横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

旦那さんの実家で朝のカルチャーショック

f:id:ohtanoblog:20170124145709p:plain

年末の記事で、まだ旦那さんの実家に泊まったことが無いという話をしました。

(過去記事はこちら) 

 

優しいご両親だけど、やっぱり泊まるとなるとお互い気を使うし面倒だよね~と思っていたのですが

先日、ついにお泊り初体験。

 

  

経緯

 

旦那さんの東京出張があるので、わたしもついでに横浜帰ろ~!と

まずはそれぞれの実家に滞在。

その後、新年の挨拶もまだだったので、お互いの実家を訪問しようということに。

彼の家に挨拶→一泊したのちわたしの家に挨拶…という流れです。

 

うちの実家が横浜で、彼の方が埼玉なので

微妙な距離なんですよねえ。

日帰りできるんだけど、移動時間は2時間ほど。

往復すれば4時間かかる。

 

しかも彼の家は、最寄駅からさらに車がないと行けない距離なので

どうしても送り迎えを頼まなければいけないし。

(最寄駅から車で15分は走っていると思うけどそれ最寄なの?

 

だからほんとは、今までだって

バタバタ帰らず泊まりでゆっくりしてもよかったんですよね。

 

朝のカルチャーショック

 

とにもかくにも一泊して、迎えた朝。

何か鳴き声が聞こえます。

鳥かな?ちがうな。

虫かな?んー、虫って感じじゃないけどな。

 

隣でまだ半分寝ている旦那さんに、聞いてみました。

 

「ねえ、何か鳴いてるよ。なんだろね?」

「んー?カエルだよ」

 

そっかあ。

 

カエルかあ。カエル…。

 

旦那さんの住んでいるところは、住宅街で家もたくさんありますが

目の前の区画は田んぼです。

 

わたしは悟りました。

 

そっかあ。

だからこの人、滋賀にいても平気なわけだ。

 

性格もあるとは思っていたけど。

この人にとっては、あれぐらいの田舎はふつうなんだ。

 

カエルのこと

 

このことをわたしの母に話したら爆笑されたのだけど、

「あら、でもカエルって冬眠してるんじゃないの?」と冷静なつっこみ。

 

確かに!

まさかあの発言は、旦那の冗談?

イカしたカントリー・ジョークだったのか?

 

夏の夜に鳴いているカエルの声は、さすがのわたしでも川辺で聞いたことがあるし。

ゲー、ゲー、て感じの。

(吐いている擬音ではない)

 

で、調べてみました。

どうやら冬に鳴くカエルもいるようです。

アカガエル系は、冬眠の途中で起きて婚活をして

産卵してからまた眠るのだとか。

 

この調査結果をお母さんに伝えたら

「やだ、ほんとにカエルだったのー!冗談だった方がまだましねー!

とさらに爆笑してた。

くそ…、お母さんは田舎育ちじゃん…。

 

ちなみにどのカエルか細かい種類は分かりませんが

わたしが「こんなのだったなあ」と記憶している鳴き声はこちら。


ニホンアカガエル 鳴き声

 

なんか聞いてたら、涙出てきた。

 

 

 

 ではね |ω°)ノ