横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

初めてづくしの大晦日。フライングおせちのことや、年末特番のこと

f:id:ohtanoblog:20161231160451p:plain

 

こんにちは。大晦日です。

 

ブログ上もきれいにして新しい年を迎えようと思ったのですが

カスタマイズがいまいち進まず、現在「途中の様」をおっぴろげている状態です。

お見苦しくてすみません。

そのうち納得がいくと思います。

 

 

あれもこれも初めて

 

何が初めてかというとつまり、

夫婦二人で初めて過ごす大晦日&お正月なのです。

(しかも滋賀で。)

 

そもそも、年越しの瞬間を外でパーリーするような人種ではなかったので

実家の家族と離れた年越しも、過去1回しかありません。

 

さみしいとかの感情はおいとくとして、準備も大変。

お正月に備えた食材の買い出しで1万円近く使ってしまって、びっくりしました。

並べられたものをよく見もせずホイホイ買っていたが、お正月食材はやはり高いのか。

 

スーパーはそうやって、ホイホイ流されてしまう人向けに

いつもの商品をどこかに追いやってお正月食材を並べているので

(それもそれで探す必要がなく有り難いのですが)

日常的な食材も欲しいのに、今日はどこに陳列されているのか!?と、

探すのに一苦労しました。

 

とまぁ、こんな体験も初めてです。

いつも父と母が買い出しに行く車を、見送っていただけなので。

ぐうたら娘。

 

おせちのこととか

 

おせちは出来合いに頼ります。

といっても、立派なお重を注文しているわけではなく

スーパーで(わたしの)好きなおせちだけをちょこちょこ買った、

(わたしの)選抜おせちです。

 

まじめにやる?と旦那さんに聞いたところ

「えー。おせち、あんまり食べない」と言ったのでこうなりました。

 

お煮しめはこれから作っておこうと思っています。

お煮しめ大好きなんです。

我が家では筑前煮からヒントを得た愛称として「ちくちく」と呼んでいました。

(正式にはお煮しめと筑前煮は違うらしいけどまぁ似たようなものだ)

嫁ぎ先でも、「ちくちく」は守ります。

 

ちなみにうちの母が北海道出身なので

おせちは大晦日から食べてました。

晩御飯がもう、フライングおせち。

 

それが北海道だけらしいと知って

大晦日の晩御飯について同級生に聞きまわったとき、

「ふつうにカレー食べる」とか言われて驚いたものです。

(カレーがふつうなのかは分からないけども。もはやふつうとはなんなのか)

 

もちろん旦那さんの家でもフライングおせち文化はなかったそうなので

我が家の晩御飯はおそばにします。

天ぷらも買ったよ!

 

旦那の実家で年越しは回避

 

1月中旬に彼の東京出張があるので

そのタイミングでわたしも実家へ帰って、新年のあいさつってことにしようと。

ちょうど土日につながる日程なので、それぞれのおうちの訪問はそのときに。

帰省するにも新幹線はお金がかかるし、正月は混むに決まっているし、

ついでがあるならその時でいいよと両家も了承。

 

まぁ今年避けたところでいつかはそうなるかもしれないし

もちろん義父や義母がきらいなわけではないんですが。

なにしろまだ、旦那さんの実家に泊まったことがないんですよね。

考えただけで緊張。

 

ちなみに前回、旦那さんの実家へ顔を出したとき

「おせちとかお雑煮とか、〇〇家の味を習っておいたほうがいいですよねえ」と言ったら

 

「うちのおせちはお正月過ぎて、スーパーで安くなってたら買う程度だから!」とお義父さんがバラしていた。

ありがたい!

嫁としてはそのラフさ、ありがたいです!!

 

「お雑煮もたいしたもんじゃないのよ~」とお義母さんもおっしゃっていたので

適当に作るつもり。

 

年越しの特番

 

実家は毎年、紅白→ジャニーズカウントダウンでした。

今年はどうかしら。

笑ってはいけない、は録画してそのうち見てくれとお願いしました。

過去1回だけ、友人宅で年越しをした年にみんなで見て

「はじめてだ!我が家ではできない体験!」とわくわくしながら見たことがあるんです。

面白くて笑うシーンもたくさんあったんですけど、

あからさまに絵面が汚いというか、下品な笑いが入ってくると冷めちゃうんですよね。

でも一回見れてよかった。いい経験。

ごめんよ旦那、録画にしてくれ。

 

ちなみに年末はいろんな特番がありましたけど

一番忘れられないのは28日に放送していた

「実録犯罪列島2016」です。

 

結婚詐欺師に復讐するため、被害女性たち、探偵、弁護士があの手この手を使う番組だったのですが。

 

あらゆる証拠を集めて準備をし、番組終了間際、ついに詐欺師を話し合いの場に引っ張り出します。

探偵の調査報告や、被害女性の怒りの声を聞いても反省の態度を見せない詐欺師に、

弁護士が切り札を出す…!

 

というところで地震速報。

L字どころか全画面切り替わり。

 

速報(5分くらいかな)が終わるころにはピコ太郎が踊っていて、次の特番が始まっていました。

 

なぜ…!?

 

地震速報が大事なのはわかる!わかるよ!

でも!茨城!!

あんまり関係!ない!

たぶん被害も!とっても少なかった!

こういうときだけ!東京気分か!?

ふだん関西ローカルのニュースばっかりのくせに!

こんなときだけ!関東気取りか!?

L字ではダメだったのか!?

もしくは速報後にそのまま続きを流して、後番組もうしろにスライドさせることはできなかったのか!!?

 

弁護士の切り札とはなんだったのか!!?

 

こういう番組って。

カタルシスがないといかんと思うのですよ。

 

さんざん丁寧にね。

結婚詐欺の手口、現在の被害者の困窮具合、

探偵の調査によって明らかになった詐欺師のパチンコ三昧の姿や新たなターゲットと接触している様子などなど見せてきて

 

で!

で!?

落とし前をつけてもらわんと!!!

 

もやもやですよ!どうなったんですか!お金は返してもらえるんですか!!?

詐欺師をけちょんけちょんにしてくれると信じていたわたしはどうなるんですか!

今年の忘れられない出来事のひとつです。

あまりにぷんぷんしたので、録画の「世界ネコ歩き」を見て心を落ち着けたぐらいです。

 

www.hamashuhu.com

 

まぁほんとにいろいろ

 

ブログは始めて2か月なので、過去記事を振り返るほどのネタはまだないのですが。

 

実生活として、今年は本当にいろいろありました。

いいこともわるいことも。酸いも甘いも。

こんなにいろいろある年は、もう人生にいらないです。

もうわたしの人生に残された特殊イベントは、せいぜい出産ぐらいだと思います。

しかし年々、ときが過ぎるのが早くなります。

こうしておばあちゃんになっていくんですね。

 

 

みなさま、よいお年をお迎えください。