読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

牛乳?乳飲料?主婦になったので違いをちゃんと調べてみた

日々のこと、思うこと 日々のこと、思うこと-主婦ネタ・料理

f:id:ohtanoblog:20170124122424p:plain

なんだかハウツーブログっぽいタイトルで

わくわくしますね!!

 

実家ではそこまで牛乳を飲む習慣は無かったのですが

旦那さんと同居を始めてみると

まぁ彼が毎朝飲む!減る!

ついでにわたしもココアにして飲んじゃう!減る!

 

ということで牛乳は「我が家の常にストックしておくものリスト」に入ってます。

 

ある日、旦那さんと一緒にスーパーへ行ったときのこと。

 

全国どこでも流通している巨大ブランドあり。

びわこ牛乳、など地元感のあるブランドあり。

 

そんな中、旦那さんが「これ安いよ!」と手に取ったものがありましたが…

 

ん、たしかに安いね?

でもよく見ると「牛乳」じゃなくて「乳飲料」って書いてある…何が違うの?

 

駆け出し主婦として、改めて調べてみました。 

 

 

なんとなく「牛乳」と呼んでるけど種類があるよ

 

❝毎日飲んでいる牛乳類は、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」及び「飲用乳の表示に関する公正競争規約(景品表示法に基づき公正取引委員会の認定を受けた業界の自主ル-ル)」によって、種類やその成分規格・製造法・保存方法・表示基準が定められています。❞

(全国乳業協同組合連合会HPより)

 

 

でええーい!

しゃらくせーい!!!

難しすぎて目がすべっていくばかりですね。

とりあえず、わたしたちが日常生活でひっくるめて「牛乳」と呼んでいるものには

実は種類があるんだよ。

成分によって、表示がちゃんと違うんだよーということが書いてあるようです。 

 

絶対エース、牛乳!

 

文字通り、しぼったままの牛のお乳(ちゃんと言うならば「生乳」)だけで作ったもの。

混ぜ物一切なし!

 

ただし「生乳100%=牛乳」というのも大まかな表現でして。

生乳100%の中にも

牛乳・特別牛乳・成分調整牛乳・低脂肪牛乳・無脂肪牛乳と

商品の表示としてはさらに細かい種類があります。

 

でもあんまり難しいことは覚えられないよね!!

 

ひとまず生乳を加熱殺菌しただけのシンプルなものが、

絶対エース「牛乳」である!

というのだけは押さえておきましょう!!

シンプルでごまかしがきかないからこそ、一番高いのも「牛乳」だよ!

 

あとの成分調整牛乳やら低脂肪乳やらは

生乳だけで作ってるけど、水分をとったよ!とか脂肪分はとったよ!とか、そういうことらしいです。

余計なものは入ってないけど、もともとあるものが引かれてるんだね。 

 

乳由来には違いない!加工乳

 

生乳のほか、乳製品(クリーム、バター、脱脂粉乳など)を入れて成分調整したもの。

まさに、乳を乳で加工したのが「加工乳」。

これ以上わたしから申し上げることはありません。 

 

いろんなものと合体!乳飲料

 

生乳や乳製品をベースに、乳由来以外のものを加えたもの。

ビタミンDやカルシウムの栄養を強化したよ!っていうコンセプトの商品や

フルーツ牛乳、コーヒー牛乳、なんてのも

分類上は「乳飲料」になるようですね。

  

あとは好みと値段の折り合い

 

今までざっくりと「牛乳」と思っていたものに、こんなに種類があったとは…。

 

ひとまず、生乳100%としての「牛乳」を

おおたの家では買っていこうかなぁと思います。

 

脂肪分が少ないほうがいいなーなど、好みの問題ですが

やはり「混ぜ物なし!」「王道!」というのに引かれてしまう平凡主婦。

 

旦那さんは、違いは気にしないみたいですけどねー。

とにかく安さ重視!というのもひとつの判断基準ですし。

でも、なぜそれが安いのか?高い商品と何が違うのか?を

分かった上で選ぶことも大事だと思う。

 

主婦として、ちょっと賢くなった気がします。

 

 

ではね |ω°)ノ