読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

成人の日です。新横浜に集まって、横浜市歌を歌いましょう

f:id:ohtanoblog:20170106102518p:plain

 

成人式。ハタチ。すてきな響きです。若さは正義。

 

おおたは黒に近い深緑に、紅や金のお花が描かれた古典柄の振袖を着ました。(レンタル!)

黒髪に紅い髪飾り。例の白いふわふわ。

まさに渋ゴージャス。

いやあ、今思い出しても当時のわたしのセンス、超いいわ。

趣味変わってないわ。

 

お母さんは「お姉ちゃんはピンク一色だったのにねえ。もっと可愛い色でもいいんじゃない?」と言っていたけど。

これは大学卒業式の袴選びにも繰り返される。

 

 

横浜市の成人式

 

横浜市の成人式に、こういう人たち↓はいません。

f:id:ohtanoblog:20170106103217p:plain

 

しかしいらすとやさん、花魁スタイルまで網羅しているとは…。

(いらすとやさんについての過去記事はこちら) 

www.hamashuhu.com

 

まあやりたい人が、やりたいようにすればいいと思うよ。

みんな自分の好みがあるよね。

経済活動になるし。

でも、人様に迷惑かけるような暴れ方はだめよ。

そして横浜市にはああいう人はいません。(繰り返し申し上げる)

 

区ごとに午前と午後に分かれて、新横浜の横浜アリーナに集まります。

小池都知事に引っかきまわされてた、あそこね。

 

ちなみに新横浜は、横アリもあれば新幹線も停まるし駅ビルもきれいなんだけど

ちょっと行くとのどか

 

そして集まったみんなで、式典。

ゲストの話はほとんど聞いてない。

(芸能人とかは来ない。なんか語ってるしその道では有名っぽいけど知らないね、て人が来るイメージ)

 

そして、横浜市歌を歌う。

 

横浜市歌

 

本記事の本題。

横浜市歌。横浜市歌。横浜市歌なのである!!!

 

実家の自宅から港が見えたわけではないが、

ハマっ子としてこの歌を歌えないやつはもぐりと言い切る。

 

他府県市町村の歌は知ったこっちゃないが、

横浜市は小学校で必ずこの歌を習う。

(だから小学校から都内の私立とか行っちゃったご子息ご令嬢は知らないことがままある)

 

あとは、ベイスターズの応援歌にもなっているらしい。

この記事を書くにあたってyoutubeを「横浜市歌」で検索したらいっぱい出てきた。

野球興味ないから知らなかったけど、浜スタで大声で市歌を歌えるなら行ってみたいものだ。

甲子園と大学野球は観てたから大丈夫!

(ただしホームランしたときのテーマソング?らしい。観に行っても歌えないかもしれないね…)

 

ということで、聞いてみたい方はこちら。


【歌詞付き】 横浜市歌 高音質

 

公式っぽいのがないですね。絶対再生するのに。

 

ちなみに作詞の森林太郎は、鴎外のことです。

ありがとう森鴎外、ほんとに。

 

そして歌詞↓

わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に
連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ
されば港の数多かれど 此横濱に優るあらめや
むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處
今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや
果なく榮えて行くらん御代を 飾る寶も入り來る港 

 

 

あーもう!こういう歌大好きね!!

中高の出身校の校歌も明治チックだったんですけど、

(チックというか明治に創立されてるんだからそりゃそうなんだけど)

ほんとこういうの好きなんですよね!!

 

横浜市の小学生は、「苫屋」がなんたるか、言葉の意味から教わるわけです。

 

そしてこの「されば港の数多かれど、この横浜にまさるあらめや」!

いいですね!

神戸や函館に、全面的にケンカを売っていくスタイル!!

藤原不比等以来のセンス!!

さすが高飛車鴎外!

 

音楽もいいよ。

「されば~」から抑えて抑えての

「いーまっは!ももふね!」のところ、最高。

ありがとう南能衛さん。あまり存じませんが。

よしえさんと読むらしい。ありがとう。これはあなたの人生一の作品。

 

高飛車ソングが骨の髄まで

 

滋賀に引っ越したての頃、買い物袋さげながら、ぼんやりこの歌口ずさんでました。

だって道に誰もいないし

 

湖じゃなくてよう。

港が見てぇんだよう。

大さん橋とベイブリッジはどこにあるんだよう。

 

洗濯物干したり、食器洗いしたり、お風呂に浸かったりするときにもね。

この地で死にたくない、と思いながら歌いましたよ。

まじやで。

涙目になりながら歌うんやで。

新婚とは思えないブルー具合。今はだいぶ落ち着いた。

 

むかしは「横浜市歌を歌える人とじゃないと結婚しない」と思ったものだけど

埼玉人と結婚したよ。

おまけに滋賀まで連れてこられてね。

メビウスを吸う、横浜育ちの彼には選んでもらえなかったから。

理想はあくまで理想だね、おかあさん。

でも拾ってくれた旦那さん、たばこも吸わないいい人よ。

 

このあいだ、琵琶湖もきれいだなと思ったんですけど。

www.hamashuhu.com

 

ふるさとは誰にでもだいじですよね。

おかあさんも、札幌に帰りたいとよく言っていた。

せめて旦那さんの研究施設も、札幌にあればよかったのに。

まだ同じ東日本だし。

それか神戸。(神戸は好きだ) 

 

 新成人のみなさまは、お酒もたばこも、ほどほどに。

 

 

ではね |ω°)ノ