横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

旦那さんはコミュ力不足~わたしは世間話がしたいだけ~

f:id:ohtanoblog:20161216123402p:plain

 

みなさんこんにちは。

はじめて予約投稿を使ってみます、便利な機能です。

 

旦那さんのコミュ力に問題がありそうだ、という記事を以前書いたことがあります。

 残念ながら、今回はその続報です。

 

 

いっしょに電車に乗った

 

わたしを座席に座らせてくれ、旦那さんはその前に立っていました。

(優しくていい人、というのはお知らせしておきます)

 

わーい、座れた座れたと安心するわたしの隣で

女の子が化粧を始めました。

 

わぁお、大胆。

しかもベースメイクから始まって

最後は髪にワックスまでつける特別フルコース!

 

隣からのぞき込むわけにはいかないので、チラ…とだけ見て

目線には気を使いながら目的地につくのを待つ。

 

旦那さんと電車を降りてしばらくしたところで、

「ねぇ、さっきさー」と軽い気持ちでおしゃべりを始めました。

 

驚愕からの、熱い説教

 

わたし「ねぇ、さっきさー、電車で隣の子が化粧してたね」

旦那さん「あー」

わ「どうだった?」

「え、どうって…?」

「え?『どうって?』って?」

「いや、え、何言えばいいの…?」

 

う、うそでしょ…?

この人、妻との世間話に模範解答があるとでも…?

わたしの顔色をうかがわないと不安なわけ…?

 

怒りと驚きを隠して、ひとまず「なんでもいいよ…」と言ってみましたが

相変わらず「え、えー?どうって…?」となにも生み出さない夫。

 

イラッときて、もう抑えられなくなってしまいました。

 

「いやいやいや!いや!なん、でも、いんだよ!!!

模範解答なんてないんだよ!世間話だよ!軽い気持ちだよ!

どう?って聞いてんだから、思うまま言ってよ!

たとえば、

『電車で化粧はないでしょー』でも

『女の子の化粧見てるの面白い』でも

『そうだった?あんまり見てなかった』でも

『においキツかったね』でも

なん、でも、いんだよ!!!!」

 

ここで旦那さん、驚愕の返事。

 

「いや。俺のとこまで、においはこなかったよ」

 

驚愕しました。

口開いたね。

 

「そーいうことじゃなくて!何ただのたとえに反論してんの!?」

 

やっと出たオリジナル意見が、わたしのたとえへの反論って!

こっちは親切にフォーエグザンポー出したのに、細かい否定はかかさないってか!!

 

「わたしは臭かったよ!!!」

こういう話を、ふつうのテンションでしたかったの!!

 

そのあとも、

「いやじゃぁさ、旦那くんが例えば、例えばだよ、

上司と出張になって電車に乗ったとして、

同じ状況になって『君、さっきの化粧の子はどう思う?』って聞かれても

『え、えー、なんて言えばいいですか?』って聞くの!?

聞かないでしょ!?まずは自分で何か意見出さない!?

会話のキャッチボール!投げかけた相手への礼儀!

親しきなかにも礼儀ありなんだよ!!!

 

と熱弁をふるいました。

 

最終的には、旦那さんに「頑張ります」と言って終わらせた。

 

お母さんにこの話を報告したら

「あらぁ。そんなに怒って、旦那くんかわいそう~」って言われた。

いや、でも、怒りを伝えたことは間違ってないと。

もうちょっと意識してほしい。

だってこの先、何十年もいっしょにいるんだよ?

世間話くらい、ふつうにしたいよ…。

 

 

 

ではね |ω°)ノ