読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

久しぶりの労働と不倫予想図W、そしてブルゾンちえみ

f:id:ohtanoblog:20170213145006p:plain

こんにちは。

バレンタインに似合わない話をするぞ!

 

毎日昼夜問わずブログを更新しているので、わたしが「専業主婦」であることはお察しの方もいるでしょう。

生活費は旦那さんのお給料から賄われるとは言え、

実家に帰って遊ぶときのお金なんかは自分のお財布から出しています。

最近は結婚式のお呼ばれも多いですし。

(二次会だけなら行かなくても…と迷う場合もありますが、

わたしが遠くに引っ越したのを知ってても来てほしい!と呼んでくれたのは嬉しいし

「おおた、田舎に行ってから来なくなっちゃったね笑」と馬鹿にされるのもイヤなので誘われたものは今のところ断っていません)

 

とにかく、このまま預金が減り続けるのは問題です。

たまには外に出て労働しよう!と単発の派遣バイトに申し込みました。

 

 

当日は「以前勤めていた職場につい出勤してしまい、仕事してる最中に

『あ、今日は違う仕事だったんだ!』と思い出して

『あの仕事どうなってますかね!?』と聞いてまわったら

昔からわたしのフォローばかりさせていた先輩が代わりに行ってくれていて心臓ヒュンッてする」という悪夢を見て

おかしな時間に起きてしまいました。

 

ほかに「恵方巻の販売係のバイトをするけど

同じくバイトで来てたサングラスの男がやばいやつで、

太巻きの中身である海鮮を抜いては海鮮丼の具として別ルートで売りさばいていた」の二本立て。

もうやめてぇ。

久しぶりに外で働くということで、相当緊張していたようです。

 

お仕事の内容

 

京都で数日間だけの、単発のお仕事。

ある会社のイベントで、受付をするという。

来た人に「いらっしゃいませ、ここに名前を書いてね」とお願いして

帰る人に「ありがとうございました、これ持って帰ってね」とお土産を渡すだけ。

 

バイトはわたし一人で、あとは主催している会社の社員さん。

天候があまり良くなかったせいもあるのか、来客は少なかったです。

社員さんも暇そうにしてる時間が多かったし、

そもそもこのくらいの受付なら自分たちでできるのでは?と思ってしまいました。

男の人だけじゃ華がないし、女性が欲しかったのかな?と思ったけど

女性社員が一人はいたし。

なんかもう、わたし要らないんじゃないかと…雇ってもらった身であれですが。

 

そのために?そのために外から女の子雇ってんの?と邪推。

 

忍び寄る不倫の影

 

もっと偉いおじさんもいましたが、担当として現場を仕切っていたのは

ひとりの中堅社員さんでした。

バイトのわたしに指示を出してくれたのもその人。

若く見えたけど、もう30代後半なんだとか。

イケメンってほどではないけど、背も高くてコミュ力があって、自分に自信がある感じ。

 

遅れて現場にきた社員さんに

「この子、受付で来てくれた子。時給800円と梅昆布茶で俺と愛人契約してもらうの」とか冗談交えて紹介してくれたりして。

多少苦笑いですが。安いわ。

 

ところが冗談じゃなくなってくるんだな。

 

最終日、その人から「じゃー俺のメアド教えとくねえ」とメモを渡されました。

フリーメールだったけどな!!

 

「なんでこのアドレスなんですか~」って突っ込んだら

「ラインもフェイスブックも奥さんから禁止されてるしぃ。

やましいことない女友達も、そっちで連絡とってるんだよね」と。

 

そう。

その人、既婚者です。

 

初日に昼休憩を一緒にもらって、世間話をして。

わたしの身の上話もしたし、その人の話も聞いていました。

10歳以上離れた若い奥さんがいて、小さい子供もいるってね。

もちろんお互い指輪もしてきてます。

 

これはずばり、W不倫のお誘い

 

不倫が珍しくないことくらい、知ってますけど。

なんだかなぁって感じです。

もちろん連絡する気は微塵もわかないんだけど

メモをもらったあとは「わたしも捨てたもんじゃないやんけ」と思ったり

お世話になりました、と挨拶をしてまわったときその人と絡んだ目線で

「ああこういうの久しぶりだな」と火遊びの高揚感はあったわけですが

帰り道ふつふつと安く見やがってという怒りがわいてきました。

 

