横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

マヨネーズがきらいな人間もいるんですよ

f:id:ohtanoblog:20170702211107p:plain

先日のおトイレ掃除のはなしが、みなさまの…というにはおこがましいのですが、

たしかに画面の向こうの何名様かのお役には立ったようで、

「記事を見てさっそく購入しました!前に別のスタンプを使った時は苦手に感じたけど、これはいいにおい!(要約)」というメッセージをいただきました。

お役に立てて、わたしもたいへん嬉しいです!

(日本中のご家庭のトイレがきれいにな~れ☆) 

 

で、そんな有用な情報のあとに、本日の本題、ただただマヨネーズがきらいってはなし。

(トイレのはなしのあとに、食品のはなしでごめんね。)

 

タイトルの一言だけで、すごく敵を作りそうなんですけど。

おおたはね、どうしても好きになれません。

きらいな食べ物は?って聞かれたら、マヨネーズって答えてる。

なんか名前すらもう、おかしくないですか。

「マヨネーズ」って…。なんだそれ。

(キューピーさんごめんね、でもドレッシングは使ってるし、CMがいつも格好いいな思ってる!)

 

 

からあげ丼にマヨネーズかけたオヤジ許さん

 

前からね、いつかマヨネーズについては書いてやらにゃあと思ってたんです。

特にからあげ丼事件があってからね。

 

おおたが働いているところには、いろんなキッチンカーが出張に来るんですよ。

で、からあげ屋さんも来ててね。

以前、一回くらい買ってみようかなって。からあげ丼を。頼んだんですよ。

 

メニューを見ると「照りマヨ丼(見本写真あり)」と「からあげ丼(見本写真なし)」があって。

一秒たりとも迷わずに、ノーマルな「からあげ丼」を注文したわけです。

 

で。出てきたのがなんと。

 

「からあげ丼(マヨネーズがけ)」だったわけです。

 

え、え、え、え。え?

おじさん間違って、照りマヨ丼出してきちゃったのかな?って思った。一瞬。でも照ってない。あれ。

からあげって、マヨネーズかかってるの普通ですか?

 

せめてね。

店主殿が「うちのからあげにはマヨネーズが合うぜ!」とお考えだったとしても、うん、せめて。

たこ焼き屋さんなんかでよく聞く「マヨネーズ・青のり・かつおぶしはおかけしてよろしいですか?」みたいな。確認。確認をしてほしかったよ、おじさんよ。

 

特に、窓口が目線より高いタイプのキッチンカーでさ。

何してるか全然見えないの。

少しでもそんなそぶりがこちらから見えていれば。ちょちょちょストップ!と言えたかもしれないけれど。

わたし初めてのお客さん。「からあげ丼」の見本写真はなし。

思てたんとちゃう!と。叫びたかった。

でもかけられてしまったものは仕方ないから。震える手で黙って受け取りました。

 

つーか「塩麹からあげ」って大きく書いてるくせに、マヨネーズぶっかけるってどういうこと?

塩麹の味わいどうでもよくなってません?

もうマヨネーズの味しかしなくね。

 

でね。まあ。ここまでなら。ここまでならギリ許したよ。

たこ焼きや、お好み焼きなら「だよね、わたしがマヨ嫌いとはいえ一般的にそういうもんだよね」と諦められるにしても、

からあげ丼で「これが王道でしょうが」と突きつけられて納得はいかないけれど

まだここまでなら我慢できたよ。

 

さらに問題は。ここから。

 

丼を食べ進めて気がついたの。

 

下から白飯マヨからあげマヨに、なっていることに。

 

はあっ。(呆れかえったときにやりがちな溜息)

 

もうどうやっても、リカバリーできない。

 

上からかかってるだけならね。

なんていうの、品が無いけど頑張りしだいで少しでも避らけれると思うの。

諦めてちょっとくらいは食べますし。

でもさこれ、白飯マヨからあげマヨ。

浅はかだよねえー。

 

昼休憩をご一緒した同僚のおねえさん(同じ店で照りマヨを注文)も、

「わたしのもそうだけど、お肉ちょっと少ないし…あとはマヨの味でごはん食べてねっていう狙いなんじゃないかな…」と言っていました。

 

浅はかだよねえー。(2回目)

 

そのおねえさんに「こんな怒ってるおおたさん初めて見た!」と言わせたほど、その日の昼休憩は怒り狂いました。

まぁからあげ店のおじさんに直接は言えず、あとからブースカしてただけなんですけど。

ほかにもお昼をご一緒していたおばさまには「次は、マヨ無しで!って先に言えばいいのよ~」とのんびりした助言をいただきましたが

 

