分担の話など。

 

 

ぷー主婦だから、ほぼわたしだけどね

 

そう。「分担」と言っても、ほとんどわたしがやっています。

不満だ!という意味で書いているわけではありません。

なんせぷー主婦として、家に引きこもってますからね。

家事すらもやらないとなると、「ぷー主婦」どころかただの「ぷー」。

どうやって家庭に貢献するのって話です。

 

先日、母が遊びに来た時に

「旦那くんのお給料だけで暮らすの心配だけど、あんたが家のことちゃんとやって、

彼がお仕事やお勉強に集中できるのも大事だよね」と言われて

そうだよねー!と思えた。

(自分に甘く、家計に厳しい納得であることは否めない) 

 

ということで、食事の準備・片付け、掃除、洗濯、食糧や日用品の買い物などなどをおおたが担当しております。

 

土日に一緒にお買い物に行くこともあるし、

たまに食器を洗ってくれることなんかもありますが、基本はおおた。

 

明確に「旦那さん担当」となっているのは、日々のお風呂準備とゴミ出し。

 

これだけはやってよ!と頼んだわけではありませんが

いつのまにかそういう感じになりました。

 

お風呂は同居開始当初に

「追い炊きになったらもったいないし、旦那さんが帰ってから準備しよ~」なんて言ってる間に彼が帰ってきちゃって

「じゃぁ俺が洗うよ!」と何度かやってくれることが続いたから

なんとなく担当になった。

 

それ以来、わたしは日中どんなに時間があっても、お風呂掃除はしていない。

いやあ…ぷー主婦としては、お風呂まで完璧にやるべきなんだけど。

旦那さんの家庭への貢献感もだいじっていうか。ねえ?

(旦那さんの帰りが遅いって連絡が来た日なんかは自分で洗って、先に入ったりする)

 

そしてゴミ出し。

これも、朝旦那さんを見送るときに「これ持ってって~」と何度かお願いしたら

渡す前から、彼が自分でゴミ袋をまとめてくれるようになった…!

(燃えるゴミの日なら、キッチンとリビングと~…と家中のゴミを収集)

燃えるゴミの日は、確実に覚えてくれた様子。ありがたい。

 

ぷー主婦だから維持できる

 

さっきからぷーぷーぷーぷー、クリストファーロビンかよって感じですが

(くまのプーさんに出てくる、あの人間の男の子)

 

この家事負担割合と現状の維持は、わたしが専業主婦だから出来ていること。

 

もう少し言えば、洗濯を毎日するとか、掃除機を毎日かけるとか、

外食や総菜に頼らず自炊するとか…ができるのは、専業だからだよなぁと。

 

共働きだとマメに掃除なんてできないでしょわたしの家の方がきれいよふふん、という意味ではなくて

元来めんどうくさがりのわたしがフルタイムで働いてたら、家ん中ぐっちゃぐちゃだろうなあと思う。

独り暮らし時代の部屋を思い返すと、旦那さんも掃除は得意じゃなさそうだし…。

疲れて帰ったあと…とか、たまの休みの土日に…とか、やる気にならないよ。

で、部屋が汚れて自己嫌悪に陥りそう。汚部屋はいかん。

 

実家がじゅうたんだったから、今のフローリングの床はすごく髪の毛が目立って気になってしまう。

よく動物を飼うと抜け毛が大変!なんて聞くけど、人間だって同じだね。

今どきのフローリングは白に近い明るい色で、ますます抜け毛やゴミも目立つ。

 

洗濯も、最初のころ「毎日しなくてもいいんじゃないの?」と旦那さんにも言われたし

二人暮らしなんだからちょっとためてもたいした量ではないんだけれど

なにしろ干す場所(ベランダ)が狭い!

