読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜女が滋賀で主婦する

日常系雑記ブログ。壁打ちスタイルでやってます。

お気に入りのレインブーツと、わがやの傘立て

f:id:ohtanoblog:20170412105219p:plain

こんにちは。今日はとってもいい天気でしたが、もうそろそろ6月。

梅雨も視野に入ってきますね。

そのあとは夏のゲリラ豪雨も待っています。

亜熱帯かよ。

 

ということで、今日はレインブーツのお話です。

お気に入りのレイングッズがあると、雨の日のお出かけも楽しいよ。

晴れの日から準備をしておかないと、いざというとき間に合わないよ!

 

 

いまどきの長靴はおしゃれだなあ

 

そう、今どきの長靴はおしゃれなものがいくらでもあります。

長靴というより、それはつまり「レインブーツ」。

探してみれば、みなさんの素敵な私服にもぴったりなものがきっとあるはず。

(あ、でも、男性用はよくわかりません)

 

ちなみにおおたは、「長靴」は長靴感がありすぎるし、

「レインブーツ」はおしゃれ感が強すぎるし…という思いから

個人的に所有しているものは「雨ブーツ」と呼んでいます。

この親しみやすさがちょうどいい。

 

最近は長靴タイプでなく、防水パンプスもありますよね。

 

 

↑こんなやつ。

 

仕事着のスタイルに長靴はちょっと…なんて方にはパンプスがいいかなと思いますが

(長靴で行って履き替えるにしても、職場によっては置き場所とかいろいろ面倒がありますもんね)

 

そういった不都合が無ければブーツタイプをおすすめしたい。

雨ブーツ最高。快適。

 

履けば無敵モード

 

まじです。

もう水たまりをよけて歩く必要はありません。

思わぬところに窪みがあり、ばちゃっといってしまってもドンウォーリー、ドンクライ。

通りすぎる車にバシャァァと泥をはねられたって、(ちょっとくらいなら)こわくないのです!!

 

水浸しの道を、胸を張ってバッシャバッシャと突き進む。

 

そんな夢のようなことが!レインブーツさえあれば!

可能なのですよ!!

 

パンプスタイプではどうしても足の甲部分が濡れますが、

ブーツならそこもばっちり守ってくれるのがいいところ。

 

おおたの愛する雨ブーツちゃん

 

ではここで、わがやの雨ブーツちゃんを紹介します。

 

まずは初代。

 

f:id:ohtanoblog:20170528153701j:plain

 

きゃわわ!

この奥ゆかしくも主張のある、ローズがかった深い赤。

サイドには、乙女心を満たすリボンもついています。

 

5年は愛用したのですが、いくら毎日使うものではないとはいえ

かかとがコツコツ鳴りだすなど劣化を認めざるを得ないので

最近二代目を購入しました。

 

それがこちら。

 

f:id:ohtanoblog:20170528154500j:plain

 

今度はスモーキーな薄ピンク。

折り込むと、裏地のベージュ地・白水玉が見えるようになってます。

(どうでもいいけど、どうしてもドットじゃなくて水玉って言っちゃう。

 

先代のレッドは雨の日でもテンションが上がってとってもとってもお気に入りでしたが、

愛用するうちに過ぎ去った自分自身の5年も考えて、今回はちょっぴり主張減。

テーマは「大人可愛い」です。

(年齢に見合っているか考えつつ、やはり可愛さは求めてゆきたい)

 

ネイビーなんかもいいなと思ったんだけどね。

やっぱりピンクが可愛いね。

これがあまりに軽薄なドピンクだったらおおたの趣味じゃないども。

あー、いい色!!

 

ちなみに、先代も当代も4~5000円だったかな?

ブランド品とかじゃないです。

しいて言うなら、当代はイオンブランドです…!

 

まさかイオンにちょうどいいものがあるとは。

モノによってはブランドも気にするけど、レインブーツにこだわりはなし。

そもそも汚いところを歩くためのものだから、惜しみなく使えるほうがいいよね。

デザイン・色が好みだったのでよし!

ちらっと映ってるけど、手持ちのピンクの傘ともよく合うし。

 

先代を気持ちよく引退させられるように、かわりのレインブーツ探しには苦労したよ、ほんと…!

 

職場にも履いてった

 

先日雨だったので、職場にも履いていきました。

(でも午後には晴れた。かなしい。雨ブーツちゃんを履いた日は、どしどし降っていただきたい)

 

前職のときは、雨ブーツは行き帰りに着用して、職場では置きパンプスに履き替えていたのですが

今回はそのままずっと足元ピンクちゃん。

 

折り込めばショートブーツの長さだし。

そもそも日中、何度もあっちの建物、こっちの建物、と外に出るおつかいをするから履いて行ったのもあるわけで。

(田舎のキャンパスは広いんだぞ…!)