二度とあの店でからあげは買わない。

 みんながマヨネーズ好きだと思うなよ。

(おまえが好き嫌いしてるだけだろ、という意見に耳を傾ける気はないです。自分でお金を出す食べものの選り好みぐらいさせろや。)

 

マヨ嫌いのわたしが「あ~」「うわあ」ってなる瞬間

 

たこ焼き・お好み焼き

たこ焼きやお好み焼きを食べるとき、先述の通りよくあるお持ち帰り系で「かける?」とその場で選ばせてくれるとたいへんありがたいです。

友人たちと鉄板を囲んで自分で作る系でも、付き合いの長い人なら「おおたはマヨだめだよね。取り分けてから各自で~」って言ってくれるし、

まぁそこまでの仲じゃなくてもストップをかける余地はいくらでもある。

 

しかしながら、例えばよくある居酒屋さんなんかで注文すると、すでにマヨのかかった完成品がでてきてしまいますよね。

あ~ってなります。

とんぺい焼きとかもそう。

でもそれらのものは「かかっているのがスタンダード」とこちらも思っているので、心の準備をして「あ~」と思いつつ受け入れる。

 

(大衆居酒屋でも注文の時点で「マヨ抜きにしてくれ」と頼めば聞いてくれるかもしれないけど、

みんなは平気なのにわたし一人のために面倒かけるのもあれだし、

わたしの場合は生死にかかわるアレルギーじゃなくてただの好き嫌いだし、

マヨ抜きを頼んだのになんらかの伝達不足でマヨありで来てしまった場合のがっかり感の方がつらいのではじめから我儘は言わない。)

 

サラダ類

粉もんと同じくらい(一般的に)マヨとの相性抜群と思われている、サラダ類。

むりだよ~むりなんだよ~~。

もし外食等で、マヨ(あるいはマヨみの強すぎるドレッシング)しか添えられていない場合、極力よけて、野菜だけで食べます。

びっくりドンキーは好きなんだけど、セットのサラダだけは「あ~」ってなる。

マヨついた部分ぜんぶ旦那くんにあげちゃう。(避けやすいことは評価)

f:id:ohtanoblog:20170906160440j:plain

ディッシュサラダ|びっくりドンキー

 

実家では両親の趣味なのか「野菜にはマヨ」しかオプション設定がなかった時期があって(何を転機にかその後ドレッシングも導入された)、

昔から野菜オンリーで食べていたのでそれについては余裕。

マヨ嫌いのおかげで、野菜の味がちゃんと分かる舌になったぜ!

ちなみに台所を自由に仕切れるいまの家には、ドレッシング(玉ねぎベースが好き)を置いてます。

 

ただ旦那くんはマヨが好きなので、気分でドレッシングと使い分けている様子。

前に付け合わせのお野菜とゆで卵にこんな風↓に何往復もマヨをかけているのを見て、思わず撮った写真がこちら。

f:id:ohtanoblog:20170906174111j:plain

写真を撮らないまでも、彼がマヨをかけているときはどうしても「うわあ」という表情をしてしまい、いつも「べつにいいでしょー!美味しいよー!」と言われる。

その度に「いや別に、悪いとは言ってないよ…。好きに食べて…」と返すんだけど、どうしても「うわあ」という目線を隠すことはできない。

かけすぎじゃない?かけすぎだよね?ていうかマヨに限らず旦那くんはなんでもかけすぎで、病気にならないか心配してる。

 

付け合わせの野菜はともかく、わたしが作ったハンバーグを「マヨネーズで食べようかな」と言われたときにはさすがに「えっ」と声に出したけど、好きにさせた。

(彼は結局マヨとわたしの用意したケチャソースと、半々で食べてた。ケチャソース美味しいよね。ケチャップは大好き。)

(よく見たらケチャップって名前もふざけてるな。なんだよケチャップって。)

 

ポテト

そして、ケチャップと言えばポテト。ポテトと言えばケチャップ。

この二つの間に割って入るものなんて、存在していいと思います?

ところがどっこい、マヨがついてくるんだな~~~。

ファミレスとかカラオケとかのポテトに多い気がします。

こないだ入ったファミレスでは、ポテトが「ケチャップ&マヨ」か「明太子&マヨ」の2種類選べるようになっていて、選択肢が多いのはたいへん結構なのですが、わたくしとしては「いやいやいや」と思いました。

純粋ケチャップが王道だろがよ。(個人の偏った意見です)

マヨがつくぐらいなら、もうただの塩味がいいです。

しかしまあ、あらかじめメニューに表記されているなら心の準備ができて親切というもの。

何も書いてないところに、ソースの小さいお皿にケチャップとマヨが共存させられているのを見るのが一番「あ~」ってなります。

そう、これ、ひとつのソース皿に共存していることが問題。

混ざるじゃん。混ざるよね?混ざるでしょ!

