読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

1月ドラマ初回感想(後) タラレバ、日暮旅人、明日結婚、カルテット

f:id:ohtanoblog:20161221123921p:plain

 少し前に、1月前半に始まったドラマの初回感想をまとめて書きました。

今回は後半に始まったものについて、わたしが見たものにかぎり詰め合わせます。

 

(前半はこちら)

 

 

 

東京タラレバ娘

 

アラサーによる絶大な支持あり!という大人気コミックのドラマ化とあって

おおたのまわりもざわざわしていました。

 

ちなみにうちの実家の父が大島優子さん大好きなので

父もざわざわしていました。

(ちょうど実家に帰ってる日に一緒に見た)

 

初回としては「まぁまぁ楽しんだ!」という感想です。

1巻冒頭と6巻を読んでいるので、ある程度話が見えているせいもありますかね。

でも愛読者というわけでもないから、幻滅とかもない。

むしろビジュアルけっこう寄せてるじゃん~と思う。

6巻が最新かと思ったら、もう7巻も出てるんですね。

連載誌の方ではもっと進んでいるだろうし、どうやって終わるのかなー。

 

ちなみにあいだを読まずに6巻ではじめてKEYが出てきてるの見て、

外人モデルだと信じ込んで読んでた。

あれ日本人だったんか。作画がずいぶんちがうもんだから。

 

漫画的演出がサムイ、と一部で言われてもいるようですが

むしろそういうところは、うちの父と母にウケてた。意外。

大島優子を鑑賞するとともに、

「うちのお姉ちゃんもこれ見てやる気出してくれればいいけどねえ」と笑っていた。

アラサー独身女性を抱える親にまで共感を及ぼすとは。

 

アラサーといっても30前で、一線で活躍する美人女優じゃ刺さってこない!という意見もネットで見ました。

まあたしかにそうなんだけど。

そうなんだけど、可愛くても美人でも、結婚に至らないまま30過ぎてハッと気付く人って

いるからね。

リアリティが無い、とは言えないと思うな。

 

ちなみに原作全巻読んでる友達も「ドラマはドラマで楽しんだ」と初回感想を述べていました。

ひとまず視聴継続!

パフュームの主題歌も大変よい。

 

視覚探偵 日暮旅人

 

松坂桃李くんがかっこいいから見ようと思った。

うちの母に「この人、あご長いのになんでイケメン扱いされてるの?」なんて言われていたが

わたしは格好いいと思うぞ。

 

ちなみにだいぶ前に、1回きりのSP版があったらしいがそちらは未視聴。

最低限の設定は、連ドラ初回の説明で足りていると思うので不満なし。

基本キャストはSPからの続投ということだけど

娘役だけは、どう見ても保育園に通うような年に見えないから

いっそ変えてしまえばよかったのにと思う…。

SPから間があきすぎて、すっかり成長してるじゃないか。

 

全体としては、なんか「日テレっぽいなあ…」と思わずにいられない空気感のドラマでした。

特にギャグパートが。

うまくいえないんだけど。日テレっぽい。

 

あと初回を見てた人の誰もがつっこんだと思うんだけど。

「弁当だけ渡してやれよ」って。

こういう、普通に考えておかしいイライラさせる脚本やめてほしい。

刑事もいきなり手錠かけるしさ。

もっとほかにやりようないの?

ドラマだから!とか、ここはコメディとして見て!とか、

そういうのにも限度があると思う。

すべてが破綻しているならまだしも「この部分だけ変」となるとさらに受け入れがたい。

まぁ悪い意味でだいたい破綻してたかもしれないけどね。

 

目の特殊能力を使いすぎると失明しちゃう!って設定らしいけど

あんまり切迫感がないのも気になる。

主人公の性格というか、「別に見えなくなってもいいよ」みたいな発言もあったけど。

もうちょっと出し惜しみしてもいいと思うなあ。

特殊能力自体はおもしろいなと思って期待してたんですけど。

ドラマの映像だから、表しやすいことってあると思うし。

それにしても目薬さすの上手い。

わたし目薬、下手なんですよ。

 

あと濱田岳の見た目が汚い。

いや、ヤンキー?の役で、へんな(個人の感想です)金髪とかヒゲとか、仕方ないんだけど。

髭から何から、全部刈り上げてやりたい。

 

あとは陰のにおわせというか、

コメディってだけじゃないのかな?という部分も見られましたが。

うーん、積極的な視聴継続はなしかな。

 

原作を知らないのでなんとも言えませんが、

シリアスもギャグもいらないから、ふつうの特殊能力がキーになる探偵ものを見たかったなーってかんじ。

「自分のイメージしてたのと違う」っていう部分は、作品の罪ではない。

 

でも「イメージと違ったけどこれはこれで楽しい!」とも思えなかったので切る。

さよなら桃李!がんばってくれ!

 

突然ですが、明日結婚します

 

月9。

ゲツクー!って感じです。

少女漫画ー!って感じでもあります。

寝ぼけて朝、キスされちゃうとかね。少女漫画ー!て感じよね。

(読んでないですけど、原作の位置づけは少女漫画なんですかね。それとも女性向けコミックですかね?)

 

この人、flumpoolのボーカルに似てない?って思ったら本人でした。

アナウンサー役は無理があるんじゃ。

朝の情報番組やるなら、前髪なんとかして出直して。耳出して。

 

あと、専業主婦願望はわたしも人のこと言えないので何も言いませんが

主婦願望のある女の子が銀行総合職でバリバリってのには違和感。

最初から一般職(ドラマ内の制服組)として入社するか、

バリキャリの理想はあったけど仕事つらいし辞めたいよーって逃避願望が芽生えた…みたいな設定ではだめだったんでしょうか。

まあ原作がそうだから仕方ない、という話を見たので

仕方ないのか。

それともこのへんの設定が、見ているうちに納得できるようになるのか?

 

あとしょっちゅう宅飲みしててビックリです。

次の日仕事してるし。金夜じゃなかったのかよ。大学生か。

 

文句ばかり言ってますけど、不思議と嫌いになれないので

継続予定。

自分が中村アン好きだってやっと気づいた。

 

カルテット

 

今期ぶっちぎり一位。

いいですか、ぶっちぎり一位。

(個人の感想です)

 

からあげ論争もよかったです。

家森さんのああいう細かい話、好きです。

 

出だしの演奏シーンからトーンが暗かったので

「暗い…!」と思いましたが

会話のやりとりなんかは面白いですね。

 

コメディかと思ったらシリアス有り、というのは好きじゃないけど

全体はシリアスなのに笑いがある、というのは好きなことが分かりました。

 

とくに家森くんのようなああいう感じは嫌いじゃありません。

「嫌いじゃない」は好きってことです。

高橋一生の性的な感じ、とてもいいです。

でもたまに痩せた日村に見えます。髪型のせいでしょうか。

 

ちなみにこれを書いてしまうと「初回感想」ではなくなるのですが

第2話を見て泣いてしまいました。

録画を見てて、昼間からぽろぽろ泣いてました。

これについて自分語りすべくひと記事書いていたのですが、

「大人はひみつを守る」ので

消してしまいました。

 

「全員嘘つき」がキャッチコピーですからね。

それにしてもエンディングが格好いいです。

エンドロールで林檎の名前が出て「っだよねー!!!」と思ってしまいました。

格好いいなあ。たまらんなあ。

 

とにかくぶっちぎってます。

最終回が終わった時に「やられたぜ…」と思わせてほしい。

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

(前半はこちら)