 

最初は「大丈夫だよね?怒られないよね?」とちょっとどきどきしていたのですが

「あ、それレインブーツ?可愛いね!」と何人かに褒めてもらいました。

 

それってもしかして嫌味なんじゃ。と心配した方もいるかもしれませんが

そもそも普通のショートブーツ履いているお姉さんもいれば

真っ赤なパンプスもアリだし、

どこのパーティー?ってくらいのヒールもアリ、

反対にめちゃくちゃラフなスニーカーもありの職場。

 

前職・銀行から考えたらびっくりだし最初はどきどきしたけど

「スニーカーがアリなんだから、まったくビクビクする必要ないよな!おつかい頼まれるし!!」と胸を張れるようになった。

 

はじめの説明で「服装はオフィスカジュアルで。そんなにかっちりしなくても、学生から社会人に見える格好ならOK」と言われていましたが

オフィス要素消えてるくらいカジュアルな人いる。

 

ねこちゃん傘立て

 

おまけで傘立ての話も。

先ほどの写真にも登場した、わがやの傘立てねこ!

 

f:id:ohtanoblog:20170528223143j:plain

 

かわE。

 

結婚して新居に引っ越した際、旦那さんの独り暮らし時代のものもたくさん引き継いだのですが

そういや傘立てがないな!ということでおおたが調達。

 

陶器で出来ていて、けっこうずっしりしています。

だからこんなちょびっとの高さだけで傘をさしても倒れないんですね。

植木鉢のような肌触り。

 

胴体に3つの穴があり、そこに傘をさしてゆくスタイルです。

こうやって書くとかわいSO。

でもかわE。

 

つまり3本しか立てられないので、家族が多かったり、お客さまがたくさんおいでになるようなお宅には向かないかもしれませんが

うちは二人暮らしだし、友達なんて全然来ないので問題ありません。

  

 

ではね |ω°)ノ

ネイティブが使いこなす「はる」が興味深い

f:id:ohtanoblog:20170521210745p:plain

こんにちは。お仕事にも少し慣れました!おおたです。

 

死にかけだった初週を乗り越えて、二週目はひとまず自分のリズムができた感じ。

慣れたところで今週からはまた新業務を習っておりますが、

最初ほどパニックにならずに済んでいます…!

 

現状「お友達」と言えるかは微妙ながら、同僚とライン交換も達成。

なんとかやっていけそうです!

平日働いてると、時が経つのがますますあっという間で驚く。

 

で、こちらに来てから引きこもっていたおおたが

職場でいろーんな方のお話してる声を聞くことになるわけです。

 

関西の方が使う「はる」が面白いと思ったので、ちょっと書いてみたくなりました。

 

  • 標準語の「~らっしゃる」にあたると思ってた
  • 「ですます」にあたる丁寧語?
  • 街角の「はる」
  • 結論:「はる」は何にも置き換えられない
  • 接続もむずかしい
  • ことばというのは面白く、奥深い

 

続きを読む

さっそく月曜を前に憂鬱(新人あるあるとトモダチ作戦)

f:id:ohtanoblog:20170514152831p:plain

ごきげんよう、みなさま。

働き始めてまだ数日!おおたです。

 

(就職までの経緯はこちら)

連休明けに待ってましたとばかりに面接を受け、翌日には働きだしたおおた。

はじめての土日がハッピーすぎて、明日からまた仕事だなんて悪い冗談のようです。

 

  • 今んとこ、辛い
  • 新人あるある
  • 肝心のトモダチ作戦は

 

続きを読む

結婚して初めての「母の日」

f:id:ohtanoblog:20170513134757p:plain

あしたの日曜日は母の日ですね。

どこのお店に行っても母の日コーナー、ネットを見ても母の日広告、あっちでもこっちでも巨大戦線がしかれております。

 

おおたとしては、結婚後初の「母の日」となりました。

 

  • やらなきゃダメよね…?
  • で、今年は?
  • 喜んでもらえました

 

続きを読む

ぷー主婦、働くってよ

f:id:ohtanoblog:20170508212333p:plain

おはようございます。

ツイッターはぼちぼちつぶやいていましたが、ブログだけご覧いただいている方は

わたしがGWに死んだと思ったかもしれませんね。

 

おおたは生きておりますよ!

ただ、たいへんなことになってます。

週5で働くことになりました。

 

  • 自分でもびっくりのこの気持ち
  • おねえさんの優しさ
  • メリット・デメリットを考えた
  • これも何かのご縁かな
  • 面接が死ぬほどいやだった
  • 結果、大丈夫でした
続きを読む