ケチャップはケチャップ、マヨはマヨ。それぞれで美味しいと思うんですよ…。

で、一皿に共存しているのをいいことに、大雑把にポテトをディップして「ケチャマヨ」にしちゃう馬鹿。馬鹿舌。

もうわたしの望んだケチャップはそこにいない。こればかりは純血主義。

そんなときには、諦めて塩味でいただきます。お芋の味がちゃんとしてイイネ!

 

ピザ

宅配ピザとか。メニューいっぱいあるじゃん。

やっぱりピザと言えば王道はトマトソースだと思うの。

でも今どきの宅配ピザは、変わり種がたくさん。

マヨベースがあるんだよね。で、ポテマヨとか。照り焼きマヨとか。明太マヨとか。

世の中の人、どんだけマヨネーズ好きなんだよ?

エッビマヨマヨ~のCMが流行ったときも、エビマヨだけは頼まぬと思っていました。

(ふつうの料理として出るエビマヨも、おおたはNG。エビは塩で焼いてもってきてほしい。)

友人たちが集まってのピザパーティー。

いいよ、マヨ味があってもいい。好きに食べてくれ。

でも一枚は、そう一枚でいいから、王道でなんの変哲もないトマトベースピザを頼んでくれたら嬉しい。

あとサイドメニューのポテト。(ポテト大好き!ポテト美味しい!)

 

からあげ

からあげ丼事件で「からあげにマヨってふつうなの?」と記憶をたどって思い出したのは

回転ずしで流れていたからあげ。

今どきはお寿司以外もあるの、いいよね~と思って手を伸ばしかけたんだけど

マヨネーズがたっぷりそえられいるのが見えて、あ~と手を引っ込めた。

危なかった、先に気がついてよかった…!

からあげレモンについては「自分はあえてかけないけど誰かがかけても気にしない派」なんだけど、からあげマヨについては断固無理。

いやみなさんお好きに召し上がればよいと思うのだけど、わたしはしない絶対。

からあげだけで十分味するよね?マヨ必要?

 

ハンバーガー

これもなかなか厄介。

バーガー店はいろんな種類があって次々と新作がでたりするけれど、

ぱっと外見の写真を見ただけでは、中に「マヨみのあるソース」がはさまれているかどうかまでは分からない。

たまには新作食べてみようかな?ってチャレンジしたときに限ってマヨソースもので、がっかりしたことが何度かある。

結局ピザと同じく、なんのへんてつもない食べなれた王道中の王道シンプルバーガーをいつも注文しています。

それなら絶対ケチャップ系ソースだからね…ケチャップ大好きだよケチャップ…。

食べなれたものって、美味しいよね!!

 

食べられるもの

 

とはいえ、マヨはどこにでも入り込む、人たらしの営業マンのようなおそろしいやつ。

これならマヨネーズが入ってても平気、というものがいくつかあります。

(ここまで出した例も、できれば避けたいというだけで、口にしたら死んじゃうわけではないんだけどさ~)

 

タマゴサンドの中身

これは平気です!

マヨみが強すぎると、「ちょっと入れすぎじゃない?」と思うこともあるけど、基本大丈夫。というかタマゴサンドは大好き。

できればゆでたまご感が残っていると嬉しいですね。

 

たまごサンドと言えばマヨから離れますが、最近急に「厚焼きたまごサンド」みたいのが流行りだしたようで、

従来のペースト状のタマゴサンドとセットにされていたりするんですけど…

厚焼きたまごはべつにパンにはさんで食べたくないので、別々に売ってくれないですかね。

「たまご好きのためのたまごサンド」とか書いて一緒くたにパックされてたんですけど、

たまごと言ってもゆでたまごが好きな人、厚焼きたまごが好きな人、目玉焼き、スクランブルエッグ等々さまざまあるし、さらにそれらをパンにはさんで食べたいと思うかどうかは

ひとくくりにできやしないと思いますよ!!

わたしはタマゴサンドはペーストが一番だよ!!あ、きゅうりは入れないでね!!