バスタオルなんかで場所をとると、すぐいっぱいになっちゃう。

だからうちでは、マメな洗濯が理想。

 

洗濯機も掃除機も、朝や夜に使うとクレームつけてくる怖い人がいるっていうし

平日昼間にのびのびやれるのはいいことだなぁと思う。

 

ごはんも「自炊が絶対エライ教」というわけではない。

でもやっぱり、適度に取り入れるのはいいけれど「基本は自炊」がいいよね?とは思っている。

 

たまに外で働くと身にしみる

 

昨日の記事に書いたように、最近たまに外でお仕事をしています。

 


単発の案件によってまちまちだけれど、このあいだ20時終了という仕事があった。

 

さらに仕事場から帰るまでの時間もかかる。

旦那さんの方が早く家に着くだろうし、わたしが帰ってからご飯を作るんじゃ

夕食というよりもはやお夜食…。

 

「今度3日間だけ、夜遅くまでの仕事するんだけどさー」と話したときに

「え、そしたら俺の方が早い?何か作って待つ?」と言ってくれた旦那さんだけれど

「じゃぁ何が作れるの?旦那くんのメニューに合わせて買い物しとこうか?」と言ったら

「うーん」と考え込んで話が進まなかったので遠慮した。

 

一日だけ、ご飯を予約モードで炊いておいて、チルドのハンバーグと、お惣菜パックのサラダを置いて

あっためて食べてね~という方式をとった日があったけれど

あとの2日は各自外食に。

(おおたは学食を利用した。夜も学食をやってるなんて優秀な大学だ。

旦那さんはよろこんでマックを食べていた。)

 

単発バイトということで、3日間だけだから応急処置的にやりすごしたけど

共働きの人なんて、仕事が20時に終わってそれから帰宅…なんてよくあることだよね?

みんなよくやってるなあ、と思う。

早く帰った方が食事の準備をする、というのが、一番合理的なんでしょうね。

 

うちの旦那さんも、大人だし、きちんと材料や手順を伝えればできなくはないでしょうが…。

 

わたしがちょっとだけ体調不良の時に

「ごはんかわりに作って~。肉じゃが作ろうと思って買ってあるからやって~」と言ってみたら

「え、ええー?…わかった!何からすればいい?」と言われて面倒くさくなって自分で作っちゃったことがある。

やさしい人だからね。

お願いして、きちんと手順を示せばやってくれると思うんだけど。

 

ちなみに、その後本気の体調不良がきたときは

彼が帰る前に「何か食糧を買ってきてほしい」とラインでお願いしました。

仕事がおわったときに電話が来て「だいじょうぶ?おかず買っていくね。何が食べたい?」と聞いてくれたので

「なんでも…なんか、からだにやさしい味の…お弁当とか…」と言ったら

「え!?お弁当!?おかずだけ買うんじゃないの?」と返されたので

「わかった…白米はなんとか用意するから…おかずの総菜でも…」とお願いした。

 

なんでお弁当頼んだらびっくりされたんだろう…素直にお弁当頼めばよかった…と後悔しながら、げろげろしつつ白米を炊いた。

彼は焼き魚とサラダを買ってきてくれました。

その日は食器の片づけまで全部やってくれた。

 

いつもわたしがサラダを入れているお皿に盛り付けてくれるのを見て

「いつもわたしがやってるの、ちゃんと見てたのね…ふふ…」と息子を見るような気持になったり

(心温まりつつ、体調はぐるぐるげろげろ)

わたしが妊娠してつわりがきたら、こんな感じなのかなと想像してみたり。

 

いやでも、つわりって一か月ぐらい続くんでしょ?

旦那さんがこうして労わってくれたとしても、毎回総菜やお弁当じゃ家計の負担がすごいだろうな。

 

いつか旦那さんにも、お料理を覚えてもらおう。

カレーでもハンバーグでも、何か一品!

 

わたしが遅くまで外で働く日や、体調不良になった日のために。

現状の家事分担になんの不満もないし、体調不良の日はお惣菜やお弁当でやりすごすのもありだけど

 

自分で最初から最後まで作れるやつを!

クックパッド見ながらでいいから!

一品でもレパートリーがあれば、より頼もしいなと思う!

ぷー主婦のくせに、求めすぎだろうか…!

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

*ぷー主婦三部作、のこりはこちら*