横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

ICOCA(後) 関西レジ店員vs横浜女

f:id:ohtanoblog:20170124124020p:plain

横浜に戻ったとき、このネタを後輩ちゃんに話そうとしたら

出だしで「え、イコカってなんですか?」って言われちゃいました。

 

JR西日本のICOCA

 

まぁそのへんは、いくら関東住みとは言え社会常識ではないかとも思いますが

ICOCA(イコカ)とは、JR西日本の交通ICカード。       

つまり、関西版Suicaです。

 

ちなみに、おおたが使っているのは関東でもSuicaよりややユーザーの少ないと思われるPASMO(パスモ)。

JRに対抗するため?関東の私鉄やバス会社が同盟を組み作ったカードです。

 

ここまでは前回もお話しした通りですね。

(過去記事はこちら)

 

このように全国に地元ICカードはありますが、今どきは大抵互換性ありなので

もちろんどこのICを使っても、電車に乗るのに困ることはありません。

 

さらに、こういったICを使ってお買い物ができることも今や常識。

おおたも、コンビニなんかのちょっとした買い物にはよくICを使います。

 

そんなときにはレジで「パスモでお願いしまーす」と支払方法を伝えていたんですが。

こっちにきて買い物しようとしたときに

あれ、通じるのかな…?と、生じる迷い。

 

もちろん、レジには表示あり。

いろんな地方のカードの写真付きで、支払OKです!と。

つまり使える、絶対に。

わたしだって関東にいるころからICOCAの存在ぐらいは知ってたんだから、大丈夫。

 

と思いつつ、試しにパスケースをかざしながら、レジでもにょもにょ~っと発音。

「ああ、交通系ですね」

 

・・・いけた!

 

これが滋賀のコンビニでの初パスモ支払。

 

その後も何度かこの作戦を実行し、自信がついてきたおおた。

さらに、自分がもし関東でコンビニ勤めをしていたとして

お客さんに「ICOCAで!」と言われても、まあたいして気にならんよなあとシミュレーションできたので

 

 

あるとき、「パスモで!」とはっきりと宣言してみた。

 

レジのお姉さん「ICOCAですねー。ピピッ」

 

 

(´・ω・`)

 

 

ちゃうねん。ICOCAちゃうねん、これPASMOやねん。

 

店員さんにわたしの声は聞こえにくかったのか…?

それとも「郷に入っては郷に従え」ができない人間に与えられた制裁…?

 

いつかの店員さんに「はいはい、交通系ね」と処理されたので

たぶん、ICOCAだろうがなんだろうが、

レジのボタン操作?は「交通系IC」でひとくくりなのではないかと思う。

 

実際に、ICOCA払いという設定のもと、実際にはPASMOでお会計が成立したので間違いない。

そうだよ、京都駅なんていろんなところから人間が訪れるのに

いちいちレジで「えーとこの人はSuicaか。ポチ」とか一個一個のボタン押してたら

店員さん面倒くさくて死んじゃうよ。

 

PASMOは使い続けますが

これからはレジで「ICOCAで」と関西人の皮をかぶろうと思います。

くやしい。くやしいわお母さん。

 

 

ではね |ω°)ノ