読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

ごみ出しの話「牛乳パック回収とアルミ缶ノスタルジー」

ギャップカルチャー ギャップカルチャー-滋賀のこと

f:id:ohtanoblog:20170124122806p:plain

前回に続き、ごみ出しの話。

キラキラ女子会とかの話題がなくてごめんな!

こちとら田舎の主婦だからよう!

 

それとも「自分が今のサイズのまま蛙に変えられてしまう」っていう

昨日見た夢の話しようか?

脚が緑になっていくさまを見て叫んだよ。

いやだよねそんな話、ごみの話にしようね。

 

 

牛乳パック、みなさんの自治体ではどう回収してますか?

 

横浜市は、紙ごみだったんですよね。

ところが滋賀の今住んでいるところでは、ごみだし表に

「各市民センターや小・中学校の回収箱へ」と書いてあります。

 

えー?なにそれー?って思いましたね。

小中学校のお子さんでもいれば、なんでもないんでしょうけど。

そういうお宅ばっかりでもないよね?

市民センターも近いわけじゃないし、

牛乳パックだけ持ってなじみない行政機関に出向くのも抵抗があります。

 

 

そんなわたしにさした一筋の光。

 

 

スーパーの回収箱!

わー、助かるー♡

 

近所のスーパーはそのほか、

ペットボトルや食品トレイも回収してくれます。

 

そういえば実家にいたころも、ヨーカドーとか大きいスーパーにはあったかも?

今まで見落としていたけれど、主婦になってわかるこのありがたさ!

 

スーパーならお買い物のついでにさくっと出せて!

ごみの日を待たずにいつでも処分!

市に買わされている指定袋を使うこともなし!

 

いいことづくめじゃないかー!

 

 

そういえば小さいころは、

アルミ缶回収の機械(自動販売機みたいな大きさ)が近所のスーパーにあって

お母さんとアルミ缶持って行ってました。

缶を入れると、音楽が鳴りだすんですよね。

イッツァスモールワールド的な音楽が。

で、たしか最後に、缶1個1円ぐらいの単位で

お金がもらえたような気がする。

 

いつのまにかあの機械、無くなってたなあ。

リサイクルのはしりの時代でしょうか?

ノスタルジー。

 

 

おおたのまわりの友達って、けっこうセレブが多いんです。

中高私立の女子校行かせてもらって

大学も私立の大きいとこ行って。

自身の教育方針とはいえ、父はそれなりに無理をしたと思う。

(大学は私大と言っても内部進学から苦学生まで振れ幅あると思うんだけど、たまたまお金持ちの子ばっかり仲良くなった)

 

たぶん、その子たちにはこんな思い出ないだろな。

セレブが行くスーパーにはきっと、そんな機械今も昔もないし

そんな機械にごきげんでカンカン入れてる幼女を見ても

「びんぼくせぇ!」って思いそう。

 

おおたはこれからも、

庶民感覚ある主婦としてやっていきますよ。

 

でも、後ろ髪だけ長い男の子には耐えられないかな。

 

 

ではね |ω°)ノ