 

ポテトサラダ

これも平気。先ほど同様、マヨみが強すぎると「ん」と思ってしまうけど、普段はまったく気にならない。

胡椒のきいた、大人のポテサラ好きです。

じゃがいもってほんと美味しい。

 

タルタルソースは微妙ライン

タルタルはね…食べる前の色味でだいたい判断がつくんだけど。

白っぽいと、おおた的にはアウト。マヨみが強すぎる。

エビフライとかで、ふつうのソースかタルタルか選択肢がある場合には、迷わずソースを選びます。

 

このあいだ初めて家でチキン南蛮を作ったとき、タルタルソースも手作りしたわけですが。

製作途中を目撃した旦那くんには「マヨネーズいいの!?」とたいへん驚かれた。

まぁ、ほぼタマゴサンドの中身みたいな黄色っぽいタルタルにしました。

手作りは加減ができてよい。正しいタルタルかどうかは知らないけど。

 

裏技的な使い方

よくレシピに、ちょっと裏技!的な使い方でマヨが入っている場合があります。

焼く前に塗っておくとお肉が柔らかくなるとか、タネに混ぜるとハンバーグがよくふくらむとか。

外食でそんな主婦の裏技が使われてるかは知らないけど、たぶん分からんうちに食べてるだろうなと思う。

でももし自分が作りたいもののレシピを探してクックパッドにそんなこと書いてあったら、その工程だけ無視するか、いっそ別のレシピを探します。

こういう使い方なら味なんてしないって分かってるんだけど、ふだんこんだけ避けているのだから、極力マヨに頼りたくないと思ってしまう。

 

マヨネーズと米は合わないと思うの

 

最初のからあげ丼もそうなんですけど。

なぜ人々は、マヨをお米と合わせたがるのでしょうか…?

 

ツナマヨおにぎりとか。びっくりだよ。

コンビニで王道扱いされてるのがもうびっくり。

 

わたしほんとに、ここ半年ぐらいではじめてツナマヨおにぎり食べたんです。

マヨが嫌いだから当然避けてきたんですけど、たまたま急いでるときに「おにぎり2個セット(卵焼き・唐揚げつき)」を買ったら、ひとつがツナマヨで。

まじか~~と。そういや確認しなかったわ~~と。

もうひとつは鮭だったのでそちらは美味しくいただいたのですが、さてツナマヨどーするよ?と。

さすがに捨てるのも気が引けるし、よしここは二十数年生きて初めてのツナマヨいってみますか!と。

ポテサラやタマゴサンドの例のように、意外といけるかもしれないし!と。

 

まあ、ダメだったよね。

なんか気持ち悪くなった。

(ツナマヨ好きな人ごめんねほんと、でも食の好みは十人十色だから)

 

ツナマヨ単体ならね、まだいけたと思う。

実際にそういうのが乗ったサラダ、食べたことあるし。

でもね、ごはんと一緒は無理だった。

「食わず嫌い」から、「やっぱほんと無理」にクラスチェンジしただけだった。

 

マヨラー(死語でしょうか?)が白ごはんの上にマヨを何往復もかけるの見るとくらくらするし(ダイエット番組のbefore紹介によくある)、

旦那くんが回転ずしの「サラダ軍艦」とか食べてるのも信じられない。

サラダ軍艦って言ってももちろんあれですよ、緑の葉っぱじゃなくて、何が入っているのかもよくわからないツナマヨ色の食べものです。

 

もちろん好きな人は食べればいいと思うんですけど、ここまで王道扱いされていると、一度問うてみたいんですよ。

マヨネーズがお米と合わないと思う人だっているよね?と…。

 

ほっこりエピソード

 

嫌い!不味い!要らない!と攻撃的なことばかり書いてしまったので

さいごにほっこりする(かもしれない)エピソードをひとつ。

 

当時、付き合いたてだった旦那くんとドライブデートをしたときのことです。

高速SAの定番のひとつといえば、たこ焼き。

休憩に食べたくなって、「買ってくるよ!座ってて」と彼がお店へ。

 

よろしく~と見送ったものの「あ、マヨ抜きって言い忘れたな」と気づく。

 

わたしの好き嫌い、もし覚えてくれていたら嬉しいなあというお試し心と

まぁいいか、たこ焼きのマヨってそんなにべったりしてないしという諦めも用意しながら待機。

 

彼が持ってきたたこ焼きは…

 

マヨとマヨなし、半々だった!

 

「おおた、マヨ嫌いでしょ!こっち半分はかけてもらったから、そっち半分食べてね」と。

 

わたしの好き嫌いなんて忘れてぜんぶマヨをかけられてしまうこともあったし、

わたしに合わせてぜんぶマヨなしにしてくれる人もいたけど、

このパターンは初めてでした。

そっかそっかーと、なぞの納得。

(そして店員さんに「半分だけマヨかけてください」って注文したのかなと思うと、ふふってなる。)

 

この人となら、お互い無理せず、尊重し合ってやっていけるのかも、と。

 

…どうですか。ほっこりしましたか?

 

そしてきっといるはずのマヨ嫌い仲間のみなさま、

あるいは(同じに語るのも申し訳ないですが)卵アレルギーなどで深刻にマヨが食べられないみなさま、

マヨとの闘い、これからも頑張りましょう。

 

 

 

ではね |ω°)ノ