横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

受験シーズンで思い出したこと。どこまでマイノリティに気を遣えばいいのか?

f:id:ohtanoblog:20170110164047p:plain

 

今は専業主婦をしていますが、夏まで働いていました。

プロフィールでは前職について

事務と接客の悪いとこどりをしたような職場で働いていた」と書きましたが

言ってしまうと銀行員です。

 

(プロフィールはこちら) 

www.hamashuhu.com

 

 

わたしが銀行でしてたこと

 

対個人の業務のうち窓口でできるお仕事であれば、

ローン以外たいていしていました。

いわゆる「窓口のお姉さん」のイメージ。

入出金や振り込み・口座開設などの預金業務はもちろん

投資信託や保険の販売まで。

昔は分業だったようですが、最近の社員は先端も後方も、預金も運用も、

なんでもできるよう育てられます。

 

デリケートな情報もたくさん扱うし

求められる接客レベルはそれなりに高いです。

 

おまけに事務レベルも、迅速かつ正確でなければいけません。

銀行員が「あ!間違えちゃったー」なんて言ってたら嫌ですよね。

(そりゃもちろん、ミスをしてしまうこともあるんですけど)

 

お客さん相手にあれこれ気を使って

(にこにこしてりゃいいというものでもない。

投資で損をしておられるかもしれないし、相続手続きは悲しそうに受け付けなきゃいけないし)

パソコンの画面とにらめっこして

まさに接客と事務の最悪ハイブリッドではないかと思う。

 

デスクもお客様のいるロビーから見えてしまうつくりのため

わたしのイメージするOLのように、チョコとかつまみながら仕事はできません。

そんなOLになりたかった。

 

ちなみに多くの銀行が15時に閉まるが、もちろんそれ以降もやることはある。

 

受験シーズンで思い出したこと

 

受験シーズン。

それはつまり(銀行員にとっては)、振り込みシーズン

 

適切な窓口へ誘導したり、必要な伝票記入を案内するために

受験シーズンのある日、おおたはロビーに立っていた。

 

お客さんが来た。

中年女性。現金振込希望。手には受験用の振込用紙。

 

必要な用紙を出して、記入箇所を案内しながら聞いた。

 

「お母様でいらっしゃいますか?」

 

「あなた失礼ね!」

 

怒られた。

もういいわ、とおばさんは声をあらげた。

同じくロビーに立っていたベテランのパートさんが来てくれて、案内は変わった。

 

悔しかった。

忘れていたけどふと思い出して、やりきれなくなったから文字にしてみた。

 

本人だった

 

受験をするのは、その女性自身だった。

 

「失礼ね!」と怒りたくなる理由は分かった。

でもわたしだって、世間話や興味本位で母親かどうか聞いたわけではない。

 

代理人が来た場合、受験者本人と、お金を振込む人、それぞれの名前の記入が必要だし、

関係性も書いてもらわなくちゃいけない。

本人確認資料も必要だ。

 

(ちなみに受験や学費の振込は、親などの代理人が来る場合が多い。

本人ではなく保護者が払う事情も社会常識として分かるので、

この場合の手続きは簡素化させよう…と辞めるころに業務連絡が出ていた。

だから今は多少ちがうと思う)

 

どこまで気を遣えばいいのか?

 

もちろん、いくつになっても高校や大学に入ることができることは分かってる。

 

じゃあわたしは、そのおばさま含めすべての人に

「ご本人様ですか?代理人様ですか?」と言うべきか?

 

でもそうすると

「本人じゃないことくらい、見て分かるでしょ?」とイライラさせたり

「馬鹿にしてるのか」と怒らせたり、

「マニュアル通りの台詞を言わないと気が済まないのかしら?」と接客レベルに疑問を持たせたり、

よくて「いやいや父親ですよ」と苦笑いをさせたり…なんて反応が思い浮かぶ。

 

実際にそれなりの年齢で受験者本人だったことは

わたしが銀行員として働いていた間、そのおばさんしか実例がない。

はっきり言えば、あのおばさんはマイノリティだ。

 

もちろんおばさまに「ご本人様ですか?代理人の方ですか?」と聞くことができれば満足してもらえたろうし

それを言えなかったのはわたしの接客の落ち度であるけれど

どこまで気を遣えばいい?

ほかの99%のお客様と、無駄なやりとりをすることになっても?

 

なんならおばさんだって、自分が多数派でないのはよく分かっているだろうし

母親と勘違いされただけで怒るのは行き過ぎじゃないのか?

なんならサイクルが早ければ、おばあ様でもいける見た目だったと思うが?

 

年齢を気にせず学ぶことに積極的なほどアクティブであるなら

「意外だと思うけど、わたしなのよ!」と胸を張ればよいのでは?

結局コンプレックスなんだろうか?

それとも独身であったり、お子さんを持てなかったり、

「母親」というフレーズが、別ベクトルでも琴線にふれたのか?

もうそんなの、こっちは知ったこっちゃない。

 

あんなに怒られなくちゃいけなかったと思ってない

 

ど貧乏でもなけりゃセレブでもなく、

健康に生まれて実の両親に育てられ、

人並みの教育を受けて、

いじめたこともなけりゃいじめられたこともなく、

恋愛対象は異性で、そこそこに結婚もし、

人生を「平均値」「多数派」の中で過ごしてきたおおたには

少数派の人の気持ちは分かりません。

 

わたしの言っていることは、少数派に小さな我慢を強いる、

多数派の押し付けなんでしょうか?

 

ちょっとくだけた世間話をするために

ところであなたの恋愛対象は、異性同性両方どれなの?と

事前確認しておくのが正解?

 

お店のテーブルセットは、左利きの人が座ってもがっかりしないようにって

あらかじめ半分の席を左利き用にセットすれば正解?

 

日本語が埋もれるくらい、世界中すべての言語に対応したメニューを壁に貼れば

みんなに優しいから正解?

 

もちろん、少数派であることや自分と違うことを理由に

差別が行われるのはよくないけど

先回りの細かい細かい気遣いが無ければ、怒られても仕方ないの?

 

思い出しても吐きそうになる。

 

自分がミスをしてしまったときは本当に申し訳ないなと思うし、心から謝る。

むしろそういうシーンは、経験にはなっても悪い後味は残らない。

 

わけわかんない理由で怒られたときは、数年たってもふっと思い出して歯ぎしりする。

この場合も、わたしが配慮に欠けたことは認めるけど

理不尽な怒られ方であったと今でも思う。

 

親だろうが本人だろうが、こっちは事務手続きするだけなんだよ!

てめぇに1ミリも興味ねえんだ、ヒステリーばばあ!!!

ばーか!!!

 

当時言えなかったことがあって少しすっきりした。

マイノリティだなんだと社会派っぽく語ったが。

 

この記事で伝えたいことは2つ

 

自分はよそで、店員に好かれる客でありたいということ。

就活なんかで銀行員を目指している人はやめときなよ(身内にいたらとめてあげて)ということ。

 

 

 

ではね |ω°)ノ