横浜女が滋賀で主婦する

日常系無責任ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

滋賀に来た!

2016年秋、滋賀へ引っ越し。

 

わたしの人生経験の浅さの問題とは思いますが、彼の配属が決まるまで、滋賀に行ったことは今まで一度もありませんでした。

I have never...です。

 

関西。琵琶湖。・・・そして?

ひこにゃんが滋賀というのは、家族に言われて初めて気づく。

彦根って滋賀なんだー。

県庁所在地は大津。

正直、大津と津は小学生で地理を習った時からキャラかぶりしている。

(津市は三重県の県庁所在地です)

 

どうやって行くの?と地元(東京や神奈川)の友達によく言われますが

シンプルに、東海道新幹線です。

ちなみにおおたの住んでいるところは京都が近いので、

のぞみでびゅんびゅんです。

 

琵琶湖の形を思い出していただくといいと思いますが、

滋賀県も細長いので

おおたのいる湖南、京都よりのところと北の方では

印象はだいぶ違うかもしれません。

 

わたしの嫁ぎ先が滋賀と聞いてびっくりする友達に

「でも京都駅から地元の電車で20~30分だよ」というと

とても安心?してくれます。

「それなら、横浜~渋谷・新宿みたいな感覚だね!」という具合。

その陰には(滋賀ってど田舎かと思ったけど意外に大丈夫そう)という思いが隠れている。

 

実際に、京都や大阪方面に通勤する方のベッドダウン的エリアなのかな?と思ってみたり。

 

まぁこれって、滋賀自体の魅力といえるかは微妙ですが。           

プロポーズを受けた翌日に、

「OKはしたけどさ。滋賀に連れてきたいなら、いいところを教えてよ」と旦那さんにプレゼンさせたところ

「琵琶湖があるよ」の次に「京都が近いよ!」がしぼりだされたという新婚エピソードもあります。

 

ちなみにこのブログでは、滋賀の自虐(住んでるんだから「自虐」でいいよね)とか

関西のここが今までとちがうー!みたいな話はたびたび出ると思うのですが

関東関西に限らず「ちょっと遠い地域に引っ越したとき思うことあるある」として、

気軽に見てもらえたら嬉しいです。

それでも「わたしの故郷ばかにしてんのかー!」とぷんぷんしてしまいそうな方は、

そっとブラウザをお閉じください。すみません。

 

ではね |ω°)ノ