横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

あいの結婚相談所 最終回感想(2017年7月ドラマ)

f:id:ohtanoblog:20170908152026p:plain

テレ朝・金曜ナイトドラマ枠。

主演は山崎育三郎さん。

ミュージカル俳優さんですが、最近はドラマでもよくお見かけしますね。

 

深夜帯だったこともあって見逃していて、いつも書いている「初回感想」はありません。

このあいだ従妹たちと会ったときに「面白いよ!」と教えてもらって、

実家の母が録画していたのを見てちゃっかり追い付きました。

 

(あらすじ・キャストなど正確で詳細な情報は公式で)

www.tv-asahi.co.jp

 

ネットでさーっと見た感じ、視聴率がふるわなかったり、ミュージカル演出が寒いと不評だったり…なのですが、

おおたはけっこう好みでしたよ!

 

漫画原作だそうですが、そちらは未読。

 

 

結婚相談所ドラマ

 

主人公・藍野が所長を務める結婚相談所が舞台です。

 

成婚率100%、入会金は200万円というから、まぁすごいですよね。

「結婚後の幸せは保証しません」という文句が公式サイトにもでかでかと書いてあるし、

成約まで何度でもスパルタでお見合いさせれば、成婚率100%はなんとかなりそう…なんちゃって。

うちのお姉ちゃんを入会させたい。お金ないけど。

 

ただこのドラマには、婚活や恋愛において参考になりそうなテクニックはでてきません。

藍野所長が、会員のデータの紙を散らかしながら「運命の相手は…これだぁ!」って選ぶシーンも、現実味ないし。

最終的には「ああなるほど、こういうスペックや人物背景が条件に合ってるからこの人を紹介したわけね」と納得できる展開にはなるけど、

実世界での応用はききませんまったく!

 

1話につき1カップルを成立させる、というスピード短編集だから

じっくりした恋愛ドラマを見たい人にも不向き。

 

反対に、1話完結で毎回すっきり終われる、お気楽ドラマが好みならハマるはず。

 

ストーカーと思ってた人が運命の相手だった!とか

すごくいい人が結婚詐欺に引っかかりそうと思ったら逆にそいつが財産目当てだった!とか

ちょっとしたひっくり返しも楽しいですよ。

 

ミュージカル演出

 

ミュージカルっていうか、なんでしょう、育三郎ありきというか。

所長の藍野がとにかく変人で、急に歌い出しちゃったりする。

主人公が変人というのはありがちですが、こんなに美声で楽しく歌ってくれる変人なら友達になりたい。

(外だとちょっと恥ずかしいけど…)

 

で、とにかく歌うのは藍野所長。

まわりの人は、それを見て戸惑ったり、ぎこちなく一緒に手拍子したりしてるっていう感じ。

いわゆる「ちゃんとしたミュージカル演出」ではないから、寒いとか中途半端とか言われちゃうのかなーと。

でもおおたは、これはこれで面白いと思いますよ。

それに本格ミュージカルじゃないのに、藍野以外もみんなが急に上手に歌って踊りだすようになったら、登場人物全員変人になっちゃうじゃないですか…。

ドラマに変人は一人で十分です…。

 

釈由美子さんが相談者としてくる回があったんだけど、最後めでたしめでたしで育三郎に巻き込まれて踊らされてるところが下手すぎてびっくりした!

もともと「戸惑いながらも藍野に乗せられてなんとなくステップを踏む」シーンだけど、絶妙に下手面白い。

ただ横一列になって左右に進むだけのステップなのに…!

育三郎さんが途中「(釈さんの役名)さん!頑張って!」って言ったのは絶対アドリブ。

ちょうどおおたも、テレビの前で「釈さん頑張って!」って思っていたよ…!

 

毎回、有名どころだけど最近ちょっと見ないかも?みたいな役者さんが相談者としてゲスト出演するのも味わい深いです。(失礼)

成婚率100%なので、もちろんみんな幸せになります。ハッピーハッピー!

 

最終回のラストだけは、メインキャストもそろって歌に参加していたけど

高梨臨さんがど下手すぎたのもびっくりした!

歌に向かない声質なのでは…?びっくらこいたよ…育三郎キーに合わせちゃって苦しいのかなとも思うけど、ちょっと衝撃だった。見どころです。

あ、ビバリさんはさすがでした。ビブラートすごい。

あと最終回といえば(歌には参加しないけど)山村紅葉さんがすごい。存在感がすごい。

 

動物うんちく

 

藍野の変人要素として、すぐ歌いだすことのほかに「やたらと動物に詳しい」というキャラ付けもされてます。

所長室は動物フィギュアでいっぱい。

 

毎回どこかで「あなたは〇〇のようですね」とか「例えば△△も同じです」なーんて言い出して

その動物の生態を説明してくれる。

 

ドラマ内ではうんちくが始まるとみんな「はぁ?」って顔してるけど、

わたしだったら「へぇ!」ってテンションあがっちゃう。ちょろい。

 

藍野所長の服が気になる

 

育三郎さんの衣装がすごい。

これも変人要素でしょうか。

コスプレぎりぎりの、そのままミュージカル出れますねというか、王子様の私服ですか?というか、そんな感じの服。

 

f:id:ohtanoblog:20170909183215j:plain

(ドラマ公式 Twitterにアップされた写真)

 

エレガントかつどぎつい薔薇柄のスーツとか、花柄のおしゃれサスペンダーとか、あの中世ヨーロッパみたいなリボンタイとか、

いったいどこに売ってるんだろう…。

それを着こなせてしまう育三郎さんもすごいけど。

背も高いし、お顔もくどいから(褒めてる)、似合うんだよなあ…。

 

育三郎さんはたれ目ですね。すっごくたれ目。(本編無関係のつぶやき)

 

ちなみにあのリボンタイ(蝶ネクタイではなく、まさしくリボンのタイ)は、

毎回ドラマ中盤に「結ばれました!」と言いながらきゅっとタイを持ち上げるという決めポーズに不可欠なのです。

 

主題歌「Congratulations」が良曲

 

カップルが成立すると藍野が歌いだす「Congratulations」が良曲です。

元気が出る曲調。

 

コングラチュレーイション!天使が鐘を鳴らーすよ!

いい歌だわあ…これを毎回さいごに育三郎がウキウキで歌ってくれて、

もうドハッピーで爽快。

 

深夜じゃなくてゴールデンで、もうちょっと視聴率も稼いでいれば、結婚式の定番曲になったかもしれないのになあ。

惜しいなあ。良曲だけどなあ。それともおおたが思ってるよりは売れてるのかなあ?

 

(試聴できるよ) 

Congratulations

Congratulations

  • 山崎育三郎
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

恋ダンスはすごかったですからね…。

あの時期に行った結婚式は、あっちもこっちも恋ダンス、新郎新婦も友人も、猫も杓子も恋ダンス…。

(べつに恨みがあるわけではないがお腹いっぱいすぎた)

 

というわけで、山崎育三郎に歌わせたいだけのドラマだ!なんて批判には「それでえーやん」と真っ向勝負。

一話完結、頭を使わず、ハッピーな気分になれるドラマです。

終わっちゃったけど、配信とか、なんかそんなんで是非見てほしいドラマ。

 

「結婚が必ずしもあなたの幸せを保証するとは限りませんが、よろしいですか?」

「愛ほどよこしまな感情はありません」

という決め台詞も味わいたい。

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

(そのほか好き勝手語るドラマ感想はこちら)

あれこれの感想文-ドラマの記事一覧