ヒマな主婦ですが何か

 

思い返せば、世間話の中に軽い調査はあったのかなと思います。

「横浜から来たの。へー、友達もいなくて寂しいでしょ?」とか

「家にひとりでいて何してるの?」とか

「旦那さんは浮気するタイプ?どこまでなら許せる?」とか。

 

特に浮気に関する質問でわたしは

「まぁ旦那さんはそういうタイプじゃないけど、もし遊んじゃったとしても

バレないようにやってほしいですねー。

あとお金使い込むのも無し!」と

浮気に理解ある風?なことを言っちゃったのが愛人合格の決め手だったのではないかと。

ここで「浮気なんて絶対だめ!女と二人きりで食事もナシ!」と声音を変えていたら、

あの人もメモは渡さなかったと思う。

 

思えばこういう人間って、手を出しやすいですよね。

 

メモを渡した後に「何こいつキモ!」と思われたとしても

もう顔を合わせることはないし、

うまく関係に発展したとしても社内恋愛みたいに誰かにバレるのを心配しなくていいし、

嫁に何か感づかれても何の接点もない人間なら足が付きにくい。

 

お互いに帰る場所があるから、

「奥さんと別れて私を選んで!」なんてわめく心配もない。

 

営業さんだから、外回りするフリしてしけこむには

昼間に暇な主婦は最適だ。

土日は家族サービスにまわせばいい。

 

都会から来てヒマしてて、知り合いもいなくて、昼間は家に一人。

ネギをしょった可愛いカルガモちゃんに見えたことでしょう。

 

ナメんなくそ。

 

まぁ仮に連絡したとして、1回食事してホテル行ってお互いなんの足しにもならない「食べ終わった感」を得てそれっきり…という予想がつく。

 

職場の人と、とか

久しぶりに会った同級生と、とか

そういうのと違うもん。

明らかに「不倫のためだけに関係を築こうとする」ってすごい下衆。

いやまあ不倫はみんな下衆なんだけど。

 

あーあいつ、絶対デキ婚だと思う。(偏見)

ライン・フェイスブックが禁止ってのも、前科があるからに決まってる。

 

この記事を書きながら、そういやもらった名刺とメモがスーツのポケットに入ったままだと思い出して

今びりびりに破いた。

 

名刺の名前の下には偉そうに「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」と書いてあったが

残念、その資格なら20代主婦のわたしだって持っている。

ずわぁんねん、と発音してほしい)

偉そうにするなら、1級取ってからにしてちょうだい。 

 

独身女性は時間をムダにしちゃだめ

 

不倫はワイドショーの中だけの話ではありません。

こうして忍び寄る影はいくらでもあります。

仮に人妻が不倫したとしてそれは家庭崩壊とかまたいろいろ問題がありますが

わたしは特に、独身女性はそういうくだらない男につかまっている場合じゃないぞ!と強く言いたい。

好きになっちゃったらしょうがないとか、

実際に離婚して略奪が成功した例もあるとか、

まあ言い分はいくらでも聞きますが

できればフリーの人を探そう。ね。

 

だって、地球上に男が何人いると思ってるの?

 

35億!あと5千万人! 

(ブルゾンちえみさんが好きです。

ブルゾンちえみ知らない方はこちらをどうぞ。ワタナベお笑い公式チャンネルより)


ブルゾンちえみWith"B"「キャリア・ウーマン」

 

いやでも実際、35億もいるんだから。

他人が噛みふるしたガムの盗み食いより、いいやり方があるよきっと。

 

ブルゾンちえみ、何気に恋愛自己啓発本的ないいこと言ってる。 

 

外で働きたくないよぉ

 

もうやだよー。こういうことがあるから働きたくないよぉ。

今回はナメんな!と思えたけど、

もともと流されやすいちょろい人間だよぉ。

もし本格的にお勤めしてる職場の人なら付き合いでご飯ぐらい行くだろうし

そしたらまかり間違えることがないか心配だよぉ。

家でひとりでブログ書いてたいよぉ。

ブルゾンちえみのモノマネしながら一日を過ごしたいよぉ。

旦那さんに「35おくっ!」て言っても無視されるよぉ。

 

 

 

ではね |ω°)ノ