横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

引っ越しあるある・ごみ出しの話「市指定ごみ袋」

f:id:ohtanoblog:20170124122806p:plain

引っ越したときにまず確認することと言えば

「その地域のごみ出しルール」ですよね。

 

指定ごみ袋

 

今はどこの地域でも、分別が細かくなっていると思います。

横浜市も、プラスチックや各資源ごみと細かく分けることになっていたので

そのあたりは引っ越し先でも苦にならないのですが

滋賀に来て一番「めんどくせぇ!」と思ったのは

 

指定袋を買わなくてはいけないこと(´・ω・`)

 

実家にいたころは、スーパーの袋でもなんでもよかったのですが

今度からは「○○市指定ごみ袋」と書いたものを買わなくてはいけません。

 

特に値段が高いわけでもないし、もう慣れてきましたが

「いらんものを買わされている感」はあります。

 

ちなみに実家の母に話したら

「あらぁ。お金のない自治体ってそういうのあるわよねフフ」って言われました。

都会住まい、高みの見物。

 

実際に、ごみ処理費用の手数料としての一面のほか

「ごみを出すにもお金がかかる」というプレッシャーにより

各家庭がごみを減らす努力をする!と見込んでいることもあるよう。

効果のほどはどうだか。

 

さらに、これは神奈川と滋賀のギャップというわけではないのですが

大きいマンションなんかだと、住民がいつでもごみを出せるスペースがあったりしますよね?

(たいてい地下とか、駐車場の横とかにある)

 

あれ、すごく助かってた!

実家は、いつでも出せるのは燃えるごみとプラスチックごみだけだったけど

より大きいマンションに住んでいる友人宅では、

加えてすべての種類のごみを出すことができるのを見て関心した。

住みたい。

 

生ごみは臭くなって夏は虫が発生したりします。

できれば家の中に置いておく時間は短くしたい。

 

さらに来たばかりのころは引っ越しのためのものに加え、

大量のネット通販段ボールが部屋を占拠していたことも…。

 

しかしながら、前述のような立派なマンションには住めなかったので

ごみの日まで待つしかありません。

 

気になるのは

「このダンボールの山、いつ処分できるの!?」ということで。

 

助かったのが、ごみ出しカレンダー♡

いつのまにかポストに入ってた!

最初に不動産屋からもらっていた「何曜日は何ごみ」って一覧が書いてあるだけより分かりやすい!

 

同じ曜日でも、第1・3は紙ごみだけど、

第2は別のごみ、第4もまた別のごみ…だなんて

「しゃらくせぇ!」と思いませんか?

 

でもそんなお悩みを解決する、自治体作成?のごみの日カレンダーが配られるとは~。

たぶんすっごく狭いエリアの、小学校でもらうみたいな手作り感の白黒プリントだよ~。

おうちがバレたら恥ずかしいから、アップはしないよ~。

 

ええと今日は第何水曜だっけ?とか頭使わなくていいから

とっても嬉しい~(*^^*)

 

そのカレンダーに、

燃やせるごみの日って書いてるところは赤♡

プラスチックの日は黄色で、紙ごみはピンクにしよ♡

などと楽しくラインを引いて、お台所に設置しています。

 

引っ越し先で「ごみチェックばばあ」が出たらどうしよう!とも思っていましたが

今のところそんなこともなく

快適なごみ出しライフを送ってます!

 

みんなも、ごみ出しルールは守ろうね。

 

 

ではね |ω°)ノ