横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

モノマネされる吉高由里子に思いをはせる

f:id:ohtanoblog:20171014120112p:plain

ごきげんよう、おおたです。

 

みなさま、自分の声や喋り方のこと、どうとらえてますか?

近頃はブログ界隈で「radiotalk」というおしゃべり配信アプリが流行っているようで、「へぇこの人こんな感じでしゃべるんだー」という発見があるとかないとか。

ま、おおたのandroidは古すぎてアプリ非対応なんですけどね!

一時のブームで廃れるか、いっそう定着していくか、遠くから見守っておりますよ。

 

そしてみなさまに配信できないのが残念ですが、あー残念だなあ残念残念!なんだけど想像してもらうとすれば、

おおたはおそらく、声高めで、ふにゃふにゃした喋り方なんだと思います。

(むしろアプリ非対応のおかげでイメージダウンせずに済んだ、よかった)

 

こないだも同僚ちゃんに、モノマネされたので。

 

いやべつに「おおたのモノマネしまーっす!」って披露されたわけじゃないですよ。

元々しゃべりに勢いのある同僚ちゃんで、よく職場の他の人の口真似を会話に混ぜこんだりするんです。

そのときもその同僚(Mちゃんとする)が、

「いやー、最近家に帰ったら職場の愚痴ばっかでさ。旦那さんも聞いてはくれるけどやっぱり嫌になるみたい。

BBAの文句ばっかり言ってたら、『えむちゃ~ん(気の抜けた声)って言う同い年の子はどうなの?元気にしてるの?』って話題変えてきた。あ、おおたさんのことたまに話すんだよ」とさりげなく披露。

 

ご夫婦でえむちゃ~ん(気の抜けた声)の子で通じている…!

 

一緒にランチしてた、もうひとりの同僚ちゃんも爆笑。

爆笑に気分を良くしたMちゃんは、再び「えむちゃ~ん(気の抜けた声)」を披露。

ウケて嬉しいけどさ…!

 

そういえば今まで、同性にモノマネされたことってないかもしれない。

学生時代、後輩男子にふにゃふにゃマネされたときはぶっ飛ばしてやろうかと思ったけど、

(そういう場合はたいてい「そんなんじゃないし!」と怒っても「そんなんじゃないし!(モノマネ)」と小学生のような返しをされるのでもう何も言わないことにしていた。

ほんと男子ってバカ、とちびまるこちゃんが怒る気持ち分かるわ。)

やはり仲の良い子に明るい話題としてマネされる分には愉快なものだ。

BBAの愚痴ですさんだご家庭に、和みの風を吹かすことができるなら、いくらでもマネしていただきたい。

 

まぁ、誇張しすぎかなとは思うけど。

なんでしょうね、たしかにMちゃんのモノマネ、心当たりがないわけではないんです。

レシピで言うと、塩ひとつまみくらい。それぐらい心当たりはある。

 

でもモノマネって、そうじゃないんですよね。

塩ひとつまみを、塩ひとふくろぐらいに誇張しないと、たぶん『モノマネ』にはならないんですよね。

 

おそらく吉高由里子とか、菅野美穂とかも、みんなが楽しんでくれるならよしと思う一方で

それ塩入れすぎじゃね?って突っ込んでると思う。

(でもやっぱり『ハイボール飲んでウェ~イ!って言えば吉高由里子』って記号を生み出した福田彩乃はすごい)

 

で、一通りおおたのモノマネを披露した後、Mちゃんに

「家ではもっと声低かったりするの?」と聞かれました。

 

これも知ってます。ぶりっこっぽく見られるというか、そういう気があるみたいです。

  

昔、お母さんと電話しているのを横で聞いていた友達に

「おおたは家でも同じ感じなんだって、なんか安心できた…」って言われたことあるし。

 

まぁほんとにぶりっこの子にこんな質問するとしたら、けっこう斬り込んでると思いますけどね!

Mちゃんは、体育会系で度胸のある子なんだよね!

 

で、おおたは笑いながらこう答えました。

 

「家ではもっとひどいよ」

 

驚き爆笑する同僚たちに、さらに一言。

 

「むしろ社会生活を送れるレベルまでなんとか引き上げてコレだよ」

 

家では旦那くんを変なあだ名で呼んでるとか、そんな話をして盛り上がりました。

 

ほんとひどい。

家では一人称名前とか(あ、ブログの文章でも名前か)基本中の基本だし。

実家の家族はわたしの仕上がりを止められなかったから付き合う義務があるとして、

これを受け入れてくれる旦那くんすごい。えらい。

ふだんの家でのおしゃべり風に言えば、えらぴー。だんなっぴえらぴー。(ひどい)

ちなみにだんなっぴも、もうおおたにだいぶ毒されているので、ぴー語はお手の物です。

昭和生まれの人向けに念のため申しておきますが、マンモスうれぴーの人とは違います。

 

そんなこんなで、吉高由里子さんも家ではもっとひどいのかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

今おおたは、BSでアンコール放送している朝ドラ「花子とアン」を毎日の楽しみにしています。(初見)

吉高さ~ん!見てるよ~!!

 

「花さん、おリボンはどうなさったの?髪におリボンをつけないのは、着物の帯を締めないのと同じなんですって。」

↑まだ始まったばっかだけど、一番ときめいたのは明治時代のお嬢様のこの台詞です。

吉高さんの台詞じゃないけど。

 

おリボンおリボン~袴におリボンかわいいよおリボン~!

 

 

 

ではね |ω°)ノ